京都ぶらり散歩&グルメ手帖

京都マニアが定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。四季折々の神社仏閣の楽しみ方から美味しい京都グルメまでご案内!

【世界一バリスタの隠れ家カフェ「オカフェキョウト」】京都でコーヒーとプリンを楽しむ!

六波羅蜜寺と禅居庵へ初詣に行った休日。

 

少し小腹が減ったなぁ、美味しい甘いものが食べたい!とお店を検索。

するとヒットしたのが「オカフェキョウトOkaffe kyoto」さん。

 

写真を見ると、渋い感じのお店でなかなか素敵です。

美味しいコーヒーも頂けるらしく、早速カフェタイムにおじゃましました♪

 

■目次

 

オカフェキョウトは細長い通路の先にある隠れ家カフェ

 

地図を頼りにオカフェキョウトに到着すると、びっくり。

そこには、とっても細いなが~い通路

f:id:kyotoburari:20190113103108j:plain

京都は長い通路の先にお店があることが珍しくありません。

でもこれは、なかなかの長さです!

 

この先にお店があるのかしら、とドキドキしながら

赤天井に優しく灯る丸ランプの下を歩きます。

この懐かしい雰囲気、昔ながらの喫茶店なんでしょうか?

 

通路を抜けると、オカフェさんの全貌が明らかに!

お洒落なシルエットのバリスタがお出迎え。

f:id:kyotoburari:20190113103256j:plain


ひっそりと都会に佇む隠れ家感のあるカフェです。

早速お店に入りましょう♪

 

店主は世界1位の有名バリスタだった!

扉を開けると老若男女、日本人から外国人まで大賑わい!

目の前でコーヒーを淹れてくれるカウンターとテーブル席が数席。

f:id:kyotoburari:20190113103512j:plain

カウンター越しにお客さんと会話をされたり

アットホームな雰囲気溢れる素敵なお店です。

 

そして気になってしょうがなかったのが、レジ横のお土産コーナー。

店主のアピールがすごい笑!!このイェイ感が絶大なインパクト!

f:id:kyotoburari:20190113103604j:plain

初めは誰だろうと思ってたんですが

写真とカウンターの店主を見比べると、確実に一致!

 

この人一体なにものなんだ!?

今私の脳内では、素敵なルックスを武器にした目立ちたがり屋さんの店主。

 

なのでちょっと調べてみました。

 

するとこの方、バリスタ世界大会で1位に輝いたすごい人でした

もともと小川珈琲で働かれていて、2016年にこのお店を開かれたらしい。

岡田章宏さんというお名前だから、オカフェなんですね!

 

なんだか全てパズルがはまった感じで、すっきりしました(笑)

 

美味しいコーヒーと、懐かしのプリンをデザートに♪

 

さぁ、そんなこんなで早速コーヒーを注文です。

その名も「ダンディブレンド」 ・・・ダンディ!?

ちなみに「パッションブレンド」もありました(笑)

 

オカフェやばい、と思いながらプリンのページへ。

メニューを見て再び驚愕。その名も「プリン ハードボイルド

おぉ・・なんでしょう、この涌き出る矢沢感。

f:id:kyotoburari:20190113103917j:plain

 

このオカフェワールド全開な感じ(笑)最高です。

皆さんにもオカフェの世界観が伝わるといいな。

 

自慢のコーヒーは酸味が効いていて、めちゃくちゃ美味しかったです!

さすが世界のバリスタ、素晴らしいです。

f:id:kyotoburari:20190113104044j:plain

 

プリンもチェリーと生クリームを添えて♪

昔ながらのプリンの雰囲気で、私の大好きな見た目。 

f:id:kyotoburari:20190113104126j:plain

プリンはつるんっと滑らかで、ほんのり甘くて美味しい!

全然ハードではないので、ご安心を(笑)

 

生クリームも、自家製の優しい甘さ。

ほろ苦いカラメルとの相性が最高!

 

エンターテイメント性にワクワクしながらも

美味しいカフェタイムで、ほっと一息つくことができました。

 

オカフェは笑顔あふれる素敵なカフェ

オカフェは、お店の方の明るく気持ちの良い接客が印象的。

 

「お客さんが、お店の方に会いにやってくる」そんな温かいお店です。

是非京都でのカフェタイムに訪れてみるのも楽しいですよ♪

 

オカフェキョウト

住所:京都市下京区綾小路通東洞院東入神明町235-2 

アクセス:地下鉄「四条」駅から徒歩約3分

電話:075-708-8162

営業:9:00~20:00(火曜日定休)