京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。四季折々の神社仏閣の楽しみ方から美味しい京都グルメまでご案内!

【ブランピエールでフレンチランチ】ミシュラン店で鴨肉やテリーヌをお得に堪能!

昨日、美食エリアと名高い京都御所南にあるレストラン「ブラン・ピエール」さんへランチに伺いました!

 

ミシュラン京都でビブグルマンを獲得したフレンチの人気店です。美味しいとの噂を聞いて、お腹を空かせて行ってきました♪

 

 

御所南にある可愛いフレンチレストラン『ブラン・ピエール』

 

ブラン・ピエールは地下鉄「丸太町駅」から徒歩10分ほど。繁華街の喧噪から離れた御所南の住宅街にあるレストランです。

 

前に一度予約を試みたものの、満席だったもので今回は再トライ!なんとか13時半からなら、とのことで滑り込めました。やった~f:id:kyotoburari:20180921224744j:plain


木のドアと開けると、お洒落で小さな店内。立派な一枚板が印象的なカウンター。

f:id:kyotoburari:20180921224908j:plain

 

素敵な雰囲気のお店に期待感も高まります。さぁ、ランチコースのメニューをご紹介していきましょう!

 

テリーヌから鴨肉まで!お得で満足度の高いランチコース

 

ランチメニューは2500円と3400円の2種類があります。2500円コースはメイン料理を1品、3400円コースは2品選ぶことができます。

 

私達夫婦は、2500円のコースをチョイス!

 

メインが一品選べるので、私は「鴨肉のソテー(+300円)」を。

まずは前菜の「ミートコロッケ」をパクリ。ごろっとした肉感のあるコロッケ。コロッケ一つにお洒落な演出!す一口、即効食します。

f:id:kyotoburari:20180921224954j:plain


そのあと、パンが2種類も来ましたよ。バターは生ハムを練りこんだ珍しいバター。少しサーモン色で、これまた珍しいなぁなんて言いながら頂く。ほんとだ!しっかり生ハムの香りがする!こんな工夫がおもしろい。

さぁさぁ、前菜の2品目。さんまと茄子のテリーヌ。カボスのソースと、さんまの肝のソースを付けて頂きます。f:id:kyotoburari:20180921225017j:plain

これが美味し~!こういう季節感のある料理は大好物です。焼いたなす少し焦げたような苦みと、爽やかな「さんま」の風味がマッチ。かぼすを付けると酸味でさっぱり。トマトのカプレーゼもいい香り。


さんまの肝もこの苦みがアクセントに♪家だと捨ててしまう部分もプロが料理するとこうなるのか、思わず唸ります。

ここで、サツマイモとバニラビーンズのスープ。秋といえばおイモよねぇ、旬の食べ物は体にもいいよね。幸せ。

f:id:kyotoburari:20180921225039j:plain


そして、メインの鴨肉のソテー。最近鴨ブーム、やたらと鴨鴨言ってる私(笑)その肉厚ぶりと、脂の乗り具合が食指が動きます。

f:id:kyotoburari:20180921225056j:plain

野生みのある鴨のお味、皮がパリッと焼かれていて美味しい。濃い目のソースも鴨に合っています。


食後にコーヒーも提供されて、2500円。

 

季節感のある凝ったお料理でこのお値段なのは、コスパが良いですね。お店ならではの工夫もあり、満足度の高いランチでした!

 

御所南は美味しいランチ激戦区

 

御所南のエリアは美味しいランチのお店が多いですね。

 

今回のブランピエールさんもそうですが、閑静な住宅街にある隠れ家レストランが楽しるエリアです。

 

同じく御所南のフレンチ「ドルチ」もお薦めですよ♪

www.kyotowalk-gourmet.com

 

ブランピエールは若い店員さんが多く、皆さん感じが良くて気持ち良く過ごすことができました。

 

美味しい料理をごちそうさまでした!


ブラン・ピエール  
住所:京都府京都市中京区御幸町夷川上る松本町577

営業:11:30~14:00(L.O)・17:30~21:30(L.O)

http://blanc-pierre.net/