京都ぶらり散歩&グルメ手帖

京都の定番からガイドブックに載らない穴場まで、観光名所やグルメを京都大好きブロガーが発信中!季節のおすすめスポットや寺社の楽しみ方は、MENUから検索!自分らしい旅を楽しもう♪

【平野神社】桜苑や本殿の珍しい桜を現地レポ!60種類咲く「桜の博物館」でお花見

平安時代からお花見の名所として親しまれてきた京都の「平野神社(ひらのじんじゃ)」。桜が見頃を迎え、今日は念願叶って初めて春の平野神社を訪れることに!

 

60種類400本もの桜が植えられた境内は、まさに「桜の博物館!花の香りが立ち込める「桜苑」や境内をゆったり散策しながら、心ゆくまでお花見を楽しむことができました。

 

今日は、そんな桜咲く平野神社の魅力を徹底レポート!平野神社を代表する「平野妹背」など、初めて見るような珍しい種類の桜もご紹介していきます。

 

 

平安時代から愛される桜の名所『平野神社』

 

桜が満開だと聞いて、やって来ました平野神社!遠くから見ても春色に染まる境内が近づくにつれ、心なしか足取りも早くなる私。

 

さぁ、平野神社に到着です。立派なソメイヨシノが鳥居を覆い尽くし、すっかり春爛漫!前回訪れた冬とは違って、何とも華やかな雰囲気です。

f:id:kyotoburari:20210409142531j:plain平安遷都に伴って、794年に桓武天皇によって創建された平野神社。平安時代には貴族がお花見を楽しみ、江戸時代になると庶民にも夜桜が開放され「平野の夜桜」として都を代表するお花見スポットだったそう!

 

青空に映える赤灯篭と桜が、何とも雅やか。令和の時代も、こうしてお花見ができるなんて幸せだなぁ。

f:id:kyotoburari:20210409144649j:plain

色んな品種の桜が植えられているという平野神社。どんな桜に出会えるのか、ドキドキワクワク♪まずは、「桜苑」へとお邪魔しましょう!

 

天空を彩る桜の楽園『桜苑』を散策!

 

平野神社の境内で、全身に桜を浴びたい方にオススメなのが「桜苑」。入場料は500円と有料なのですが、色んな種類の桜に出会える上、空いていてとても良かった!

 

こちらが桜苑の入口。おぉ、何だか今にも桜が溢れ出してきそう!

f:id:kyotoburari:20210413134107j:plain

さぁさぁ、みんな行くよ~!この日は娘の初花見だったのですが、ここにきて号泣。嗚呼、静かに桜と向き合えた日々が懐かしい(笑)桜苑内は砂利ということもあり、受付の方がベビーカーを快く預かってくださいました(ありがとうございます!)。

 

一歩「桜苑」に足を踏み入れると、天空をキラキラと彩る大きな桜がお出迎え!両手を広げ、空一面を覆うダイナミックな桜の眩いこと・・!

f:id:kyotoburari:20210413140754j:plain

すごい、これが平安時代から愛されてきた平野神社の桜かぁ。こりゃ皆、さぞかし春が待ち遠しかっただろうなぁ。時折風に乗ってやってくる菜の花の香りも、何だか心地良かったり。

 

風が吹くと、雪のようにハラハラと舞い散る桜吹雪。思わずポーッと見惚れてしまうほど、儚くも美しい。

f:id:kyotoburari:20210414105455j:plain

娘の顔を見ると、涙にピタッと寄り添う桜の花びらが。春だなぁと感じ入ったのも束の間、必死でご機嫌を取ります(笑)

 

10分もあれば回れてしまう桜苑。菜の花や草が自然に生い茂り、その飾らなさにどこか癒されます。

f:id:kyotoburari:20210413222154j:plain

もちろん、東寺や高台寺といった「景観にこだわり抜いたお寺の桜」も大好きなんですけどね。肩の力を抜いて、のんびり楽しめる平野神社のお花見も良いなぁと思ったり。夜にはライトアップも開催され、これまた幻想的な雰囲気が楽しめそうです。

 

豪華な濃紅色の八重桜『関山』

 

さて、色んな品種の桜に出会えた桜苑。

 

中でも、濃紅色が目を惹いたのが八重桜の「関山(かんざん)」。

f:id:kyotoburari:20210414152705j:plain

幾重にも重なった花びらが豪華ですよねぇ。花びらの数は、何と25枚以上にもなるのだとか!

