京都ぶらり散歩&グルメ手帖

京都マニアが定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。四季折々の神社仏閣の楽しみ方から美味しい京都グルメまでご案内!

【甘春堂東店で和菓子作り体験】本格生菓子に挑む!抹茶と一緒に京都を満喫♪

「京都に来たら、和菓子体験をしてみたい!」

とお考えの方も多いのではないでしょうか?

 

先日、母が「和菓子作りをみんなでしたら楽しそう!」と言い出し、

家族5人で、甘春堂東店さんへ「和菓子教室」に行ってきました。

 

実際体験してみたら、想像以上に楽しかった!

 

今回は我が家の愉快な家族を交えながら

甘春堂の和菓子体験を紹介します♪

 

■目次

 

京都「甘春堂」で和菓子体験!開催場所は清水寺(祗園)と嵐山の2つ!

甘春堂は慶応元年(1865年)創業の和菓子の老舗。

歴史ある老舗で和菓子体験ができるのも、京都ならでは。

 

甘春堂の和菓子体験は、2つの会場で開催されています。

東山・清水寺会場

嵐山・嵯峨野会場

 

どちらも人気の観光地エリアにあります。

旅行プランに組み込みやすく、和菓子体験をしたい方にはお薦め!

 

今回私が行ったのは、清水寺近くにある東店。

京阪清水五条駅から徒歩10分ほど。豊国神社の目の前にあります。

f:id:kyotoburari:20181007013643j:plain暖簾が醸し出す老舗感にドキドキします。

 

和菓子体験の開催時間と予約方法

和菓子体験は毎日1日4回に分けて、開催されています。

体験時間も、1時間15分と観光の合間にちょうどいい!

(1) 9:15(開始)~10:30(終了予定)

(2) 11:00(開始)~12:15(終了予定)

(3) 13:00(開始)~14:15(終了予定)

(4) 15:00(開始)~16:15(終了予定)

 

予約方法はこちらをご参考に。

・2日前まで:HPの予約フォーマットから

http://www.kanshundo.co.jp/museum/make/school.html

 ・前日から:お店に直接問い合わせ(最後のお店情報をご参考ください)

 

ちなみに、名前の似ている「七條甘春堂」さんとは違うお店なのでご注意を!

さぁ、和菓子体験のはじまりです!

体験で作れる和菓子は、どれもお店で実際販売されているもの!

種類も四種類と豊富です。

上生菓子3個

干菓子 1種類

 

1階が販売店になっていて、2階にあがって教室がスタートです!

職人さんのお手本を見ながら、みんなでワイワイ楽しみながら作っていきますよ。

こんな雰囲気。この日は満員御礼!大盛況です。

f:id:kyotoburari:20181007013931j:plain

 

ちょっとその前に家族のご紹介

今回の登場人物、我がファミリーの紹介を!

母:調理師免許を持つ料理上手。今回の出来にも期待。

父:いつも何かつまみ食いをしている。子供の頃のあだ名は「食い兵衛」

私:ガサツな女。学生時代包丁がなく、人参を園芸用ハサミで切っていた。

夫:器用の星に生まれた男。折鶴を折らせたら、クチバシの尖り具合が最強。

弟:米を洗わせたら、米の半分が流し台に。この弟には負けたくない!

いざ、上生菓子「ねりきり(1つ目)」を作る!

こんな感じで、各テーブルに材料が配られます。

この生地をコネコネ、平らにしていきます。

f:id:kyotoburari:20181007014046j:plain

 

伸ばしたところで、丸い枠でカット!こし餡を包む土台を作ります。

見た目鮮やかな綺麗な色の生地!

f:id:kyotoburari:20181007014106j:plain

ここで、私に生地がテーブルに貼りつき取れなくなる事件発生。

弟が横でニヤニヤした視線を送ってきます。

 

「テーブルの粉を付けたら、生地の粘つきを取れます」

という先生の神の声で復活!

 

伸ばしたところで、コロンとした餡を包みます。

こんな感じ。f:id:kyotoburari:20181007014141j:plain

 

見栄えが良くなるよう、少し生地をずらして折りたたみます。

簡単そうに見えて、角度とか難しい。

f:id:kyotoburari:20181007014208j:plain

さすが 母、美しく折り畳んでいます。

我が家の師として、和菓子を手本のように掲げています。

 

父、丸い餡が潰れてペチャンコに!まるで「おはじき」のよう。

なぜ丸い餡をあえてプッシュしたのか。

 

続いて、上生菓子「菊のねりきり(2つ目)」に挑戦

「菊」をイメージした、ねりきりにもチャレンジ!

