京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。四季折々の神社仏閣の楽しみ方から美味しい京都グルメまでご案内!

【源氏物語の舞台を歩く】朝霧橋と宇治川を眺める新緑の宇治散歩

5月は気温も少しずつ暖かくなり、お散歩が楽しい時期ですよね。よく晴れた気持ちの良いお天気だったので、先週末は宇治川沿いをお散歩してきました!

 

 

宇治川から青い空と新緑の山々を眺める!

 

宇治川周辺は青く澄み渡った空と、新緑に溢れた背の低い山々で美しい景色が広がっていました。さらさらと穏やかに流れる宇治川に心が癒さるひととき。いと絶景かな。

f:id:kyotoburari:20180924073625j:plain

遠くの山は大吉山と呼ばれ、展望台もあり宇治市内を一望できるそう。

 

また宇治川では7月から9月にかけて、鵜飼いが行われることでも有名ですよね。川面に松明が映え、まさに夏の風物詩!鵜匠と鵜の絶妙なコラボレーション、一度遊びに行ってみたいなぁ。

 

宇治川をのんびり眺めながら、豊かな自然のなかで深呼吸をします。


平安時代にタイムスリップ!?朱色が映える朝霧橋


さらに宇治川を歩いていると、綺麗な朱色の橋が現れました。こちらは朝霧橋と呼ばれ、1972年に宇治川に架けられた長さ74mに及ぶ橋。宇治神社のある右岸側から、川の中州に浮かぶ橘島・塔の島へ架けられています。

f:id:kyotoburari:20180924073651j:plain

ちょっと京都らしい風景写真が撮れました!平安神宮の岡崎疎水にかかる橋に少し似てるのかな?

 

良い陽気のなか、たくさんの人がお散歩を楽しんでいました。

 

源氏物語・宇治十帖の舞台・宇治

 

穏やかな川の流れを眺めながら、橋を渡っていきます。ときどき立ち止まり、橋の上からふと景色を眺めてみます。

朝霧橋からの眺めがこちら。前方に新緑が爽やかな木々が生き生きと生い茂り、心が洗われるような風景です。

f:id:kyotoburari:20180924073757j:plain

宇治は、源氏物語の宇治十帖の舞台。そこに描かれていたように、貴族の別荘地として人気があったらしいです。洛中から離れた宇治の自然豊かな地で、古の人々も心を癒していたのでしょうか?

 

今も昔も人の心を穏やかにしてくれるのが宇治の魅力です。

 

ちなみに、私はこの後「源氏物語ミュージアム」に行ってきました!平安時代の調度品のレプリカなどがあり、気軽に楽しむことができましたよ♪本格的とまではいきませんが、十分楽しめるのでオススメです。

京都の街中にある鴨川も大好きだけど、宇治川は周りに自然がたくさん残っていて一味違った癒しを与えてくれる素敵な場所でした。

 

 *ご参考*

こちらは世界遺産「宇治上神社」を訪れた時の記事です。

www.kyotowalk-gourmet.com

 

宇治本店の中村藤吉本店の竹筒に入ったパフェ♪散策ついでに寄られてくださいね。

www.kyotowalk-gourmet.com

 

朝霧橋

場所:京都府宇治市宇治

アクセス:

京阪宇治線「宇治駅」から徒歩約10分

JR奈良線「宇治駅」駅から徒歩約15分

 

源氏物語ミュージアム

住所:京都府宇治市宇治東内45-26

公開:9:00~17:00 (入館は16:30で終了)
月曜日定休