京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。神社仏閣の楽しみ方もご案内!

【鶴屋吉信本店の生菓子&粟ぜんざい】京都で抹茶と和菓子を楽しむ!

京都を代表する和菓子屋さんと言えば、鶴屋吉信(つるやよしのぶ)さん。今日は今出川にある本店のカフェで、美味しい和菓子をいただいてきました!

 

手の込んだ美しい生菓子と滑らかな粟ぜんざいの美味しさに思わずにんまり♪今回は、鶴屋吉信さんの老舗の味を食レポします!

 

 

伝統ある京の老舗『鶴屋吉信』

 

鶴屋吉信さんは享和3年(1803)創業の京都の老舗和菓子屋さん。本店は地下鉄今出川駅から徒歩10分ほどの場所にあります。

 

瓦屋根に青い暖簾が素敵ですね。1階では和菓子の販売、2階のお休み処では自慢の和菓子を味わうことができます。f:id:kyotoburari:20180923154822j:plain

実は鶴屋吉信さん、かつて京都の和菓子屋さんの中でも特別な存在だったのをご存知ですか?

 

その昔京都では、御所をはじめ宮家公卿の家や寺社が多い土地柄から、数多くの祭礼が行われていました。その祭礼には和菓子が献上され、それによって京菓子の技術が磨かれてきた歴史があります。

 

この和菓子は誰でも献上できるわけではなく、高い技術を持った職人さんだけが納められる特別なもの。つまり祭礼に和菓子を献上できることは、一流の和菓子屋さんの証でもあったんですね。

 

今回訪れた鶴屋吉信さんは、そんな献上を許された和菓子屋さんの1つ。何だかすごい和菓子屋さんと知って、味への期待も高まります♪

 

それでは、素敵なカフェで鶴屋吉信さんの和菓子をいただきましょう!

 

 

抹茶といただく季節感溢れる生菓子

 

鶴屋吉信さんのカフェメニューは、生菓子や小倉ぜんざい、きなこゼリー&抹茶アイス、葛までさまざま楽しめます。

 

今回、私は生菓子をチョイス!

生菓子は数種類から選ぶことができ、私は柿をモチーフにした生菓子を選びました♪秋らしいオレンジ色の柿が食欲をそそりますよね。ヘタの緑も淡くグラデーションになっていて美しい!まさに職人技です。f:id:kyotoburari:20180923154422j:plain

一口食べると、和三盆の優しい甘味が口いっぱいに広がります。上品な餡を包む生地もモチッとした食感でとっても美味!

 

生菓子はお抹茶と一緒にいただきました。お抹茶のほろ苦さと生菓子の甘さが、絶妙に合いますね。抹茶をお店で飲む機会がなかなかないので、貴重な時間です。f:id:kyotoburari:20180923154458j:plain

洋菓子も良いけど、たまにはのんびり和菓子を味わうのも良いものですね!和菓子を通じて、四季を感じられた素敵な時間でした。

 

滑らかな新食感『粟ぜんざい』

 

旦那は粟ぜんざい ¥1080を注文!5月から10月だけの季節限定メニューです。

 

お椀の底に粟が入っていて、ドロリとかかった温かいこし餡に絡めて食べる一品。塩昆布も一緒に付いてきました。f:id:kyotoburari:20180923154610j:plain

旦那に一口もらったのですが、これが超絶美味しかった!!

 

もう信じられないくらい、こし餡の舌触りが滑らかなんです!こんなに滑らかな餡の食感を味わったのは初めて!するする~っと舌の上で溶けていきます。

 

さらに小さなお餅も入っていて餡と一緒に食べると、これまた最高。人生で初めて出会った食べ物と言っても過言ではない、私的には衝撃的なぜんざいでした。

 

粟ぜんざいはかなりオススメなので、時期が合えば是非味わってみてくださいね。和菓子一筋、鶴屋吉信さんの底力を感じました。

  

職人が作る出来立て生菓子を味わう『菓遊茶屋』

 

和菓子をいただける店内はご覧の通り、落ち着いた和の空間が広がっています。席と席の間隔も広いので、のんびりと寛げますね。 

f:id:kyotoburari:20180923154651j:plain


また職人さんが目の前で生菓子を作ってくれる体験型カウンター「菓遊茶屋(かゆうぢゃや)」もあるんですよ~!職人さんと会話を楽しみながら、和菓子を手際良く作る姿を眺めることができます。

f:id:kyotoburari:20180923154747j:plain

出来立てほやほやの生菓子は、お抹茶と一緒にいただきます。まるでお寿司屋さんのカウンターのような贅沢さを味わえるのも魅力ですね♪

 

1階の販売店では、生菓子はもちろん、名物の柚子餅も販売されていました。帰りにお土産に買って帰るのもオススメですよ。


たまには美味しい和菓子食べて、一息つくのも良いものだな~と感じたひとときでした!また季節を変えて訪れてみようかな。

 

ごちそうさまでした!

 


鶴屋吉信
住所:京都市上京区今出川通堀川西入 〒602-8434

営業:9:00~18:00 (年中無休)

電話:(075)441-0105 

駐車場:2台あり