京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。神社仏閣の楽しみ方もご案内!

【圓光寺】青もみじと苔の「緑の世界」に癒される!新緑香る初夏のぶらり散歩

初夏の太陽が眩しい今日この頃。今日は、新緑香る「圓光寺(えんこうじ)」へ青もみじを楽しみに行ってきました!

 

風にそよぎ、お日様でキラキラ輝く青もみじは、それはもう美しくて。青もみじと苔に染まる庭園を眺めながら、のんびり穏やかな時間を過ごしてきました。

 

初夏だからこそ出会える心洗われる風景。今回は、そんな新緑美しい圓光寺の魅力をたっぷりとお届けしていきます!

 

 

初夏の新緑美しい『圓光寺』へ!

 

さぁ、圓光寺にやってきました!

 

まさに梅雨の晴れ間、照り付ける太陽も何だか嬉しい朝です。

f:id:kyotoburari:20210703163916j:plain

圓光寺は慶長6年(1601年)に、徳川家康が開いた学校がその始まり。現在は臨済宗南禅寺派の寺院ですが、どこか文化の香りが残る風光明媚なお寺です。

 

6月とあって、可愛らしい紫陽花が咲いていました♪

f:id:kyotoburari:20210703164251j:plain

いつもは紅葉の時期に訪れる圓光寺。「紅葉の名所ならば、青もみじも絶対に綺麗なはず!」と思って、一度この時期に訪れてみたかったのです。

 

拝観料¥500を支払って、境内へ。青々とした木々が初夏全開!この陽気につられて、自然と心も明るくなりますね。私も笑顔全開です(笑)

f:id:kyotoburari:20210703170215j:plain

秋は大勢の人で賑わう圓光寺ですが、初夏は人もまばら。ゆったりお参りするには、最適のタイミングです。

 

石畳の階段を上がると、枯山水「奔龍庭(ほんりゅうてい)」に到着です。不思議な石組ですが、これは何を表していると思いますか?

f:id:kyotoburari:20210703170901j:plain

実はこの石組、天空を自在に奔る「龍」を表現しているそう。なるほど、この白砂が「雲海」というわけですね。そう言われると、雲間をうねうねと躍動する龍に見えて・・きた~!

 

一瞬だけ「海苔巻き」に見えてしまったというのは、ここだけの秘密・・(笑)

 

青もみじと苔の『緑の世界』に癒される!坐して眺める庭園美

 

さぁ、いよいよ「青もみじの園」へ突入です!

 

うわぁ、やっぱり初夏も素晴らしかった!苔や木々が生命力に満ち溢れ、みずみずしく輝いています。

f:id:kyotoburari:20210704231845j:plain

突如現れた別世界に浮足立ちながら、左手に見える本堂の中へ。ここから眺めるお庭が、もう最高なんです。

その景色がこちら!光で輝く青もみじに、一面の苔絨毯。もう嘘みたいに美しいグリーンの世界。

f:id:kyotoburari:20210704235057j:plain

柱や鴨居を額縁に見立てて絵画のように楽しむのが、圓光寺流。風でそよそよ青もみじが揺れる様は、ずっと眺めていたい程に美しい。

十牛之庭(じゅうぎゅうのにわ)」と呼ばれるこの庭園は、牛を追う牧童が禅の悟りに至る過程を表した「十牛図」から来ているもので、石を牛に見立てているそう。

 

新緑の匂いに包まれながら、畳に座ってのんびり庭園観賞。鳥が囀り、水は流れ、葉のそよぐ音と共に、穏やかな時間が流れます。

f:id:kyotoburari:20210705002152j:plain

この何をするでもなく、庭園をぼ~っと眺める時間が無心になれるというか、心がサァーッと洗われるかのよう。心を潤すこんな時間も大切ですよね。

 

他の参拝客の方も、しばらくの間、うっとりと庭園を眺めておられました。本当にその場を離れるのが惜しくなるくらい、素晴らしい景色でしたよ~。

 

(ご参考)秋の十牛之庭の様子がこちら!彩り豊かな紅葉がこれまた美しい。

www.kyotowalk-gourmet.com

 

