京都ぶらり散歩&グルメ手帖

京都の定番からガイドブックに載らない穴場まで、観光名所やグルメを京都大好きブロガーが発信中!季節のおすすめスポットや寺社の楽しみ方は、MENUから検索!自分らしい旅を楽しもう♪

【圓光寺】紅葉彩る極上の額縁庭園!可愛いお地蔵さんに竹林まで見所散策

京都の数ある紅葉名所の中でも、色彩豊かな額縁庭園を楽しめる圓光寺(えんこうじ)」。

 

数年前の秋。まるで絵画のように鮮やかに染まる庭園「十牛之庭」を眺め、そのあまりの美しさに感銘を受けた私。その感動が忘れられず、今年ふたたび行ってきました!いやぁ、苔庭を彩る紅葉グラデーション。もうお見事!

 

今回は圓光寺の秋の魅力をはじめ、歴史やマスコット的人気を誇るお地蔵様まで、見どころをたっぷりお届けします♪

 

 

圓光寺の歴史

 

圓光寺は、叡山電鉄「一乗寺」駅から徒歩15分。詩仙堂にも程近く、京都の穴場的紅葉スポットです。

 

さぁ、圓光寺に到着しました!おっ、いい感じに色づいてます。

f:id:kyotoburari:20181206193433j:plain

圓光寺は、1601年(慶長6年)に徳川家康が閑室元佶(かんしつげんきつ)を招き、伏見に開いた洛陽学校がその始まりとされています。

 

僧俗を問わず入学を許し、その開かれた校風から沢山の学僧、絵師、文人を育み、日本文化の発展に大きく貢献してきたそう。

 

1667年(寛文7年)に現在の一乗寺に移転。明治維新以降は、尼寺の修行道場として栄えてきました。今では訪れる多くの人に、その庭園の美しさを伝えています。

 

龍が泳ぐ個性的な枯山水庭園『奔龍庭』

 

境内に入るとまずは、枯山水の庭園「奔龍庭(ほんりゅうてい)」がお出迎え!

 

白砂を雲海に見立て、空を泳ぐ龍を石組みで表現しているそうウネウネした石組みと水の波紋のような模様が個性的。何だか惹き込まれるなぁ。

f:id:kyotoburari:20181206193828j:plain

ニョキっと立ち上がった石柱は、稲妻を表現しているそうで。稲妻を駆け抜ける龍!格好良いですねぇ。そんな物語を感じながら、庭園の周りをグルグル。

 

とはいえ、こちらはまだまだ入口。枯山水庭園の奥にある「紅葉の園」に向かいましょう!

 

究極の絶景!額縁庭園『十牛之庭』の紅葉グラデーション

 

・・・ズキュン!

 

十牛之庭(じゅうぎゅうのにわ)」に足を踏み入れると、一瞬で心を奪う紅葉絶景が!自然にしか表現できない見事なグラデーションが素晴らしい。

f:id:kyotoburari:20181206194540j:plain

モミジの繊細な紅葉グラデーションと苔の緑。まさに色彩の宝庫。左の幹のうねり具合も、最高にカッコいい。

 

やっぱり来てよかった~!改めて実感。お堂の中で座って眺めるべく、靴を脱いで中へ。

 

こちらが圓光寺で最高の紅葉の楽しみ方「額縁庭園」。自然の風景を柱という額に入れ、絵画のように楽しみます。もう雰囲気最高。しかも粋!

f:id:kyotoburari:20181206195122j:plain

額に入れることで、まとまりが生まれ美しさも増したよう。鳥が飛んできたり、風で木がそよいだり、そんな変わりゆく表情に心動かされます

 

足立美術館も、こんな手法で庭園を楽しめるのを思い出しました。「芸術は自然の中にあり」ということなのでしょうか。いやはや、日本人の美意識を改めて誇りに思う瞬間です。

 

参拝客の皆さんも、畳に横一列で座り、静かに美しき庭園に見入っていましたよ♪

 

圓光寺は池泉回遊式庭園なので、歩きながらお寺を散策することができます。

f:id:kyotoburari:20181206200219j:plain

敷きもみじが圧巻の迫力!四季の移り変わりをしっかり堪能できるお寺ですね。

 

すごく意外ですが、竹林も楽しめました!

f:id:kyotoburari:20181206200538j:plain

小さな嵐山の世界も味わえるお得感(笑)竹は秋でも青々していました。

 

紅葉したモミジが星空のように降り注ぐ秋。綺麗だなぁ。

f:id:kyotoburari:20181206200646j:plain

ちょっと一息、深呼吸。あ〜気持ちが良い!

 

紅葉に染まる可愛いお地蔵様に癒される♪

 

境内を歩いていると、可愛いお地蔵さまを発見!「うふふっ」と微笑む愛らしさに、思わずこちらも笑顔に♪

f:id:kyotoburari:20181206200737j:plain

秋色に染まったモミジが色彩を添え、フォトジェニックで可愛い写真が撮れるから楽しい!皆さんも是非、愛嬌たっぷりのお地蔵様を探してみて下さいね。

 

そんな私ですが、帰宅してからというもの、ことあるごとにわらべ地蔵様の写真を見て癒されています(笑)。何だか幸せな気分になれるんですよね~。

 

その一方、ゴロンと寝転んだこんな子も発見!非常に俗っぽく、親しみやすくてグッド(笑)

f:id:kyotoburari:20181206201028j:plain

先のお地蔵様は、女の子が皆写真を撮っていたのに、この子は誰にも気づかれず。安心してね、私がしかと写真に収めたよ!

 

こちらは「水琴窟」。一滴一滴の澄んだ音色が素敵!水面に浮かぶモミジも風流だなぁ。

f:id:kyotoburari:20181206201634j:plain

お寺もさまざまな工夫をされているんですね。境内には、至る所に小さな秋が広がっていました。

 

圓光寺の秋は最高に美しかった!

 

圓光寺は山の上まで登ることができ、京都の街並みを一望できるのも魅力。

 

紅葉した木々に囲まれ、お寺も秋色に。景観を意識した街づくりのため、高層ビルが少ないのも京都らしい!

f:id:kyotoburari:20191005081629j:plain

実はこの景色、2019年秋のJR東海「そうだ京都、行こう」のCMで、「夕暮れが綺麗なお寺」としても紹介されているんですよ~。ということで皆さん、夕暮れ時の景色もお見逃しなく!

 

圓光寺は、日曜日に座禅会も開催されているそう。一度参加してみるのも面白いかもしれませんね。

 

いやぁ圓光寺の秋は、もう感動的に美しかったです。やはり何度訪れても、良いもの良い!ですね。また着ちゃいそうだな(笑)

 

皆さんも秋の京都は是非、圓光寺に足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

(ご参考)法然院の紅葉もまるで絵画のような美しさです。

www.kyotowalk-gourmet.com

 

圓光寺

住所:京都市左京区一乗寺小谷町十三番地

アクセス:

①市バス5系統「一乗寺下り松」から徒歩10分

②叡山電鉄「一乗寺駅」から徒歩15分

拝観時間:9:00~17:00

拝観料:大人¥500、高・中 ¥400、小¥300

駐車場:有り(無料)

http://www.enkouji.jp/