京都ぶらり散歩&グルメ手帖

京都マニアが定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。四季折々の神社仏閣の楽しみ方から美味しい京都グルメまでご案内!

【効果あり!安井金毘羅宮で悪縁を切り良縁を結ぶ】参拝方法もご案内

朝早く祇園の街をお散歩し、向かったのが「安井金毘羅宮

「悪縁を切り、良縁を結ぶ」ご利益があると云われ

ここぞ!という時に効果絶大な神社なのです。

 

*なんと参拝後、効果を実感することがあったので最後に追記しました!

 

こちらに来るのは、5年ぶりくらい。

鳥居をくぐると、背筋が伸びる感じでちょっと緊張します。

f:id:kyotoburari:20180919204810j:plain

 

縁切りの由来は、主祭神崇徳天皇の悲しい過去にあります。

崇徳天皇にはその昔、寵妃阿波内侍という愛する妃がいました。

しかしその後、戦によって二人は離ればなれに。

そのまま一生会うことができなかったそうです。

 

「皆がそんな寂しい境遇にならぬよう、男女の縁を妨げる全ての悪縁を切る」

そんな崇徳天皇の想いから、私たちを悪縁から守ってくれると云われています。

 

男女の縁はもちろん、病気など全ての悪縁を切ってくれるそう!

 

まずはご本殿に参拝です。こちらで、願い事をお伝えします。

f:id:kyotoburari:20180919204815j:plain

 

小さな境内ですが、たくさんの絵馬!

以前内容を見て、ヒヤリとしたので今回は遠くから。。

とにかく、連日多くの人が訪れています。

f:id:kyotoburari:20180919204813j:plain

ちなみに良縁のカップルが一緒に訪れても、縁が切れることはないそうです。

むしろ、仲が深まると公式ホームページに書いてありましたよ♪

(良縁かどうかは神のみぞ知る笑!)

 

ちょっと怖いイメージのある神社だと思われがちですが、そこはご安心を。

ただ、境内は「ただならぬ空気」があるのは本当かも。。

 

そして、なにより有名なのがこちらの「縁切り縁結び碑」

大量のお札がずっしり貼られていて、ちょっと異様な雰囲気。

たまに溜まってくると、ドサッと剥がされるみたいです。すごい迫力!

f:id:kyotoburari:20180919204811j:plain

でも皆さん、ここをくぐるんです!

そこで正式な手順を調べたので、ご紹介しますね。

 

まず参拝後、形代が置かれている近くのテーブルに向かってください。

形代とは碑に貼られている「自分の身代わりのお札」のこと。f:id:kyotoburari:20180919204814j:plain

手に取ったら

1.この「形代」に願い事を記入します(100円以上をお納めします)

2.形代を持って、願い事を念じながら碑の表(手前)から裏へくぐる

3.形代を持って、願い事を念じ、逆の裏から表へくぐる

4.糊で形代を貼り付けます

 

願い事は、「切りたい縁・結びたい縁」などご自身に合わせて書きます。

ポイントは、形代を持ったまま穴をくぐること!

 

効果は参拝後のお楽しみに・・!

 

いざというときの、心の支えに参拝されてみてくださいね。

参拝は終日可能とのことですが、明るい時間の方がお薦めです!

f:id:kyotoburari:20180919204812j:plain

 *追記*

私はこの時「ブログに来てくれる人が増えますように(訪問者さんとのご縁結びですね)」とお願いしたんです。

すると一週間後、ある記事でブックマークをたくさんの人がしてくれ、なんと閲覧数が普段の30倍に!!

五年ブログを書いていて、こんなこと初めてでした。

ちょっと怖いなぁ、なんて言ってごめんなさい。お願いは届いたんだと感激しました。皆様にもありがとうございました!

 

**メモ**

安井金毘羅宮

〒605-0823 京都市東山区東大路松原上ル下弁天町70