京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。神社仏閣の楽しみ方もご案内!

【藤森神社】紫陽花まつりで梅雨を楽しむ!可愛い紫陽花御朱印もゲット♪

梅雨入りし、ジメジメと蒸し暑い今日この頃。そんな気分を晴れやかにしてくれるのが、6月の救世主「紫陽花(あじさい)」でしょう!

 

今日は雨降る中、京都を代表する紫陽花の名所「藤森神社(ふじのもりじんじゃ)」へと行ってきました!3500株もの紫陽花が咲くという紫陽花苑を堪能しながら、この時期限定という「紫陽花御朱印」もゲットしちゃいましたよ♪

 

それでは早速、現地の様子をお届けしていきます!

 

 

紫陽花の花手水がお出迎え♪藤森神社『紫陽花まつり』

 

「JR藤森駅」から徒歩5分。藤森神社にやってきました!

f:id:kyotoburari:20210619131946j:plain

平安京遷都以前から深草の地に祀られ、勝運や学業成就のご利益でも知られる藤森神社。紫陽花の名所というだけあって、雨だというのに訪れる人の姿もちらほらと。

 

参道を進むと、巨大な馬の像「神馬像」を発見!そう、藤森神社は端午の節句に「駈馬神事」が行われる馬の神社でもあるんです。

f:id:kyotoburari:20210619132619j:plain

競馬関係者や競馬ファンも多く参拝に訪れるそうですよ〜。

 

お馬さんの横には、カラフルな花手水が。なんだ、この大人可愛い配色は・・!めちゃんこ可愛いんですけどーー!

f:id:kyotoburari:20210621111024j:plain

最近、花手水をされる神社さんが増えていますね。SNSを楽しむ人が多い中、新しい神社のトレンドなのかな?見つけるとキュンキュンして、思わずカメラを構えてしまいます。

 

色とりどりの紫陽花が楽しめる!雨降る紫陽花苑をぶらり満喫

 

藤森神社で紫陽花を楽しめる場所は、第一紫陽花苑と第二紫陽花苑の2か所。それぞれ歩いて数分と近く、入園料は300円で両方入ることができますよ。

 

まずは、第一紫陽花苑からお邪魔しましょう!ふふふ、もう紫陽花が見えてますねぇ。

f:id:kyotoburari:20210620000625j:plain

紫陽花苑の中は小さな散策路になっていて、順路に沿って歩いて行きます。 

 

中に入ると、ピンクに青、紫と色とりどりの紫陽花の姿が!

f:id:kyotoburari:20210620001018j:plain

まるでカラフルな水玉模様のように空間を彩る紫陽花。これがポップで可愛いんだなぁ。 

 

藤森神社には「不二の水」と呼ばれる湧き水が湧き出ていて、紫陽花の手入れにはそのお水が使われているそう。栄養たっぷりで、綺麗に色づきそうですよね。

 

ポツポツポツ。雨音を聞きながら、紫陽花を愛でる。「何だか梅雨も良いもんだなぁ!」と思ったり。

f:id:kyotoburari:20210620002528j:plain

雨降る中、可憐に咲く紫陽花に夢中になる私。

 

油断すると、足元をすくわれるのでご注意を!難易度超高めの水たまりが待っています(笑)

f:id:kyotoburari:20210621114145p:plain

大股で歩いたところ、ツルッとすべって危うく転びかけたぜ!へへっ。

 

雨に濡れない休憩所から紫陽花を眺める人の姿も。こんなのんびりした時間も良いものですね。

f:id:kyotoburari:20210620003434j:plain

あっという間に1年が終わる気がする今日この頃。季節の花を見ると、その月をしっかり生きた実感が湧いて何だか安心します(笑)

 

さて、続いては第二紫陽花苑へ!こちらは本殿裏にあるので、お社とコラボする紫陽花を楽しむ事ができます。

f:id:kyotoburari:20210620004626j:plain

ちょっとまだ早かったかな?第一紫陽花苑と比べると、見頃はまだこれからのよう。それでも、雨に濡れて生き生きと輝く紫陽花さんもいて・・

 

こんな清楚な雰囲気をまとった真っ白な紫陽花も!

f:id:kyotoburari:20210620004818j:plain

美しや美しや。雨に紫陽花はよく似合う。

 

一際目を惹く紫色の紫陽花も。花の中に花が咲いてる~♪

f:id:kyotoburari:20210620004848j:plain

あれ、外側の花に見える部分はガクなんだっけ?まぁ、綺麗なものは綺麗なんだー!

 

お洒落な赤い橋も発見。ちょっと北野天満宮のもみじ苑みたい!

f:id:kyotoburari:20210620004724j:plain

参拝者を楽しませてくれる、こんな演出も素敵ですよね♪

 

そして、出口へ。いやぁ、満喫満喫!

f:id:kyotoburari:20210620011803j:plain

桜の季節から紫陽花へ。季節をお花で感じられるなんて、贅沢で幸せなことですね。

 

可愛い『紫陽花御朱印』ゲット!期間限定『紫陽花お守り』も♪

 

紫陽花を満喫した後は、この時期限定だという「紫陽花御朱印¥300」をいただくことに!

 

それがこちら!金粉が施された青色の和紙に「紫陽花宮」と書かれた1枚です。

f:id:kyotoburari:20210621113305j:plain

鮮やかな紫陽花も描かれていて、華やかですよね~。まさに藤森神社で紫陽花を見た記念にぴったりの御朱印です。

 

ちなみに、紫陽花に鶴が描かれた「しおり」もセットでいただけましたよ♪

f:id:kyotoburari:20210621110659j:plain

本に挟んで使わせてもらおうっと!

 

紫陽花御朱印は2種類あって、赤色の台紙に「藤森神社」と書かれたものもありました。是非お好みの方を(もしくは両方!?)チョイスしみてくださいね。

 

また、紫陽花苑開園中にはこんな可愛いお守りも販売されていました!その名も「あじさい鈴守¥500」。

f:id:kyotoburari:20210621112831j:plain

コロンと小さくて、とってもキュート。ストラップになっているので、鞄に付けたりしても良いかも!

 

今回、初めて訪れた藤森神社の紫陽花苑。やっぱり綺麗に咲く花を見ると、ウキウキしちゃいますね。梅雨時期ではありますが、雨の恵みで元気いっぱいの紫陽花を見て、私も明るい気持ちになれました!

 

紫陽花まつりは、6月上旬から一か月間程開催されているので、是非皆さんも足を運んでみてくださいね。

 

藤森神社

住所:京都市伏見区深草鳥居崎町609

アクセス:JR奈良線「JR藤森駅」から徒歩5分

拝観時間:境内自由、授与所9:00~17:00

◎紫陽花まつり◎

・開園期間 6月1日~約1ヶ月間の予定

*2021年の情報ですので、公式HPにて適宜ご確認ください。

・開園時間 9:00~16:00

・入園料  300円(第一・第二紫陽花苑共通券)

http://www.fujinomorijinjya.or.jp/