京都ぶらり散歩&グルメ手帖

京都マニアが定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。四季折々の神社仏閣の楽しみ方から美味しい京都グルメまでご案内!

【貴船神社で神秘的な旅を!】奥宮は超パワースポット!ご神水や「水占いみくじ」も楽しむ!

京都の奥座敷貴船神社

ちょっと遠いけど、一度は訪れたい憧れの場所です。

 

母が貴船神社にずっと行きたかったので、念願の参拝に!

神聖な空気、喧噪を離れた異世界に誘われる場所でした。

 

今回は貴船神社の楽しみ方を、ぐるっとご案内します。

 

■目次

 

いざ貴船神社に出発!

 

貴船神社周辺は、清流が流れ、川床が楽しめる小料理屋が並びます。

空気が澄みきって、気持ちが良いです。

f:id:kyotoburari:20181013074726j:plain

 

貴船神社の神様とご利益

貴船神社高龗神(たかおかみのかみ闇龗神(くらおかみのかみ)という

水」の神様が祀られています。

 

雨を降らせ人々の命を救い、長雨が続くを雨を止ませる神様です。

昔から人々は日照りが続くと雨乞をし、長雨には雨止めの神事が行ってきました。

 

散策しながらも、近くを流れる川、雨水を蓄える山々の姿を見て

改めて「水は万物の命の根源」と感じられる神社です。

f:id:kyotoburari:20181020215704j:plain

 

そして、貴船神社のご利益は「縁結び」「所願成就」「運気隆昌」

特に縁結びは有名で、恋愛のパワースポットでも大人気!

境内には可愛い「えんむすび」のお守りもありました♪

f:id:kyotoburari:20181013095046j:plain

 

貴船神社の「きふね」は、「気生根」とも書かれるのですが、

万物のエネルギーである「気」が生じる根源の場だそう。

 

強力な気が充満するパワースポットなので

縁結びや願い事をすると叶いやすいとされているんですよ!

 

本宮に参拝!赤い灯篭を通り、幻想的な本殿へ

 

貴船神社には、本宮、中宮(結社)、奥宮の3社あります。

参拝する順番は本宮⇒奥宮⇒中宮の順!これを三社詣と云います。

 

まずは、貴船神社本宮に参拝です。

目の前に現れたのが、境内まで続く赤い灯篭。これぞ貴船神社のシンボル!

f:id:kyotoburari:20181013090442j:plain長い石段と赤い灯篭が連なる景色は、圧巻の迫力です。

 

頑張って上りましょう。上りきったあとの景色がこちら。

ふぅ、結構上った~!でもこういう体験も楽しい!

f:id:kyotoburari:20181013090923j:plain

 

境内は緑に包まれています。すぅっと息を吸い込んで、深呼吸。

青もみじが美しい!

f:id:kyotoburari:20181013091421j:plain

 

ご本殿に進みます。薄明りに、ほんのり灯る本殿がゆらゆらと幻想的。

静謐な空気がながれ、パワーが溢れるのが感じられる神社です。

f:id:kyotoburari:20181013091651j:plain

 

貴船神社には「ご神水」が、貴船山からこんこんと湧き出ています。

飲んでみたら、雑味がなくて美味しい!無料で自由に汲むことができます。

f:id:kyotoburari:20181013092123j:plain

神水貴船神社のパワーを充電できた気分♪

本当に色んな場所で、「」を感じられる神社です。

 

 貴船神社でちょっと変わった「水占い」してみませんか?

貴船神社のおみくじはちょっぴりユニーク。

 

まずは売店水占いみくじをゲット!大きめなサイズのこちらです。

結構しっかりした紙触り。

f:id:kyotoburari:20181020205417j:plain

 

これを湧水に浸すと文字を浮き上がってきます。水の神様のいる神社ならでは。

そっと水に浸すと、少しずつ文字が浮き出てきた〜。

f:id:kyotoburari:20181020205648j:plainじわじわ言葉が透けて出てくるこの感じ、なんだか楽しい!

結果は、安定の「中吉」。私、いつも中吉とか末吉なのです。

しかも転居だけ「はやく変えよ」って妙に毒舌!引っ越した方がいいのかな?(笑)

 

おみくじの右側をご覧ください!QRコード付、なんと多言語対応です。

すごい、初めて見ました!最先端ですね。

 

皆でやったら盛り上がること間違いなし!

