京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。神社仏閣の楽しみ方もご案内!

【ぎをん森幸で特製弁当ランチ】名物杏仁豆腐も!知恩院前の広東料理レストラン

美味しい広東料理が食べられると評判の京都祇園にある「ぎをん森幸」さん。こちらの特製弁当がお手頃で美味しいと聞き、八坂神社へ参拝した後ランチに行ってきました!

 

京風の優しい味わいが胃にしみる森幸さんのこだわりが詰まったお料理。デザートに杏仁豆腐もいただき、中華ランチを満喫してきましたよ♪

 

 

広東料理・ぎをん森幸

 

森幸さんは、知恩院にほど近い白川沿いにある広東料理のレストラン。創業は昭和30年、当時は四条堀川に店はありましたが、その後祇園に移転されこちらで営業されています。

 

知恩院はもちろん、八坂神社にも近いので観光の際のランチスポットにもおすすめです♪

 

夜は本格的なコース料理を提供されていますが、ランチは気軽に森幸さんのお料理を楽しむことができると大人気!

 

早速お休みの日を利用して、ランチ訪問してきました。

 

酢豚や春巻きも!京風中華を味わうランチ「特製弁当」

 

少し白川を散策し、森幸さんへ。お店に入ると予約はしていませんでしたが、無事に席に着席すことができました。

 

さぁ、待望の「特製弁当」を注文します。店内はアットホームな雰囲気で、会話をしながら肩肘張らず食事を楽しめそうです。

 

しばらく待って、名物ランチ・特製弁当が運ばれてきました!

 

広東料理のおかずが数種類、ご飯との2段弁当で汁物と合わせて提供されます。おかずは、かに玉、酢豚、春巻き、焼き豚、海老天とどれも美味しそう!

f:id:kyotoburari:20190405073653j:plain

かに玉はふんわり卵に上品な中華餡がかけられ、口のなかに旨味が広がります。酢豚も表面がかりっと揚げられ、京都らしいタレがこれまた優しい味わい。細目の春巻きも噛むとお肉の旨味が溢れたとても美味しいものでした!

 

どれもあっさりと上品な味つけで、中華料理のがっつりした油っぽさや味の濃さはありません。「くせの強い香辛料や動物性の脂は一切使わず、京風の優しい味わいを届けたい」という先代からのこだわりを感じられました。

 

お弁当というネーミングですが、きちんと手間をかけられたお料理だと感じました。もうちょっと野菜もあれば、より嬉しいかな?

とても美味しくいただきました!

 

持ち帰りも!大人気の溶ける自家製「杏仁豆腐」

 

デザートは森幸さん自慢の杏仁豆腐!大評判の杏仁豆腐は、持ち帰り(400円)だけに訪れるお客さんも多数。

 

ランチをいただくと、200円追加すると杏仁豆腐で注文できます♪


さじですくった手作り感が嬉しい杏仁豆腐。杏仁の深い香りと、口のなかで溶ける感じがたまりません!

f:id:kyotoburari:20190405073710j:plain

いくらでも食べれそうな美味しい杏仁豆腐でした。

 

キーヤン作の壁画が光るモダンな店内

 

ちなみに店内は、ダイナミックな孔雀の絵が大胆に描かれていました。京都の落ち着いた内装をイメージしていたので、ちょっとびっくり(笑)

f:id:kyotoburari:20190405073734j:plain

こちらはロックな壁画絵師と呼ばれる 木村英輝さん(キーヤン)の作品。最近は京都を歩いていると木村さんの絵に出会うことも増えたような。

 

知恩院や八坂神社に参拝の際は、森幸さんをランチ候補に入れてみてくださいね♪

 

*ご参考*

広東料理なら、京都市役所近くの「鳳泉」さんもオススメです♪

www.kyotowalk-gourmet.com

 

広東料理 ぎをん 森幸
住所:京都市東山区白川筋知恩院橋上る西側556
電話:075-531-8000

営業:11時半から13時半、17時から21時(水曜日定休)