京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。神社仏閣の楽しみ方もご案内!

【平安神宮】神苑のしだれ桜満開!左近の桜や桜おみくじまで春満喫♪

平安神宮(へいあんじんぐう)は京都を代表する桜の名所。春になると、庭園「神苑」には可憐なしだれ桜が咲き誇ります。

 

この桜と日本庭園のコラボレーションが、もう夢のような美しさ!今日は平安神宮の桜の見どころから楽しみ方まで、徹底的にお届けします♪

 

 

左近の桜咲く!平安神宮でお花見

 

平安神宮は、地下鉄東山駅から徒歩10分ほど。

 

この大きな鳥居が目印です。鳥居前のソメイヨシノもすっかり満開に!

f:id:kyotoburari:20190320074231j:plain

芝生にシートを敷いて、ピクニックを楽しむ人の姿も。お弁当を食べたり、楽しそう♪

 

平安神宮の入り口・應天門に到着です!朱色の門が美しいですね~。それにしても大きくて迫力があります。

f:id:kyotoburari:20200325132256j:plain

春のお花見シーズンだけあって、周辺は参拝客で大賑わいです。

 

門をくぐって、いざ境内へ。

 

ひ、広~い!敷地はなんと2万坪もあり、まるで野球場のような広さ。

f:id:kyotoburari:20200325140710j:plain

ここで写真にご注目。大極殿から見て左側に、桜が植えられているのが見えますか?

 

ちょっと拡大。こちらは左近の桜と呼ばれるもの。右側には右近の橘も植えられています。

f:id:kyotoburari:20200325132230j:plain

平安神宮は桓武天皇を祀り、平安京を模して社殿が建てられていることから、京都御所と同じように左近の桜、右近の橘が植えられているんですね。

 

近くで眺めてみると、白い花びらが上品で可愛らしいです♪

f:id:kyotoburari:20200325132447j:plain

平安神宮はその美しさから、谷崎潤一郎の「細雪」や川端康成の「古都」の舞台にもなっていることでも有名な神社。

 

それを裏付けるのが、境内にある日本庭園なんですね。それでは早速、庭園にお邪魔しましょう!

 

神苑のしだれ桜天蓋に感動

 

平安神宮の桜の見どころは、何と言っても「神苑(しんえん)」でしょう!

 

敷地1万坪を誇る池泉回遊式庭園で、国の名勝に指定された日本庭園です。

f:id:kyotoburari:20200325132333j:plain

150本ものベニシダレザクラをはじめ、ソメイヨシノやヒガンザクラなど20種類約300本の桜が楽しめます。

 

拝観料600円を支払って、いざ庭園へ。

 

入ってすぐに、ピンクの色濃いしだれ桜が咲き誇っていました!きゃ~めっちゃ綺麗!

f:id:kyotoburari:20190320074154j:plain

この華やかな色をした桜も平安神宮の特徴です。思わず心まで華やぐよう。

 

四方八方桜に囲まれる幸せよ。天蓋のように桜が広がり、まさに春爛漫!

f:id:kyotoburari:20190317111519j:plain

川端康成は小説の中で、この紅しだれ桜を「ああ、今年も京の春に会った」と記しています。また、谷崎潤一郎は「夕空にひろがっている紅の雲」と表現。まさにその通り、なんて鮮やかで美しい雲なんでしょう!

 

やっぱりこの時期は外に出て、春を感じるのが良いですね。嗚呼、改めて桜は見る人を幸せにする魔法のお花だ・・!

 

これぞ日本の美!桜と橋の夢の競演

 

栖鳳池(ほうせいいけ)を中心とした神苑では、松や桜といった素晴らしい日本の庭園美が楽しめます。

 

何を撮っても絵になっちゃうから不思議!池に浮かぶ島が風流だなぁ。f:id:kyotoburari:20190320065827j:plain

古都にタイムスリップしたような気分を味わえるかも。


しだれ桜越しに眺む、東神苑。池に架かる橋と桜の競演が何ともフォトジェニック!私の自慢の1枚です。

f:id:kyotoburari:20190317110856j:plain

こんなふうに撮りたい景色がありすぎて、なかなか前に進めません(笑)それくらい見応えのある庭園なんですね。

 

皆さんもお気に入りスポットを見つけて、素敵な写真を撮ってみてくださいね♪

 

可愛い♪春限定おみくじ『桜みくじ』

 

平安神宮では、春になると「桜みくじ」という限定おみくじが登場します。これがとっても可愛いの!

 

ピンク色が桜みくじ。引いたおみくじは、桜のようにして「結び木」に結びます♪

f:id:kyotoburari:20190320065829j:plain

皆でお花を咲かせていくなんて、お茶目なアイデアですよね〜。濃いピンク色も平安神宮の桜の色をきちんと表現していて、可愛いさ満開です!

 

私が引いたおみくじには、「つぼみふくらむ」と書かれていました。こんな表現も、桜の開花に例えられていて面白いですよね!

 

平安神宮にきたら、一度は引いてみたい貴重なおみくじです。

 

平安神宮の御朱印

 

そして参拝後は、御朱印をいただきました。

 

字が綺麗すぎる~!思わず惚れ惚れ眺めてしまいました。

f:id:kyotoburari:20190512223934j:plain

桜の時期に参拝できたことに感謝ですね。 ありがたや、ありがたや。

 

桜咲く岡崎疎水で遊覧船に乗ろう!

 

ここで、ちょっとおまけ。平安神宮のすぐそばにある岡崎疎水(おかざきそすい)も桜の名所なのをご存じですか?

 

疎水にグッとせり出す桜が見ごたえ抜群!桜の時期には、遊覧船も運行しています。

f:id:kyotoburari:20190317104533j:plain

遠くに見えるのが大文字山。豊かな自然のなかでリラックスしながら、船に揺られてお花見を楽しむのも贅沢ですよね。

 

ちょっとした非日常を味わいたい方にもおすすめですよ♪

 

紅しだれコンサート&ライトアップも♪

 

平安神宮の桜の見頃は、例年3月下旬から4月上旬にかけて。もちろんその年の気候によって左右されるので、随時開花状況をチェックしてみてくださいね。

 

また4月上旬には、神苑の紅しだれ桜がライトアップされ、管弦楽を楽しむ紅シダレコンサート(料金2000円)が開催されます。

 

ライトアップされた夜桜を眺めながら、音楽に酔いしれるのも粋な過ごし方ですよね。一度そんな大人な夜を過ごしてみたいものです♪

 

平安神宮

住所:京都市左京区岡崎西天王町97

アクセス:地下鉄東山駅から徒歩10分

神苑の開園時間:8:30~18:00(入苑は17:30まで)

拝観料(神苑): 大人 600円、子供 300円

駐車場:なし(周辺にコインパーキングあり)

http://www.heianjingu.or.jp/