京都ぶらり散歩&グルメ手帖

京都マニアが定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。四季折々の神社仏閣の楽しみ方から美味しい京都グルメまでご案内!

【鶴屋吉信本店で「生菓子」「粟ぜんざい」を♪】秋に行きたい抹茶を楽しむ京都旅

京都を代表する和菓子といえば
享和3年(1803)創業、鶴屋吉信さんでしょう。

f:id:kyotoburari:20180923154822j:plain


かつての京の都には、御所をはじめ宮家公卿の家が多く
また寺社が多い土地柄から、たくさんの祭礼が行われていました。

そこにお菓子を納めることができるのは一部の技術の高い職人だけ。
そのひとつが、こちらの鶴屋吉信さんでした。

この日は、本店の茶屋「お休み処」 に行ってきました!
今出川の交差点にそのお店はあります。

秋に頂いたときのもの、柿の形をした生菓子。
なんとも季節感のある美しい職人技!食欲がそそられます。

f:id:kyotoburari:20180923154422j:plain


一口いただくと、ほんのりと甘い和三盆が優しく広がります。
これぞ京都の和菓子、と思える上品なお味です。


お抹茶とともに頂いたので、こんな感じのセットです。
なんだか落ち着く~にっぽんの和を堪能できます。

f:id:kyotoburari:20180923154458j:plain



旦那はと言うと、粟ぜんざい ¥1,080を注文。
一番したに粟が入っていて、温かいこしあんと絡めて食べます。

f:id:kyotoburari:20180923154610j:plain



こしあんの何て滑らかな舌触り!
今まで経験のない食感で、和菓子一筋のこの店の底力を感じました。

店内はこの通り、和の空間が素敵です。
席と席の間も広いので、のんびりと寛げます。

f:id:kyotoburari:20180923154651j:plain



また、職人さんが目の前で生菓子を作ってくれる体験型のカウンター席も!
できたての生菓子を食べる機会なんて、なかなかないのでお薦めです。

f:id:kyotoburari:20180923154747j:plain



店頭では、生菓子も各1個 432円で販売されていました。
消費期限は製造日から3日です。
大切な人への贈り物や自分へのご褒美にもいいですね♪

**メモ**
鶴屋吉信
営業時間 9:00~18:00
定休日 元日を除き年中無休
京都市上京区今出川通堀川西入 〒602-8434
TEL(075)441-0105 FAX(075)431-1234