京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。四季折々の神社仏閣の楽しみ方から美味しい京都グルメまでご案内!

【平安神宮で秋田竿燈まつりに出会う】岡崎でのんびりした休日を過ごす

蔦屋書店で読書をした帰り道。

せっかくなので、すぐ隣にある平安神宮に参拝する事にしました。

 

ご参考まで。蔦屋書店の記事はコチラです♪

www.kyotowalk-gourmet.com

 

平安神宮を訪れると、参道で普段見かけない面白いイベントを発見!

今日は、平安神宮で行われていたイベントをレポートします♪

 

大通りに面する平安神宮

相変わらず大きな応天門(おうてんもん)は、とても迫力があります。
 

f:id:kyotoburari:20180919224217j:plain

門の上には、「應天門」と書かれた額が掛けられていました。

実はこちら、あの有名な弘法大師によって書かれたとされています。

 

弘法大師はこの「應」の字を書いたとき、点をひとつ忘れたんだそう。

慌てて筆を投げて、点をひとつ追加!

 

そんなエピソードから「弘法も筆のあやまり

という諺(ことわざ)が生まれたとされています。

 

門をひとつ取ってみても、エピソードに溢れていますねぇ。


門をくぐって、本殿に参拝して手を合わせます。

境内は運動場のようにとっても広く、運動不足の解消にもなります。

 

参拝をおえると、思わぬものに出会いました!


ドンッドンッという太鼓の音に合わせて

巨大な帆のようなものが目の前に現れました!

f:id:kyotoburari:20180919224420j:plain

迫力ある帆と、平安神宮のシンボル「大鳥居(おおとりい)」のコラボレーション!
大鳥居は高さ24.2mもある日本最大級の鳥居です。

 

大きな帆を男性が・・・顎!?

そう、なんと顎にのせてバランスをとっています!


顎に乗せたと思ったら、次は肩にのせてみたり。

なんだかサーカスみたいで面白い!


たくさんの外国人が物珍しいのか写真をとっています(笑)

 

でもこのお祭りは何なのでしょう?


気になって調べてみると

秋田県で夏に開催される「竿燈まつり」というものだそう。

 

国重要無形民族文化財にも指定されており

病魔や邪気を払う、秋田県の伝統的なお祭りなんですって!

 

この日は、京都で「竿燈まつり」を披露するイベントをしていたそう。

大鳥居とのコラボは、迫力があって美しかったです。


ちょうどいいタイミングで見れてよかった~♪


珍しいものを堪能したあとは

平安神宮前のフリーマーケットをちらっとみて帰宅。
f:id:kyotoburari:20180919224459j:plain

緑のテントの下では、植物やドライフルーツが売られていましたよ。
ちょっと海外の市場みたいで楽しいですね!

 

沢山のお客さんで賑わってました。

平安神宮で過ごした休日。

 

ゆったりした時間を堪能できた素敵な1日でした。

 

平安神宮

住所:京都市左京区岡崎西天王町97

アクセス:地下鉄東西線東山駅」から徒歩10分

拝観時間:6:00~18:00