京都ぶらり散歩&グルメ手帖

京都マニアが定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。四季折々の神社仏閣の楽しみ方から美味しい京都グルメまでご案内!

【亥年に絶対訪れたい!建仁寺禅居庵】狛亥から猪みくじまで、京都の猪寺で開運祈願の初詣

いよいよ2019年ですね!

 

今年は亥年という事で、亥歳生まれの守り神として信仰される

京都のお寺「建仁寺塔頭 禅居庵 摩利支天堂」に初詣に行ってきました♪

f:id:kyotoburari:20190108212158j:plain

 

亥歳の守り神だけあって、境内は沢山の猪で溢れていました!

そんな猪寺を楽しもうと、笑顔の参拝客でお寺は大賑わいでしたよ~!

 

■目次

 

禅居庵の摩利支天は開運勝利と亥歳の神様

建仁寺塔頭である禅居庵には

鎮守として摩利支天(まりしてん)が祀られています。

f:id:kyotoburari:20190108213401j:plain

 

摩利支天は、昔から開運勝利の神様として信仰される縁起の良い神様!

7頭の亥の上に座っているので、亥歳生まれの神様として愛されいます。

 

亥年の今年こそ、縁起を担いで参拝に訪れたいお薦めのお寺です。

さぁ、早速境内を散策してきましょう。

 

境内では表情豊かなたくさんの「狛亥」に出会えます

境内に入ると、まず目に飛び込んできたのが「狛亥

狛亥だなんて、初めて見ました(笑)

 

それではこちらをご覧ください。

天高く空を眺める、野性的で迫力ある狛亥!!

f:id:kyotoburari:20190108212306j:plain

牙も生えていてすごくリアル(笑)強そうだ!

 

こんな狛亥さんもいました。

こちらはコロンとしていて、可愛い狛亥さんです♪

f:id:kyotoburari:20190108212353j:plain

なぜか妙に安心。

豚さんぽくもある親近感がある亥さんです。

 

さらにさらに!こんな亥さんも。

じっと一点を見つめる落ち着いた狛亥さん!

f:id:kyotoburari:20190108212445j:plain

狛亥だけでも、表情が様々で面白いですねぇ。

見ているだけで、思わずにんまり楽しめます。

 

でもこちらのお寺、猪は狛亥だけじゃないんです!

 

亥みくじから亥絵馬まで、まさに亥づくしのお寺!

境内は、狛亥さん以外にも沢山の猪で溢れていました。

まさに「猪寺」と呼びたくなる、猪マニアには堪らないお寺!

 

まず、手水舎。猪の口からお水が出ています!

彼から躍動感を感じますが、水はチョロチョロ出ています(笑)

f:id:kyotoburari:20190108212927j:plain

龍の口から出ていることが多いから、面白い!

 

おみくじも、もちろん猪です。

笑顔がキュートで、まんまる可愛い猪さん♪

f:id:kyotoburari:20190108213011j:plain

引いたおみくじに、願い事を書いて境内に飾るんですね。

 

で、衝撃なのがこの後・・

なんと可愛いおみくじ猪さんの上には・・・こちら!

f:id:kyotoburari:20190108213113j:plain

またまたワイルドな猪さんが~パオーン!

このギャップがすごいですね。もうギャップ萌えです(笑)

 

そして絵馬も、もちろん猪です。

f:id:kyotoburari:20190108213200j:plain

開運、勝利のご利益があるので、合格祈願にも効果がありそうです。

 

禅居庵はまさに猪寺だった

禅居庵さんに参拝して思ったこと。

それは禅居庵が猪の楽園「猪寺」だということ!

 

参拝したのは、1/3だったのですが

亥年に猪寺を訪れ、狛亥、猪みくじ、猪絵馬と、まさに猪づくしのお正月。

夜ごはんに猪鍋を食べたら、まさに猪コンプリートですね(笑)

 

猪づくしで、縁起の良いお正月を迎えられた気がします!

なんか気分も妙に高揚したし、参拝客もどこか楽しそう♪

 

禅居庵さんでは、座禅体験もされているそうですよ♪

亥年の今年、是非訪れてみて欲しいお寺です。

 

禅居庵から徒歩3分。

縁切り・縁結びのご利益のある安井金毘羅宮もお薦めです。

www.kyotowalk-gourmet.com

 

 

建仁寺塔頭 禅居庵 摩利支天堂

住所:京都市東山区大和大路通四条下る4丁目小松町146

アクセス:

京阪「祇園四条駅」から徒歩7分

阪急「河原町駅」から徒歩10分

参拝時間:午前9時~午後5時