京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。神社仏閣の楽しみ方もご案内!

【源氏物語の舞台を歩く】朝霧橋と宇治川を眺める新緑の宇治散歩

5月は気温も少しずつ暖かくなり、お散歩が楽しい時期ですよね。よく晴れた気持ちの良いお天気だったので、先週末は清らかに流れる宇治川をお散歩してきました!

 

 

青い空に新緑!爽やかな初夏の宇治川

 

宇治川に到着すると、青く澄み渡った空新緑が美しい山がお出迎え!いと絶景かな。さらさらと穏やかに流れる宇治川に心が癒されます。

f:id:kyotoburari:20180924073625j:plain

この山は「大吉山」と呼ばれ、展望台もあり宇治市内を一望できるそう。山と川のある風景って心が和みますよね。

 

宇治川は7月から9月にかけて、鵜飼いが行われることでも有名。川面に松明が映え、まさに夏の風物詩!鵜匠と鵜の絶妙なコラボレーション、一度その迫力を肌で感じに行ってみたいなぁ。

 

宇治川をのんびり歩きながら、豊かな自然のなかで深呼吸をします。

 

平安時代にタイムスリップ!朱塗りが美しい朝霧橋


さらに宇治川を歩いていると、綺麗な朱塗りの橋が現れました。

 

こちらは朝霧橋(あさぎりばし)と呼ばれ、1972年に宇治川に架けられた全長74mの長い橋。宇治神社のある右岸側から、川の中州に浮かぶ橘島・塔の島へと架けられています。

f:id:kyotoburari:20180924073651j:plain

京都らしい1枚が撮れて、我ながら満足!岡崎疎水に架かる平安神宮の橋を思い起こしてみたり。

 

気持ちの良い陽気だったので、たくさんの人がお散歩を楽しんでいましたよ~。

 

源氏物語・宇治十帖の舞台を歩こう♪

 

悠々と流れる川を眺めながら、橋を渡っていきます。時折立ち止まって、橋の上から景色を眺めてみたり。

新緑が爽やかな木々が生き生きと生い茂り、まさに心がさぁっと洗われるような風景。

f:id:kyotoburari:20180924073757j:plain

宇治は、源氏物語の宇治十帖の舞台であったことでも有名ですよね。そこで描かれていたように、当時は貴族の別荘地として人気があったそう。洛中から離れた宇治の自然豊かなこの地で、古の人々も心を癒していたのかな?

 

今も昔も、私達を優しい気分にさせてくれるのが宇治の魅力です。

 

ちなみに、私はこの後「源氏物語ミュージアム」へ行くことに!平安時代の調度品のレプリカがあったり、物語の世界を気軽に楽しむことができました。源氏物語ファンの方は、是非足を運んでみてくださいね♪

 

 (ご参考)

歩いてすぐ!世界遺産「宇治上神社」の記事はこちら。

www.kyotowalk-gourmet.com

 

中村藤吉本店の抹茶パフェ。散策ついでに寄ってみて下さいね♪

www.kyotowalk-gourmet.com

 

朝霧橋

住所:京都府宇治市宇治

アクセス:京阪宇治線「宇治駅」から徒歩約10分、JR奈良線「宇治駅」から徒歩約15分

源氏物語ミュージアム

住所:京都府宇治市宇治東内45-26

アクセス:京阪「宇治駅」から徒歩8分

料金:500円

公開:9:00~17:00 (入館は16:30で終了)
月曜日定休