京都ぶらり散歩&グルメ手帖

京都マニアが定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。四季折々の神社仏閣の楽しみ方から美味しい京都グルメまでご案内!

夏の怪談!?京都に現れた一つ目小僧の「お化け提灯」

京都の街を歩いていると、素敵な店構えのお店にたくさん出会いますよね。

 

そんなお店の軒先には、どこも個性的な提灯が飾られています。

私、昔から店頭の提灯や暖簾を観察するのが大好きなんです。

f:id:kyotoburari:20180923202318j:plain

お店それぞれの特徴ある提灯は、見ているだけで本当に飽きません。

見つける旅に、うわぁと興奮しては写真を撮っております。

そんな提灯ですが、夏になると祗園の街に面白い提灯が出現します。
この間見つけた提灯がこちら!ご覧ください。

f:id:kyotoburari:20180923202336j:plain

一つ目お化けが、「あっかんベー」をしているユニークな提灯を発見!

なんて愛嬌のある表情なのでしょう。


こちらは「くずきり」で有名な京都の老舗「鍵善良房」さんの店頭です。
伝統ある老舗がこんなユニークな提灯を飾るなんて。

そのギャップに、もうグッときます(笑)

さらに八坂神社と通りすぎて、石塀小路の近くで見つけた提灯がこちら。
今度は「一つ目小僧」さんです!

f:id:kyotoburari:20180923202405j:plain

お茶目な男の子が、手を大きく開いて「べー!」と言っております。

思わずにんまりしてしまう愛らしい表情。

 

歩くと出くわすユニークな提灯。

 

「なんでこんな「お化け提灯」があるの?」
と思われた方も多いのでないでしょうか?

 

実はちゃんと理由があるんです!

提灯が飾られている周辺には、高台寺圓徳院というお寺があるんですね。

紅葉の時期にライトアップされる人気のあるお寺です。

 

実は、高台寺では夏にあるイベントが行われるんです。

それが百鬼夜行展」

 

こちらが街に貼られていた百鬼夜行のポスターです。

おぉ、なんともオドロオドロシイ妖怪たちが描かれています!

f:id:kyotoburari:20181217203135j:plain


百鬼夜行展は、思わず背筋が凍りそうな幽霊や鬼の絵画が展示されるイベントです。
丸山応挙の「幽霊画」や、江戸時代の「百鬼夜行絵巻」が見られるチャンスなんです!

 

夏のお化け屋敷と同じで、夏にちょっとヒヤッとしてみませんか?

という季節感のあるイベントとして、密かな人気があるらしい。

ちょっと怖いもの見たさで、行ってみたいかも(笑)


百鬼夜行展の一つとして、街全体でお化け提灯が飾られているんですね。

街全体で盛り上がる、遊び心だと知ってキュンとしてしまいました!

 

お寺と街が一体となって、ひとつのイベントを作るのも京都ならでは。

今回紹介した提灯以外にも、色んな種類のお化け提灯があるみたいです。
京都の街を歩きながら、可愛いお化け提灯を見つけてみて下さいね♪

 

高台寺 圓徳院

住所:京都市東山区高台寺下河原町526番地

百鬼夜行展は、夏に1か月半ほど開催されます。

 日程はHPでご確認くださいませ。

拝観時間:午前10時~午後5時

http://www.kodaiji.com/index.html