京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。四季折々の神社仏閣の楽しみ方から美味しい京都グルメまでご案内!

【京都大原三千院の苔絶景】可愛いわらべ地蔵に癒される!青モミジやお守りも♪

雨が降ったら、出かけてみたい場所がありました。雨の日にわざわざ行きたい場所なんてあるの?と思われそうですが、あるんです!

 

それが苔の美しい「三千院

 

恵みの雨で、苔が生き生きと輝く瞬間が見たい!と小雨降る中、張り切って行ってまいりました!

 

今日は、癒しのの世界が広がる美しい三千院をレポートします♪

 

 

大原の豊かな自然の中に佇む『三千院』

 

三千院は、大原の山奥にある歴史あるお寺。最澄により延暦年間(782‐806)に開基された天台宗を代表する門跡寺院です。

 

三千院は当初比叡山の中にありましたが、その後移転を繰り返し、明治維新後にようやく現在の大原の地に移ったそうです。

 

大原の山奥にあるので、自然がとっても豊か。青々とした木々に囲まれながらの散策は、ものすごく癒される!自然の中で過ごしてる~って感じでリフレッシュ効果絶大です。

f:id:kyotoburari:20181125153037j:plain

アクセスは、市内から少し離れた場所にあるので車がおすすめ。バスを利用される場合は、京都駅から1時間ほど。「大原バス停」で下車し、徒歩10分で到着しますよ♪

 

参道に優しく降り注ぐモミジシャワー。9月の終わり頃に訪れたのですが、青モミジがとっても綺麗!秋の紅葉も綺麗なんだろうなぁ。自然の香りも何だか心地よい!

f:id:kyotoburari:20181125153444j:plain

参道横にはうどん屋さんや、お土産屋さんが並んでいました!三千院近隣にはランチできる飲食店が少ないので、こちらでランチを食べられるのは嬉しいですね。

 

しばらく歩いて、三千院の玄関口・御殿門(ごてんもん)に到着!高い石垣に囲まれて、城門を思わせる立派な造りです。

f:id:kyotoburari:20181125153812j:plain

 

受付でチケットを買って、靴を脱いで三千院の中に入ります。雨のせいか、台風のせいか、人が少ない・・!これはゆったり寛げるかも!

 

魅惑の池泉観賞式庭園『聚碧園』

 

まずは客殿へ向かいます。

 

すると、こんもり可愛い植栽が広がる庭園が目の前に広がっていました!池泉観賞式庭園である「聚碧園(しゅうへきえん)」です。

f:id:kyotoburari:20181125154712j:plain

丸みが何とも可愛い木々!緑の淡い色合いも優しげで、柔らかい印象の庭園です。その近くには、ひょうたん型が珍しい小さな池もあり、山畔を利用した上下二段式の庭園が楽しめます。

 

ピンク色に咲いた可憐なお花も発見!可愛いなぁ。自分のお気に入りの景色を見つけて、軒下に座ってのんびり庭園を鑑賞を楽しみましょう♪

f:id:kyotoburari:20181125155638j:plain

庭園の正面にはお茶席もあり、庭園を眺めながらお抹茶を頂くこともできますよ。

 

こんな撮影スポットもありました。窓枠の形がお洒落で可愛い!銀閣寺や永観堂にもこんな窓があったような?

f:id:kyotoburari:20181125160136j:plain

窓の前で、座禅を組み手を合わせて1枚撮って遊んでみました(笑) 

 

一面が苔の世界!究極に癒される苔絶景

 

庭園を楽しんだあとは、宸殿に向かいます。秘仏である薬師瑠璃光如来様がいらっしゃるので、ありがたく手を合わせました。

 

宸殿を出ようとした時、そこにはまさに絶景が!!追い求めてきた苔の世界です!一面に広がるグリーンの苔絨毯。

f:id:kyotoburari:20181125161025j:plain

何ということでしょう!あまりの美しさに一瞬息をのみました。

 

体全体を苔と木々の緑に包まれる時間の贅沢なこと!雨なこともあって、苔もめちゃくちゃ生き生きしている。深呼吸して綺麗な空気を吸い込んでみたり。

 

雨で人も少なくて、自分だけの時間を大満喫・・ありがとう苔!ビバ三千院!たぶん今、日本で一番苔を楽しんでいる人間だ!

 

雨に濡れて艶やかに輝くモミジと苔。たまらぬ美しさ。

f:id:kyotoburari:20181125161324j:plain

三千院に来て、本当に良かった!人を癒してくれる素晴らしいお寺です。

 

往生極楽院の可愛いすぎる『わらべ地蔵』

 

続いて、往生極楽院に向かいます。こちらでは阿弥陀三尊像に手を合わせます。

f:id:kyotoburari:20181125160906j:plain

お坊さんのお話によると、近年の台風で木々が倒木してしまったそう。でもこれだけ美しい庭園を保たれていて、頭が下がります。

 

さぁ、いよいよ三千院でどうしても見たかったもの!わらべ地蔵さんと初対面を果たす時がやってまいりました。

 

出会いは突然に・・い、い、いらっしゃる~!!波打つ苔に寝そべって、微笑むお地蔵さま。なんて愛らしいんでしょう!

f:id:kyotoburari:20181125162440j:plain

 

ちょっと近づいてみます。頬に手を付きながら、優しく微笑んでいます!なんだか見ているとこちらまで幸せになれます。

f:id:kyotoburari:20181125162809j:plain

目をつぶって、何か考えてるのかな?「今日の夜なに食べようかな。」とか?いかん、それはいつもの私だ!おかしな脳内大喜利が始まったので、名残惜しいですが次の場所へ移動しましょう。

 

金色不動堂から観音堂!金箔茶でひと休み

 

金色不動堂は比較的新しいお堂。秘仏金色不動明王をご本尊とされています。

f:id:kyotoburari:20181125163428j:plain

 

お堂の中には、彩り鮮やかな「福守」というお守りも♪カラフルでちょっと膨らんだ形も可愛い!

f:id:kyotoburari:20181125163639j:plain

 

近くの休憩所には、金色不動明王でご祈祷されたお茶を頂けます。金箔が浮いた「しそ」の香りのお茶。シソのキュッとした酸味とともに、冷えた体が温まります。

f:id:kyotoburari:20181125164348j:plain

 

観音堂でも手を合わせてきました。これで、三千院をすべてコンプリート!結構境内は広くてびっくり。

f:id:kyotoburari:20181125164831j:plain

もこもこの苔と可愛いお地蔵様に癒されて、明日からまた頑張れそう! 

 

三千院は、雨の日にもおすすめです

 

三千院では、緑豊かな自然の中でマイナスイオンをたっぷり浴びることができました!

 

しかも雨だったので、苔が生き生きとグリーンに輝いてとっても綺麗!人も少なくて、ゆったり散策を楽しめました。

 

京都には観光地が沢山ありますが、自然の中でのんびり過ごしたい方には三千院がお勧めです!心身ともに癒されて、リフレッシュしてみてくださいね♪

 

 

三千院

住所:京都市左京区大原来迎院町540

拝観料:700円

アクセス:

車の方は、周辺に民間駐車場が沢山あります。

電車・バスの利用はこちら公式HPを参考ください。

http://www.sanzenin.or.jp/access/

公開:3月~12月7日 8:30~17:00
公開:12月8日~2月 9:00~16:30