 

ソメイヨシノが満開なのに対して、まだ蕾も多かった関山。一般的な花見シーズンが過ぎても、しばらく楽しめそうです。

 

清楚で可憐な『大手毬』

 

続いては、ふわっと真っ白な花を咲かせた「大手毬(おおてまり)」。清楚で可憐な雰囲気が、とってもキュート!

f:id:kyotoburari:20210414152501j:plain

60種類もの桜が咲く平野神社。ソメイヨシノかな~と思いきや、実はこんな風に別の種類だったりするから面白い!早咲きから遅咲きまで、一カ月半にわたって桜を楽しめるのも嬉しいですよね♪

 

桜の近くには、種類を示す立札があるので、是非じっくりとお花見を楽しんでみてくださいね。

 

本殿前も桜がいっぱい!例祭で雅楽&神楽を堪能

 

さて、桜苑を後にした我々一行。続いては、お参りをするために本殿へと向かいます。

 

すると・・・えっ!何やらお祭りが行われているじゃありませんか。どうやら運良く「例大祭」の日に訪れたようで、本殿前では雅楽の演奏が行われていました。

f:id:kyotoburari:20210415224054j:plain

雅やかな笛の音が響き渡る境内。心はもう、古の京へとタイムスリップ!こんなタイミングで参拝できるなんて、めっちゃラッキー・・!

 

神事は進み、お神楽の奉納も。桜舞い散る中、鮮やかな装束で舞を踊る女性。母は隣で感激し、観衆も誰一人帰ろうとしません。

f:id:kyotoburari:20210525221830p:plain

この非日常が、京都の日常なんだからすごい。

 

4月10日には「桜花祭」が開催され、時代行列が地域を巡行するそう。何だか想像するだけで楽しそうですよね!これもまたいつか行ってみたいなぁ。

 

本殿を彩る真っ白で大きな『大内山』

 

平野神社の本殿周辺は、まさに桜の楽園。「神前でこんなに沢山の桜に包まれる経験は初めて!」という位、桜が咲き誇っていました!

f:id:kyotoburari:20210420140637j:plain

頭上に咲き乱れるのは、「大内山(おおうちやま)」。とっても大きな桜で、お祭りが一層華やいで見えたのは、この桜のお陰かも。

 

幾重にも重なる真っ白な花びらが美しい。ソメイヨシノに比べて、大きくぼってりとした質感も素敵です。

f:id:kyotoburari:20210420141210j:plain

この桜、ボリュームがあって好きだなぁ。1日でこれだけ色んな桜を眺めていたら、帰る頃には桜博士になれるかも(笑)

 

平野神社発祥の縁結び桜『平野妹背』

 

今回平野神社を訪れるにあたって、一番会いたかった桜が平野神社発祥の「平野妹背(ひらのいもせ)。桜苑にあるのかなと思いきや、本殿に向かって左側で出会うことができました!

 

ひゃ~可愛い!フリルのように、幾重にも重なる濃いピンク色の花びら。ギュッとお花を詰め込んだ丸い蕾も、これまた可愛くて。

f:id:kyotoburari:20210417091620j:plain

「妹背」とは「仲の良い男女・夫婦」のこと。平野妹背は花によって可愛い実を2つ付けることから、その名が付けられたそう。

 

平野神社の「縁結びお守り」のモチーフにもなっている桜なので、参拝の際は是非お守りコーナーも覗いてみてくださいね!

www.kyotowalk-gourmet.com

 

上品で可愛い『衣笠』

 

平野妹背と並んで、平野神社から広まったとされるのが、こちらの「衣笠(きぬがさ)」。淡いピンクの花びらが、上品で可愛いですよねぇ。

f:id:kyotoburari:20210420102924j:plain

一見ソメイヨシノにそっくりなのですが、葉が花と同じタイミングで出てくる点が違うかな?

 

って私、桜にどんどん詳しくなってる・・!これは、今までの花見で感じたことのない喜びかも(笑)いやはや平野神社、恐るべし。

 

まるで雲のように咲く『白雲』

 

本殿の内側からは、もくもくと雲のように咲く桜が!その名も「白雲(しらくも)」。f:id:kyotoburari:20210417085848j:plain

おぉ、なんて納得感のあるネーミングなんでしょう(笑)

 

提灯と相まって、何とも雅やかな雰囲気。夜は提灯に灯りが灯るのかな?平野の夜桜、またいつか来れると良いなぁ。

 

圧倒的な存在感『八重紅枝垂』

 

本殿脇では、大きな「八重紅枝垂」にも遭遇!シャワーのように降り注ぐ姿が、何とも神々しい。

f:id:kyotoburari:20210420221047j:plain

こんな立派な枝垂れ桜に出会えるなんて感動!まさに主役級の存在感。傘の中に入ると、まるで桜にくるまれたような幸せな気分に♪

 

支柱でしっかりと支えられ、とても大切にされていました。平野神社を訪れたら、是非出会って欲しい1本です(見頃は4月中旬)。

 

高貴さ漂う『朱雀』『楊貴妃』

 

境内を歩いていると、時折面白い名前の桜に出会うことも。

 

例えば、こちらの「朱雀(すざく)」。控えめで小さな薄紅色の花びらが、高貴なお名前にぴったり!

f:id:kyotoburari:20210420230443j:plain

かつて京都の朱雀にあったことから、その名が付けられたそう。長い小花柄が優雅で、何ともリッチな印象です。

 

こちらの桜は、「楊貴妃(ようきひ)」。よ、楊貴妃ってあの世界三大美人の・・!?

f:id:kyotoburari:20210421155635j:plain

その気高さゆえ、うまくピントを合わせられず(笑)とはいえイメージとは違って、ふんわり大きなピンクのフリルが、とても可愛い桜でした♪

 

本殿周辺には、まだまだ色んな桜が咲いていました!境内を散策しながら、自分のお気に入りの桜を探してみるのも面白いですね。

 

緑色の桜『御衣黄桜』『鬱金』にも遭遇!

