京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。神社仏閣の楽しみ方もご案内!

【二条城桜まつり】桜の園で眺める満開の桜!お城で過ごす雅なお花見

さぁ、今年もの季節がやってきました!今日は、二条城で毎年開催される「桜まつり」に行ってきましたよ♪

 

 「お城と桜の競演を楽しみたい」そんな一心で、早起きしていざ出陣です!

 

桜は今まさに見頃で、想像以上に多くの品種が咲き誇っていた二条城。今日はその魅力をたっぷりお届けします!

 

 

 

桜咲く♪堀川通りから二条城へ

 

二条城は1603年(慶長8年)、江戸幕府初代将軍徳川家康が、京都御所の守護と将軍上洛時の宿泊所とするため築城したもの。

 

堀川通の川沿いを歩きながら、二条城へ向かいます。こちらも春を待ちわびた桜が満開に!

f:id:kyotoburari:20190409074807j:plain

晴れやかで気持ちがいい~。人が少なくて、美しい桜を独り占めしちゃいました。

 

二条城へは朝9時に到着!大きな門構えを見せるのは、東大手門。どっしり迫力がありますねぇ。

f:id:kyotoburari:20190409192250j:plain

さすが世界の二条城。朝にも関わらず、チケット売り場には長い行列ができていました。

 

二条城の桜の魅力と言えば、何と言っても50品種もあるというその種類の豊富さ!城内には300本もの桜の木が植えられ、3月下旬から4月下旬の約1か月間に亘って見頃が続きます。早咲きから遅咲きまで色んな種類の桜を楽しめるんですね。

 

さぁ、それでは早速二条城に入っていきましょう!

 

御車返り桜越しの優美な唐門

 

二条城に入ってすぐに見えるのが、唐門。

 

塗り替えられたばかりの鮮やかな門は、思わず息をのむ美しさ!

f:id:kyotoburari:20190409192633j:plain

花の蜜を吸う鳥や、羽ばたく鶴が繊細かつ色彩豊かに彫られています。何てすごい技術力なんでしょう!しばし色んな角度から日本芸術を堪能します。

 

唐門をくぐり、反対側へ。そこには美しい御車返り桜が咲いていました!唐門とのツーショットをパチリ。

f:id:kyotoburari:20190409202639j:plain

春の装いで唐門もちょっと嬉しそう! 

 

御車返り桜は、御水尾天皇がその美しさゆえ御車を引き返したというほど見事な桜。こんもりフリルのような花びらがとっても可愛いです♪

f:id:kyotoburari:20190409192923j:plain

 

さぁ続いて、二の丸庭園へ向かいましょう。

 

二の丸庭園と桜の共演を楽しもう♪

 

二の丸庭園は、国の特別名勝に指定される小堀遠州作の池泉回遊式庭園。桜と名庭とのコラボレーションを楽しめるのが春の魅力です。

 

ピンクの桜が、木々と石が織り成す風景に華やかさを添えます。花びらがヒラヒラと池に舞い落ちる様が、雅で何とも素敵なんです!

f:id:kyotoburari:20190409193130j:plain

石橋やお堀のような石組み、そして滝も風情がありますねぇ。広い城内を歩いていると、思わず京都の街中にいるのを忘れてしまうほど。

 

庭園のすぐ横には、可憐に咲くフリフリの桜が!つぼみも赤みを帯びていて、めちゃくちゃ可愛い~。

f:id:kyotoburari:20190409193811j:plain

見てるだけでドキドキワクワクしちゃうようなキュートさ全開の桜です!

 

庭園は歩みを進めるたびに景色が移り変わり、どの角度から見ても本当に素晴らしかったです。

 

庭園を楽しんだ後は、いよいよ桜が有名な清流園へ向かいました。

 

清流園の桜トンネル!侍に出会う

 

清流園は、和風庭園と芝生の洋風庭園からなる和洋折衷庭園。二条城の中でも人気のある桜スポットです。

 

早速、満開のソメイヨシノの桜トンネルを発見!見つけた瞬間、心がワァッと華やぎました。これぞ、春限定の極楽街道です。

f:id:kyotoburari:20190409193226j:plain

そして、あれ、写真の右側にご注目。

 

えっ、侍いるじゃん!?

 

そう、侍が正面から歩いてきました!桜の背景がやけに似合っています。城を巡回中?カメラを向けると、素敵な笑顔でカメラ目線をくれました(笑)

f:id:kyotoburari:20190409083028j:plain

写真を撮ると「ありがとう!」と言い、どこかへ消えていきました。素人にしては男前だし、衣装も完璧だし、どこかの撮影所から来てる人なのかな?

 

いやはや、桜を越えるインパクトある者に出会ってしまった。私の頭の中は、桜から侍一色に・・(笑)

 

二条城内には、お饅頭やコーヒーなど軽食をいただけるお花見屋台広場も。

f:id:kyotoburari:20190409194203j:plain

満開の桜を眺めながらお城で食事をするのも、贅沢な時間ですよね♪

 

そして、最後はフィナーレ・桜の園へ行ってきました!

 

桜の園で初めて見る桜に感動!

 

桜スポットがいくつかある二条城の中で、今回一番気に入ったのが「桜の園」。多品種の桜が植えられており、初めて見る桜に沢山出会えてすっごく楽しかった~!

 

そこで、お気に入りをいくつかご紹介します♪

 

こちらは「雨宿(あまやどり)」。白くて羽毛のようなふわふわの桜が可愛くて癒される~。

f:id:kyotoburari:20190409195554j:plain

雨宿りというネーミングも、お洒落ですよね。

 

太白(たいはく)」と呼ばれる大きな花びらの桜。ソメイヨシノの1.5倍ほどの大きさがあって、見応えも十分!

f:id:kyotoburari:20190409195820j:plain

迫力があるので、一瞬で目を奪われてしまいました!街中ではあまり出会えない貴重な桜ですね。

 

足元まで枝を伸ばし、豪快に咲き誇る桜にも遭遇!桜の正面に立って写真を撮ると、体全体が桜に包まれたような素敵な写真が撮れちゃいました♪

f:id:kyotoburari:20190409195941j:plain

桜に近づくとふわっと優しい花の香りも・・これぞ春満喫、幸せすぎます。。

 

沢山の品種が植えられている桜の園では、それぞれ開花時期が異なるため、1か月ほど桜を楽しむことができますよ♪色んな桜を見られて、すごく楽しかった~。

 

夜はライトアップも開催中

 

二条城では、期間限定で夜間ライトアップも実施されます。

 

唐門ではプロジェクションマッピングも開催され、より華やかな姿に早変わり!夕食を食べた後に、夜桜を楽しむのも春ならではの過ごし方ですよね♪

 

二条城は今まさに桜が満開!是非この機会にお出かけして、二条城の桜を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

元離宮二条城

住所:京都市中京区二条通堀川西入二条城町541

アクセス:地下鉄「二条城前駅」下車すぐ

拝観時間:8:45 ~ 16:00(閉門17:00)年末年始は休み

ライトアップ:18:00-21:00

拝観料:入城料/二の丸御殿拝観料1030円、入城料のみ620円

駐車場:120台可能。入庫から120分まで/1,000円

電話:075-841-0096

http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/nijojo/index.html