私は1人だけ引く流れとなり、1人で地味におみくじと向き合いました(笑)

 

貴船神社は絵馬発祥の神社

境内には大きな馬の像があります。実は貴船神社は絵馬発祥の地。

f:id:kyotoburari:20181020205947j:plain

平安時代貴船神社では日照りの時は黒い馬、長雨の時は白い馬を献上していました。それがやがて生馬から、絵馬という「木の板に馬を描き奉納する形」に変化したそう。

 

これが今の「絵馬」の原型になったんですね。

お願い事を絵馬として神社に書き残す、神様が見てくれて力をもらえそう!

神聖な雰囲気そのもの「奥宮」へ

本宮参拝後は、奥宮へ。参道にかかる赤い橋「思ひ川橋」を渡ります。

f:id:kyotoburari:20181020211311j:plain

 

細く長い参道を歩きます。

これが趣がある参道でとても素敵!砂利の音を聞きながら、心が静まります。

f:id:kyotoburari:20181020210419j:plain

 

木の根っこが出てました。生命の力強さを感じます。

f:id:kyotoburari:20181020213421j:plain

奥宮の入口に到着。立派な門構え。f:id:kyotoburari:20181020211536j:plain

 

奥宮に入ると、なんだか神々しい雰囲気で思わず息を呑むほど。

この日は雨だったのですが、より水の神様が感じられ神秘的でとても美しい!

f:id:kyotoburari:20181020211654j:plain母と浄化の雨だよね、なんて話も。写真からもパワーが伝わると嬉しいです。

それくらい、奥宮に立っているだけでパワーチャージできました!

 

奥宮の下には龍穴があり、今も龍が住んでいるとも云われています。

龍穴の伝説として、江戸時代に本殿修理に訪れた大工が龍穴にノミを落とした所、突如突風が吹き荒れて、ノミを巻き上げたという伝説があるそう。

 

そんな伝説も納得してしまうほど、一段上のパワーを感じられる場所でした!

 

本殿横には、「船形岩

f:id:kyotoburari:20181020213716j:plain

 

神武天皇の母・玉依姫命が水の源を求めて黄色い船に乗り、淀川・鴨川を上り源流である貴船川の上流である奥宮の地に至ったという船。石で覆われています。

 

奥宮は「丑の刻参り」でも有名

「丑の刻参り」と聞くと、藁人形を髪の長い女性が打ち付ける、そんなイメージがありますよね?

 

実はかつては「丑の年の丑の月の丑の日の丑の刻」に貴船明神が貴船山に降臨したことから、「丑の刻」に参拝すると願いが叶いやすいとされていました

 

それが、時と共に藁人形の怖い伝説となってしまったよう。

でも実際見ちゃったら、どうしましょう?

そっと逃げるにも砂利の音でバレるから、隠れて終わるのを待つか(妄想)

 

 

この後、中宮へと向かったのですが、この日は台風の影響でなんと封鎖中!

中宮には和泉式部も参拝した縁結びの神様が祀られてます。次はリベンジしたいな。

 

水の神様を存分に感じた旅

 

帰りの参道も滝が流れていたり、とにかく水のイメージが強い神社です。

歩いているだけで、マイナスイオンパワーに癒されます。

f:id:kyotoburari:20181020214722j:plain

 

貴船神社は境内がかなり広いので、所要時間は1時間半ほどかな?

想像以上に神秘的で、エネルギーに溢れた凄い場所でした!

緑や川など自然もたくさん。

街からはちょっと離れるけど、訪れたらハッピーになれる素晴らしい場所です。

最後に、貴船神社へのアクセス

京都駅や中心部からアクセスする場合、京阪「出町柳」駅から乗車しましょう。

■最寄り駅:叡山電車貴船口」駅
  ※貴船口駅下車、京都バスに乗り換え「貴船」下車
  ※貴船口駅から徒歩の場合は約30分(2km)です

■最寄りのバス停:京都バス(33番)「貴船
  ※貴船下車、貴船神社までは徒歩約5分です

 

住所:京都府京都市左京区鞍馬貴船町180

参拝時間: 6:00~20:00

 

是非、水の神様でパワーチャージをしてきてくださいね♪