京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。神社仏閣の楽しみ方もご案内!

【安井金毘羅宮】縁切り神社で効果実感!形代の書き方や石のくぐり方も徹底解説

この日は朝早く起きて、祇園の街を散策しながら「安井金毘羅宮(やすいこんぴらぐう)」を目指しました!

 

悪縁を切り、良縁を結ぶ」ご利益があると云われる安井金比羅宮。ここぞという時に効果絶大とされ、全国から参拝客が絶えない人気の縁切り神社です。

 

今日はそんな安井金毘羅宮の正しい参拝方法から見どころまで、ぐるりとご案内します。

 

 

安井金毘羅宮の歴史

 

安井金毘羅宮は京阪祇園四条駅から徒歩10分ほど。花見小路を通り、昔ながらの町家通りを抜けた先にあります。道が少し入り組んでいるため、辿り着くまでに迷子になるのはいつものこと(笑)

 

この日は小雨が降るなか、安井金毘羅宮に到着しました!縁切りというワードも頭をよぎって、鳥居をくぐるのも何だかちょっと緊張しますね。

f:id:kyotoburari:20180919204810j:plain

安井金毘羅宮へは何年か前に友達と訪れて以来の参拝です。その時は友達が途中で気分が悪くなり、そそくさと境内を後にしたことを思い出しました。やはり、色んな人の念もあるのか、人によって合う合わないはあるようです・・!

 

さて、まずは安井金比羅宮の歴史を簡単にご紹介しましょう。

 

安井金毘羅宮は、藤原鎌足が創建した藤の木を植えた藤寺がその始まり。平安時代末期、崇徳天皇はこの寺院の藤を気に入り、寵愛する女性・阿波内侍(あわのないし)を住まわせました。

 

しかし崇徳天皇が上皇の時、保元の乱が起こります。崇徳上皇はこの乱に巻き込まれ、四国へ流罪に。その後、世の中を強く恨みながらこの世を去ります。

 

崇徳上皇の死後、京都では災害が多発!ある日、藤寺に籠っていた大円法師(だいえんほうし)は、往時の盛況を懐かしむ崇徳上皇の夢を見ます。

 

この話を聞いた後白河法皇は、藤寺を立派に改築し、光明院観勝寺(こうみょういんかんしょうじ)を建立することで崇徳上皇の冥福を祈ります

 

光明院観勝寺は応仁の乱で荒廃しましたが、元禄8年(1695年)に太秦安井にあった蓮華光院を当地に移建。その鎮守として崇徳天皇に加え、讃岐の金刀比羅宮より勧請した大物主神と源頼政公が御祭神として祀られました。

 

明治維新の後、蓮華光院を廃寺し「安井神社」と改称。更に「安井金比羅宮」と改められ、現在に至っています。

 

悪縁を切る!崇徳天皇の悲しい過去

 

さて、それではなぜ安井金毘羅宮は縁切り神社と呼ばれるのでしょうか?

 

それは、御祭神である崇徳天皇の悲しい過去に遡ります。崇徳天皇には、先ほど登場した阿波内侍という愛する妃がいました。しかし2人は戦乱で離ればなれに。その後、再び会うことはなかったといいます。

 

皆が自分のような悲しい境遇にならぬよう、男女の縁を妨げる全ての悪縁を切る」そんな崇徳天皇の切なる想いが、私たちを悪縁から守ってくれているんですね。

 

悪縁とは男女の縁はもちろん、職場の人間関係、病気やお酒、ギャンブルなどの全てを指し、参拝者が切りたい悪縁をばっさりと切ってくださるのだそう。

 

自分が断ち切りたい縁を心に決めて、しっかりと参拝させていただきましょう!

