京都ぶらり散歩&グルメ手帖

京都マニアが定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。四季折々の神社仏閣の楽しみ方から美味しい京都グルメまでご案内!

【京都の老舗「大極園 栖園」の琥珀流し】4月「桜蜜」を坪庭を眺めながら食す

今回は大極園 栖園さんに行ってきました。

桜が入った4月の琥珀流し「桜蜜」を食べたかったのです!

栖園さんは、六角通りにある明治18年創業の老舗の和菓子屋さんです。
のれんの可愛さについつい足が止まります。

f:id:kyotoburari:20180919231015j:plain

 

素敵な暖簾をくぐって、お店を訪問。

店内は落ち着いた和の雰囲気です。

f:id:kyotoburari:20180919231103j:plain


小さな坪庭を眺めながら、甘味を頂けるお席に着席。

ちょっぴり京都気分♪

f:id:kyotoburari:20180919231134j:plain


さて、こちらで頂いたのが、看板メニューの「琥珀流し」
ちょっと欲張って、わらび餅とのセット¥1050を注文です。
この琥珀流しは、毎月お味が変わるんですよ~。

f:id:kyotoburari:20180919231154j:plain


さぁ今回はそう、4月の桜蜜!

見た目が可愛くて、いつか4月に来たいと思っていたのです。
ほんのり甘い寒天に、桜の蜜漬けされたものが入っています。

f:id:kyotoburari:20180919231233j:plain


拡大すると、、、この艶感伝わりますか?
寒天が本当にぷるっぷるで、口の運ぶと幸せが広がる~。

f:id:kyotoburari:20180919231256j:plain


ほんのり桜の香りがして、癒されます。

こうやって五感で季節を感じられるのって、いいですよね。

わらび餅もやわらかくて、美味しかったです。
また別の季節にも来たいなぁ。

季節ごとのお味(琥珀流し)のご紹介
(琥珀流しは4月から12月の限定です)

4月……桜蜜
5月……抹茶小豆
6月……梅酒蜜
7月……ペパーミント
8月……冷やし飴
9月……ぶどう
10月……栗
11月……柿
12月……黒豆

あと、店頭で売られていた玉子ぼうろ。
ついつい、買っちゃいました。

f:id:kyotoburari:20180919231317j:plain


素朴な優しい味で、ばくばく食べちゃいました。
値段も手ごろで、お土産にまとめ買いしている
お客さんもたくさんいましたよ~。


**メモ**
大極殿本舗 甘味処 栖園(せいえん) 
電話 075-221-3311
京都市中京区六角通高倉東入ル南側 「大極殿本舗」六角店内
10:00~17:30LO(お菓子の販売は9:00~19:00)
水曜定休