京都ぶらり散歩&グルメ手帖

京都マニアが定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。四季折々の神社仏閣の楽しみ方から美味しい京都グルメまでご案内!

【圓光寺の額縁庭園から眺める雅な紅葉】可愛いお地蔵さんと敷きもみじにほっこり♪

先週末、午前中は東福寺雲龍院の紅葉を楽しんで

午後に向かったのが圓光寺(えんこうじ)

 

初めて紅葉の圓光寺を訪れたとき

「こんなに色彩美に溢れた美しいお庭があるなんて!」

と感動したことが忘れられず、今年も行ってきました。

f:id:kyotoburari:20181206193433j:plain

圓光寺徳川家康によって建立された学校がはじまりです。

 

中に入るとまずは、枯山水の庭園「奔龍庭」がお出迎え。

白砂を雲海に見立て、空を泳ぐ龍を石組みで表現しているそう。

f:id:kyotoburari:20181206193828j:plain

そびえ立つ石柱は稲妻を表現。

枯山水の物語を感じてしみじみするとき。大人になったなぁ(笑)

 

さぁ、枯山水の奥にある「紅葉の園」に突入です!

 

・・・ズキュン!足を踏み入れると、一瞬で心を奪われる美しさ。

自然でしか表現できないでしょう。見事なグラデーション!

f:id:kyotoburari:20181206194540j:plain

上も下も色彩の宝庫。

左の幹のうねり具合も、最高にかっこいい

 

やっぱり来てよかった~なんて改めて実感。

靴をぬいで、お堂に入ります。

 

そう、お待ちかね額縁庭園「十牛之庭」です。

柱を額に見立てる庭園の楽しみ方。ちょっと離れた場所から鑑賞します。

少し落葉していますが、それが敷紅葉となってすごく綺麗!

f:id:kyotoburari:20181206195122j:plain

思わず正座をして鑑賞してしまいました。

参拝客も横一列に並んで、静かに思い思いに庭園を鑑賞しています。

 

圓光寺は池泉回遊式庭園なので、のんびり周辺を散策します。

敷きもみじの圧巻の迫力。四季の移り変わりを堪能できるお寺です。

f:id:kyotoburari:20181206200219j:plain

 

すごく意外ですが、竹林も楽しめました!

小さな嵐山の世界も味わえるお得感(笑)

f:id:kyotoburari:20181206200538j:plain

 

上を見上げると、星のように降り注いでいます。

f:id:kyotoburari:20181206200646j:plain

 

とっても可愛いお地蔵さま発見♪赤いモミジと一緒に一枚。

「うふふっ」とほほ笑む愛らしさに、こっちまで笑顔に。

f:id:kyotoburari:20181206200737j:plain

帰ってきてから、ことあるごとにこの写真を見てます。

見てるだけで、幸せ~になれる。そんなお地蔵さま。

 

その一方、こんな子も発見!非常に俗っぽく、親しみがもてます(笑)

f:id:kyotoburari:20181206201028j:plain

先のお地蔵様は女の子が皆写真を撮っていたのに、この子は誰も気づかず・・

安心してね、しっかり写真におさめたよ(笑)

 

情緒あふれる「水琴窟」

一滴一滴の澄んだ音色を楽しめます。風流だなぁ。

f:id:kyotoburari:20181206201634j:plain

 

圓光寺は上まで登ると、京都の街並みが見渡せます。

上から見下ろすと、赤く木々が染まるお寺が素敵。

f:id:kyotoburari:20181206201421j:plain

 

日曜には座禅会をしているとのこと。

四季の移ろいを感じに、また訪れたいと思う素晴らしいお寺です。

 

圓光寺

住所:京都市左京区一乗寺小谷町十三番地

アクセス:

①市バス 5系統一乗寺下り松下車 徒歩10分

叡山電鉄/叡山線 一乗寺下車 徒歩15分

早朝の紅葉特別拝観あり

駐車場:(30台)有り

拝観時間:午前9時~午後5時

拝観料:大人 ¥500 高・中 ¥400 小 ¥300

http://www.enkouji.jp/