 

平野神社では、ちょっと珍しい緑色の桜が見られるのをご存知ですか?私も散策中に2種類のグリーン桜に出会ってしまいました!

 

まずはこちら、「御衣黄桜(ぎょいこうざくら)」。おぉぉ、確かに緑だ!

f:id:kyotoburari:20210422162601j:plain

とても珍しい品種で、見頃は4月下旬と遅咲きなのですが、数輪が開花していました。満開時には紅色の縦線が入るのだそう。

 

柔らかなグリーンが、とっても素敵。遅咲きの桜なので、他の桜が舞い散る頃にも楽しめるのが魅力ですね。

 

続いて出会った緑の桜が、こちらの「鬱金(うこん)」。淡いグリーンと白の縞模様がお洒落な桜です。

f:id:kyotoburari:20210422162735j:plain

ウコンを使って染めた色に似ていることから、「鬱金」と名付けられたのだとか。見頃は4月中旬と、御衣黄桜より少し早め。今年は私が訪れた4月上旬でも、沢山の花が咲いていました。(2020年は特に早かったです!)

 

緑の桜まで見られるとは、さすが桜の博物館「平野神社」。何だか、桜に関してちょっと通になれた気分(笑)平野神社を訪れた際は、こんな緑の桜にも注目してみてくださいね!

 

西大路参道のソメイヨシノも満開に♪

 

桜苑のお隣(西大路参道)には、今が見頃のソメイヨシノ並木が!なんて綺麗なの~。皆さん写真を撮ったり、空を見上げてニコニコ笑顔。

f:id:kyotoburari:20210423140849j:plain

桜苑は有料ですが、こちらは無料で楽しめるとあって多くの人で賑わっていました。

 

一見桜苑と似ていますが、こちらはソメイヨシノが中心。色んな品種の桜をのんびり楽しみたい方は、桜苑にも足を運んでみてくださいね!(もちろん、本殿や境内でも相当な種類の桜を楽しめますよ♪)

 

帰りがけ。ふと横を見ると、京都の花見のスタートを飾る枝垂れ桜「魁桜(さきがけざくら)」の姿が。

 

f:id:kyotoburari:20210423143030j:plain
f:id:kyotoburari:20210423142909j:plain

  

さすがにもう葉桜だよなぁと思っていたら、可憐な花をまだ少し咲かせていて嬉しくなっちゃいました。魁桜も平野神社が発祥。やっぱりこの神社、すごい!

 

お土産に桜羊羹や一輪挿しはいかが?

 

これでもかと言う位、さまざまな桜を堪能した私達。最後は、桜苑の入口にあるお土産コーナーを覗いてみることに!

 

わっ、可愛い~。桜をモチーフにしたキーホルダーストラップがずらり。

f:id:kyotoburari:20210423155728j:plain

中には、ウサギさんや猫ちゃんが付いたものも!

 

こちらは、桜の一輪挿し「お花いけ¥1000。めちゃくちゃ小さな花瓶ながら、ちょこんと生けられた桜が何とも愛おしい♪

f:id:kyotoburari:20210423161253j:plain

桜の花だけを生ける発想はなかったなぁ。この一輪挿し、実はSNSでも話題となった人気商品なんですよ~。

 

で、私達が買ったのがこちら。羊羹「桜便り」でーす!って結局、花より団子かい(笑)

f:id:kyotoburari:20210423143648j:plain

平野神社で祈祷された桜を使用した羊羹は、近所に店を構える「笹屋守栄」さんのもの。おばあちゃんへのお土産に買ったので、喜んでくれると良いなぁ。

 

今回初めて訪れた春の平野神社。今まで知らなかった色んな種類の桜に出会うことができました!私も少しは桜博士になれたかな?(笑)

 

「桜を見る」から「桜を知る」へ。皆さんも、いつもとは一味違うお花見を平野神社で楽しんでみませんか?

 

平野神社

住所:京都市北区平野宮本町1

アクセス

・京都駅からは市バス[205][50]系統「衣笠校前」下車後、徒歩3分

・京福電鉄北野線「北野白梅町」駅 徒歩7分

拝観時間:6:00-17:00 

駐車場:あり

*桜の時期には、屋台や桜コンサートが開催されます。平野神社のHPで情報を確認してみてくださいね!

http://www.hiranojinja.com/