京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。神社仏閣の楽しみ方もご案内!

【蹴上インクライン】満開の桜の大海原!線路に咲き誇る京都の桜名所

今日は満開のを楽しみに、京都の桜の名所をぐるぐると巡ってきました!

 

各所で桜が満開に咲き誇るなか、蹴上インクライン(げあげいんくらいん)の桜並木に大感動!線路を覆いつくす桜の大海原は、もう驚くほど美しかったです。

 

今日は、今が見頃の蹴上インクラインをレポート!行こうか迷っている方、見に行って損はない絶景お花見スポットですよ♪ 

 

 

京都の桜名所『蹴上インクライン』

 

蹴上インクラインは、かつての琵琶湖疏水の船の通り道。今は廃線となっていますが、全長582メートルにわたり、今も線路が残る趣深い人気の写真スポットです。

 

そしてそして!線路沿い植えられているのが、90本ものソメイヨシノ!この桜達が一斉に開花する春、これがもう息を吞むほど美しいんですね~。

 

それでは、あまりの美しさに涙がちょちょぎれた蹴上インクラインの桜風景を、周辺の桜情報とともにご紹介していきます♪

  

圧巻!線路に咲き誇る桜の大海原

 

今日は平安神宮のお花見を楽しんだ後、哲学の道を通って南禅寺までお散歩。

 

南禅寺山門から眺めた参道も美しかった~。参道に桜がせり出して、まさに春爛漫の雰囲気です♪

f:id:kyotoburari:20190406172113j:plain

着物で散策を楽しむ姿も京都らしくて素敵ですよね。いつか着物で散策したいと思いつつ、つい楽チンな洋服を着ちゃうから憧れるなぁ。

 

蹴上インクラインは、南禅寺から徒歩10分。実は当初、蹴上インクラインに立ち寄る予定はなかったんです。

 

そしたらば、帰りの蹴上駅周辺がすごい賑わいで。天を見上げてみると、ピンクの桜桜桜気付けば疲れた足にむち打って、蹴上インクラインへと駆け上がっていました。

 

さぁ、そこから眺めた景色がこちらです!線路を埋め尽くす満開の桜。これぞ桜の大海原、まれに見る絶景です。

f:id:kyotoburari:20190406200139j:plain

今まさに満開になったばかりのようで、桜も10分咲きでボリューム満点!実際に眺めると、桜の生き生きしたピンク色が際立ってさらに美しいんですよ~。あやうく、こんな絶景を見逃すところでした。

 

これだけの絶景なので、ご覧の通り人も多く混雑してます(笑)もうちょっと人が少なかったら、良い写真が撮れそうだなぁ、なんて思ったり(笑)でも線路と桜のコラボレーション、これは一見の価値アリですよ~。

 

夕日に照らされるソメイヨシノ。いと雅なり。

f:id:kyotoburari:20190406200212j:plain

ずっと眺めていたいと思う美しさ。

 

線路の下には人力車も走っていました。京都らしい風情ある風景です。

f:id:kyotoburari:20190406212923j:plain

歩きまくって、足が痛いから乗せて欲しいな(笑)

 

ちなみに蹴上インクラインのお勧め撮影スポットは、坂を100メートルほど上ったあたり。高低差が36メートルあるので、少し上から撮ると綺麗に撮れますよ♪

 

混雑回避なら早朝がオススメです

 

蹴上インクラインの桜の見頃は、例年4月上旬ごろ。今年は、今がまさに見頃でした!

 

お花見客がワッと思わず感嘆をもらすほど、迫力満点の桜並木が楽しめますよ。蹴上駅からもすぐなので、アクセスも抜群です。

 

最近のインスタ映えブームも手伝って、夕方は沢山の人で大賑わい!少しでも混雑を避けたい方は、早朝に行かれるのがオススメです。是非、美しい桜をゆったりと楽しんでみてくださいね♪ 

 

蹴上インクライン

住所:京都市左京区粟田口山下町~南禅寺草川町

アクセス:地下鉄蹴上駅徒歩3分

拝観時間:終日