お地蔵さんにご挨拶♪青もみじ輝く庭園を散策

 

本堂からの眺めを楽しんだ後は、庭園散策へ。

f:id:kyotoburari:20210705174850j:plain

圓光寺と言えば、楓が美しいのはもちろんのこと、このサルスベリの木がすごく良いんですよねぇ。滑やかな見た目に反して、節くれだった幹が何とも味わいがあります。

梅雨の晴れ間とあって、青もみじも元気いっぱい!楓の木漏れ日が、苔を明るく照らします。

f:id:kyotoburari:20210705174652j:plain

綺麗だなぁ。目にも優しい癒しのグリーン。心も自然と穏やかになりますね。

 

ちょっと目線を下に向けると・・あっ!どなたかいらっしゃる。

f:id:kyotoburari:20210705180345j:plain

ふふふ、お気づきになりましたか・・?

 

そう、お地蔵さんがいらっしゃいました♪頬に手を当て、にっこり微笑むお地蔵さん。愛嬌たっぷりで可愛いですねぇ。

f:id:kyotoburari:20210706132931j:plain

ふかふかの苔に包まれて、何だか嬉しそう。

 

十牛之庭には池もあり、その周りを歩いて散策を楽しみます。

f:id:kyotoburari:20210706133833j:plain

いつも感じるのですが、圓光寺の楓は葉が大きくてとても綺麗。それだけに、紅葉はもちろん、青もみじも見応えがあります。

 

あ、カタツムリを発見!雨上がりだから、ひょっこり出てきたのかな?

f:id:kyotoburari:20210706134950j:plain

まだ小さな赤ちゃんカタツムリ。梅雨らしい出会いに嬉しくなってしまいました。

 

本堂の横には、水琴窟も。縁が広い盃型の手水鉢は珍しく、「圓光寺型」として親しまれているそう。

f:id:kyotoburari:20210706135306j:plain

暑くなるこれからの季節、カランッと響く涼し気な音に癒されてみてくださいね。

 

京都市街を一望!円山応挙が愛した竹林を仰ぐ

 

圓光寺には、こんな素敵な竹林もあって。円山応挙がよく訪れていたことから、「応挙竹林」と呼ばれているそう。

f:id:kyotoburari:20210707135322j:plain

すくっと空高く伸びた爽やかな竹。何だかこちらまでしゅっと背筋が伸びるかのよう。

 

竹林を通って、見晴らしの良い場所へ。わぁ、もう夏空ですね~!瓦屋根の向こうには、京の町並みが。美しい山並みも見渡せます。

f:id:kyotoburari:20210707140111j:plain

階段をちょっと登るとあって、ここまで来る人は少ないのですが、頑張って登るとこんな京都らしい風景を楽しめますよ♪

 

散策を楽しんだ帰り道、お堂にずらりと並べられた座布団を発見!なんと圓光寺では、毎週日曜の早朝に一般向けの座禅会が開かれているそう。

f:id:kyotoburari:20210707141342j:plain

うわぁ、これは行ってみたい!こんな素敵なお寺で朝から座禅が組めるなんて、最高じゃん・・。また1つ、圓光寺でしたいことが増えました(笑)

静寂の圓光寺で心癒すひとときを♪

 

一度訪れてみたかった青もみじの圓光寺は、忙しない日々をそっと癒してくれるオアシスのような場所でした。秋と違って、人が少ないのも落ち着けて良いですね。

 

「ちょっと最近疲れてるな。癒されたい!」という方には、是非訪れて欲しいお寺です。日々の喧騒から離れ、青もみじと苔の庭園に心癒されてみませんか?

 

圓光寺

住所:京都市左京区一乗寺小谷町十三番地

アクセス:

①市バス5系統「一乗寺下り松」から徒歩10分

②叡山電鉄「一乗寺駅」から徒歩15分

拝観時間:9:00~17:00

拝観料:大人¥500、高・中 ¥400、小¥300

駐車場:有り(無料)

http://www.enkouji.jp/