京都ぶらり散歩&グルメ手帖

京都マニアが定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。四季折々の神社仏閣の楽しみ方から美味しい京都グルメまでご案内!

【山元麺蔵のごぼう天うどん&卵とじうどん】鰹出汁の効いた京都岡崎の人気うどん店

京都は岡崎エリア。

平安神宮南禅寺にも近く、観光の際のランチのお薦めが「山元麺蔵」さん。

鰹出汁の効いた美味しい「うどん」が食べられる人気店です。

f:id:kyotoburari:20180919224613j:plain


いつも、ものすごく並んでます。
噂によると1、2時間待ちなんてよくあるらしい。

 

きっと行列で伺える機会はないだろうなーっと思っていた矢先。

この日の17時頃に店の前を通ったら、「あら、空いてる?」

店員さんに「どれくらい待ちますか?」と聞いたら、15分位との事。
奇跡!まだ空腹ピークではないけど、このチャンスを逃すまい!
という事で並びましたよ。ねらい目は、早めの夕方だ!

旦那は「ごぼう天うどん」、私は「たまごとじうどん」を注文。
少し肌寒くなって9月も終わり、温かいおうどんです。

 

こちらが「ごぼう天うどん」

あっつあつのシンプルな「うどん」と、たっぷりのごぼう天。

f:id:kyotoburari:20180919224633j:plain

こちら私の「たまごとじうどん」

ふわっふわのタマゴが表面をおおって、美味しそ~♪

f:id:kyotoburari:20180919224704j:plain



一口出汁をすすります。
おっ、しっかり鰹出汁が効いている。

 

薄味なんて言われる関西出汁ですが、ここのはかなり濃い目。
若いお客さんが多く並んでいた理由がわかります。

   

ふんわりと、とじられた卵はマイルドでお腹に優しいお味。


人気のごぼう天は、ササガキになっています。

面白いのが、カレー塩と頂くこと!味に変化があって、なかなかいけます。

箸休めにも良い感じ。

ここのお店の素晴らしいところは、温かい接客だと感じたエピソードを。
旦那のうどんが先にきて、「おいしそ~」なんて眺めてたら、
うどんを茹でてる店員さんが「お待たせして、すみません」って気付いてくれたり。

うどんの量が多くて、食べるのに時間がかかってたら
運び係のお母さんが、「量多いでしょ?残しても大丈夫だから無理しないで」
って言ってくれたり。(もちろん全部食べました!)

食べに来た人の心を温かくしてくれる接客が、さらにお客さんを呼ぶのでしょう。
食事をしたのだけど、大切なことを学んだ気分(笑)

こんな温かいお店なら近くに来たときにまた寄ってみたいな。

ちなみに、横は老舗の岡北さん(卵とじうどんが有名)があります。
年配のお客さんはこちらの、上品な薄味出汁のおうどんも良いかもしれません。

 

**メモ**
山元麺蔵
 京都府京都市左京区岡崎南御所町34
 [月・火・金・土・日・祝]11:00~18:00(L.O.)
 [水]11:00~14:30(L.O.)