 

思わずヒヤリとする恐怖絵馬

 

境内に入ったら、まずはご本殿に参拝です。

 

2礼2拍手一礼で自分の願い事を神様にお伝えしましょう!

f:id:kyotoburari:20180919204815j:plain

この日は早朝にも関わらず、1人で来た女性参拝客が私より先に2名いらっしゃいました。

 

お1人の方は、本殿前で10分ほど手を合わせる熱の入りよう。横でチャリンとお賽銭を入れるのも気が引けたので、しばらく私は境内をウロウロ(笑)やはり皆さん真剣に願掛けをされているようです。

 

本殿横に目をやると、そこには大量の絵馬が掛けられていました!実はこの絵馬に書かれている内容が怖いと評判なのをご存知ですか?

f:id:kyotoburari:20180919204813j:plain

私も怖いもの見たさで覗いてみたら「〇〇さんと〇〇さんが別れますように」など、もうヒヤリとする絵馬だらけ!はっきり言って、読めば読むほど気分が落ちます(笑)

 

みなさん、興味本位で覗くのは要注意ですよ~。遠くから眺めるのがおすすめです!

 

ちなみに、良縁のカップルが安井金毘羅宮へ一緒に参拝しても縁が切れることはないそうです。むしろ仲が深まると公式ホームページには書かれています!なので、カップルで参拝をお考えの方はご安心を。(良縁かどうかは神のみぞ知る、ですね笑)

 

早くもただならぬ空気を感じさせる安井金比羅宮。さらに境内の奥へと足を進めていきましょう。

 

まるでモンスター!縁切り縁結び碑

 

安井金比羅宮と言えば、お札(形代)を貼られて真っ白になった「縁切り縁結び碑」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

 

それがこちら。碑(いし)には、これでもかと言う数のお札が貼られ、まるで白い毛のモンスターのようになっていました(笑)それにしてもすごい迫力です!

f:id:kyotoburari:20180919204811j:plain

元々は丸く穴の開いた石なんですよ~。お札が溜まってくると、定期的にドサッと剥がされるそうです。

 

この小さく開いた穴の中をお札を持ちながらくぐり、願掛けを行うんですね。髪の長い方が穴から出て来る時は、顔の前に髪がワサァッと垂れ下がり、それが貞子を彷彿とさせて毎回ドキドキします(笑)

  

形代の書き方&碑のくぐり方

f:id:kyotoburari:20180919204812j:plain

では形代の書き方から縁切り縁結び碑のくぐり方まで正式な手順をご紹介しますね。

 

参拝を終えた後は、形代が置かれている近くのテーブルに向かいます。形代とは碑に貼られている「自分の身代わりのお札」のこと。f:id:kyotoburari:20180919204814j:plain

 

この形代を1枚取って、以下の手順で縁切り縁結び碑をくぐりましょう!

 

1.形代に願い事を記入します。願い事には、自分の切りたい縁と結びたい縁を書きます。(形代代として100円以上をお納めします)

2.形代を手に持ち、願い事を念じながら碑の表(手前)から裏へくぐる

3.形代を持って、同じく願い事を念じながら裏から表へくぐる

4.糊で縁切り縁結び碑に形代を貼り付ける

 

ポイントは形代を先に貼るのではなく、持ったまま穴をくぐることですね。願い事が叶うかどうかは、参拝後のお楽しみ♪

 

私の周りでも効果があったと良く聞くので、皆さんも神様の後押しを頂きたい時には是非参拝してみてくださいね。もちろんお礼参りもお忘れなく!

 

ちなみに参拝は終日可能ですが、安全な明るい時間帯がおすすめです。

 

 *追記*効果を実感したエピソード

 

私は、今回の参拝時に「ブログに来てくれる人が増えますように(読者さんとのご縁結びですね)」とお願いしていたんですね。

 

家に帰ると、ふとブログサービスを変更しようと思い立ち、今のはてなブログに変更。すると一週間後、あるスイーツ記事を通じてなんと閲覧数がこれまでの30倍に!

 

5年間ブログを書いていて、こんなことは初めてでした。その後もありがたいことに、どんどん読者さんが増えています。

 

愛着はありましたが、5年間も腐れ縁が続いていた前のブログサービスとの縁を切って本当に良かったです。

 

ちょっと怖いな~なんて思っていたのが申し訳ないくらい、お願いごとが届いたことに感激しました!

 

(ご参考)京都の縁結びスポットをまとめています。

www.kyotowalk-gourmet.com

 

安井金毘羅宮

住所:京都市東山区東大路松原上ル下弁天町70 

アクセス:京阪「祇園四条駅」から徒歩10分

駐車場:あり