まずはピンクと赤の生地が配られます。可愛い色♪

f:id:kyotoburari:20181007004209j:plain

 

こちらの赤い餡を、ピンクの生地の載せます。

キュッキュッと赤い餡を丸く包んでいきます。

f:id:kyotoburari:20181007001503j:plain

うわ、全体を包むのって結構むずかしい。生地が足りないのを、力ずくで伸ばす。

 

そして、中に包んだ赤色をほんのり出すのがポイント

なのですが、全然出てこないのよねぇ。赤いのが。どこいったのよ?

生地をこすっても、一向に顔を出さない照れ屋さん。

左:私、右:旦那(正解) 

f:id:kyotoburari:20181007001359j:plain

ほんのり赤いのがお洒落なのに!私だけ、出なかった。

これじゃあ、ただのピンクの丸じゃないの。

この頃からでしょうか。家族に憐れみの目を向けられ始める。

 

とりあえず潔く諦めて次!

丸いお饅頭に木べらを使って、中心から縦に花びら模様を付けていきます

これが難しいのです。慎重に、思い切り良く棒で線を付けていきます。

 

出来上がったら、お花の中心を専用の道具でペタッと彩ります。

Before

f:id:kyotoburari:20181007002000j:plain

 

 After(左:私、右:旦那)

良い!なんか一気にそれらしくなった!

f:id:kyotoburari:20181007002047j:plain

感想:旦那(右)の花びら模様に曲線が入ってる?若干アレンジを利かせみせる余裕!やはり家庭でのヒエラルキーは簡単には変わらなそうだ。あと、やっぱ中心部の赤があると美味しそう。でも、これが私の限界だ!

 

お分かりのように、結構難易度高い和菓子体験なんです。

なんと、次は「きんとん」も作っちゃいますよ!

繊細な和菓子「きんとん」を作る!

きんとんは、「餡そぼろ」が付いた見た目に美しい和菓子のこと。

あんな芸術的なものを、素人に作れるの!?と半信半疑でスタート。

 

まず、そぼろの餡の元が配られます。その餡をザルに乗せてプッシュ!!

f:id:kyotoburari:20181007004852j:plain

なるほど! プッシュすると、こうなります。

f:id:kyotoburari:20181007004953j:plain

おぉ~!こうやって作るんだ!とめっちゃ感動。単純だけど、深く納得。

 

そして右上の餡子に、お箸で「そぼろ」を万遍なく付けていきます。

力を入れすぎると、そぼろが潰れてしまうので、慎重に・・・

 

この和菓子、結構作り手の個性が出ます。

 

父:そぼろが餡子から浮いて「やたらでかい」

挙句の果て「食ったら一緒やで」とでかい言い放ち、隣のカップルがクスクス笑われている。ウケて気を良くしたのか、2回ほど連呼。お恥ずかしい!

 

私:餡の底にそぼろを付け忘れる。

弟:私の餡を見て「俺の方が上手い」と言う。私は「私の方が上手い」と言い合う。姉弟で張り合う。

旦那:もくもくと餡を付ける。先生に「いいですね」と家族で唯一声を掛けられていた。

母:長年の主婦歴か、やはり美しく盛っている。どこか得意げだ!

 

最後に飾り付けをして、5人分まとめてこちら!

ドーン!

f:id:kyotoburari:20181007010419j:plain

あれ、結構なんやかんや、それらしくなってる?

素敵な皿に乗せたから?イイねイイね!

 

こちらを体験の最後に、お抹茶と一緒に頂けます。

よく見ると「そぼろ」がみだれ髪のように(笑)でも自分作、妙な愛着も!

f:id:kyotoburari:20181007010558j:plain

こんな見た目の和菓子でも、お味はさすが老舗の材料。

上品な甘さが引き立って、「美味しい」と声が弾んでしまう出来!

お抹茶も本格的で、素晴らしいです。

 

それ以外の作った和菓子は、お土産用の箱に入れて持ち帰ります。

お家でも和菓子を楽しめるのが嬉しい♪

f:id:kyotoburari:20181007011514j:plain

 

甘春堂の和菓子体験、本格的な和菓子が作れます。しかもお安い!

甘春堂さんでの和菓子体験、かなり本格的で楽しめました。

みんなで同じ和菓子を作ると、個性が出て結構盛り上がります!

 

参加費2160円と他の和菓子体験より、お安いのもgood!さらに品数も多め。

京都の観光プランに入れてみては?面白いですよ~!

 

**甘春堂 和菓子手作り体験**

予約電話番号

 東山・清水寺会場 075-561-1318 (甘春堂 東店)

 嵐山・嵯峨野会場 075-861-5488 (甘春堂 嵯峨野店)

住所

 東店:京都府京都市東山区大和大路通正面下る茶屋町511-1

 嵯峨野店:京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂大門町1-1