京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。神社仏閣の楽しみ方もご案内!

【京都】みそそぎ川でホタル観賞!幻想的な初夏の夜を楽しもう♪

6月初旬。「京都のみそそぎ川で、ホタルが飛び始めました」と言うニュースを目にした私。そうか、もうそんな時期なんだ!

 

初夏の風物詩、せっかくなら自分の目で見たい。そう思い立ち、先週末、みそそぎ川へと行ってきました!ふわ~っと光る幻想的なホタル。思わず童心にかえって、ホタル観賞を楽しんできました♪

 

 

夜風が気持ち良い!初夏の鴨川

 

この日は、鳳泉でラーメンや焼売を堪能した後、二条通りを歩いて鴨川へ。

 

夜の鴨川。昼間はまだ6月だというのに、33度の猛暑!夜はうって変わって、涼しい風が吹いて気持ち良い~。

f:id:kyotoburari:20200611164519j:plain

夜風に吹かれながらの鴨川散歩。景色が見えない分、川の流れる音がいつもより大きく聞こえて、心を癒してくれます。何だかとっても贅沢な時間!

 

みそそぎ川でホタル観賞ができる場所

 

みそそぎ川は、鴨川に並行して流れる水路のこと。みそそぎ川の中でも、ホタルが見られるのが、リッツカールトン京都を中心としたエリア

 

実際に行ってみたところ、主に地図の赤丸3か所がオススメの蛍スポットになります。

f:id:kyotoburari:20200611205817p:plain

 

この場所からだと、橋の欄干から、こんな風にホタルを眺めることができます。

f:id:kyotoburari:20200611164550j:plain

初夏のこの季節、橋のない川縁から見ようとすると、旺盛な植物達で覗き込むのが困難でした(笑)

 

幻想的な蛍の光に歓喜!お勧め時間帯も♪

 

私がホタルスポットに到着したのは、夜8時過ぎ。まだ少し明るいせいか、なかなかホタルは姿を現してくれません。

 

う~ん、やっぱりそんなに簡単には見られないのかなぁ。あまりの期待感から、水底の石をふいに照らす街灯りですら、ホタルに見えてくる始末。やばい、脳が前向きな錯覚を起こし始めている(笑)

 

すると突然主人が、「あ、ホタル!」と腕を叩いてきました。よ~く見ると、草陰に一点の明るい光がユラユラ~と揺れています。あぁ、ホタルだ~!!思わず叫ぶ私。

f:id:kyotoburari:20200611164610j:plain

(光った瞬間は、観賞を邪魔してしまうので撮るのは控えました。)

周りの人も、その声に呼応するかのようにホタルに注目。大人から子供まで、みんな1匹の蛍に大喜び!私も年甲斐もなく、はしゃいでしまいました。

 

季節の風物詩を見ると、やっぱり心が躍りますね~。その後も、別の場所でもう1匹発見しちゃいました!まだ夜が更けていなかったので、数は見られませんでしたが、心の潤いをたっぷりいただくことができました♪

 

近くにいた地元の方いわく、9時半ごろがオススメなのだそう。ちょっと遅めの時間かな?小さいお子さん連れの方は、8時でも十分に楽しめたので、無理のない時間で大丈夫だと思います♪

 

みそそぎ川でホタルが見られる時期は、例年5月下旬から6月上旬にかけて。湿度が高くて、風のない日が狙い目ですよ~。

 

皆さんも、ぜひ初夏の幻想的な風景を楽しんでみてくださいね!

 

(ご参考)蛍と言えば、下鴨神社の「蛍火の茶会」もオススメ!御手洗川に600匹もの蛍が放たれます!

www.kyotowalk-gourmet.com