京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。四季折々の神社仏閣の楽しみ方から美味しい京都グルメまでご案内!

【先斗町駿河屋】ひと口わらびや可愛い和三盆ちどりも!千鳥型最中&サブレも感動の美味しさ♪

この日は鴨川をどりを楽しんだあと、先斗町駿河屋(ぽんとちょうするがや)さんに向かいました。

 

駿河屋さんは、先斗町の花街にある小さな和菓子屋さん。以前からお店の前を通るたび、その存在感ある店構えが気になっていたのです。今回は母に連れられ、初めて訪れることができました!

 

今日は、先斗町駿河屋さんの上品で美味しい和菓子たちをレポートします♪

 

 

 

先斗町駿河屋と鴨川をどり

 

先斗町駿河屋さんは、その名の通り鴨川に寄り添う花街・先斗町に店を構えています。明治時代に創業し、早110年。花街を見守り続ける歴史ある和菓子屋さんです。

f:id:kyotoburari:20190522062740j:plain

 

先斗町と言えば、芸舞妓さんが歌舞練場で踊りを披露する「鴨川をどり」が有名ですよね?なんと駿河屋さんは、その鴨川をどりのお茶席に出すお菓子を代々手がけるお店なんです!

 

先斗町の花街文化に欠かせない京都の和菓子屋さんと知り、ちょっと興奮。早速お店におじゃましてみましょう。

 

駿河屋はちどり型の和菓子が充実!

 

店内にはずらりと和菓子が並び、京都の行事を伝えるポスターが貼られています。

f:id:kyotoburari:20190522062937j:plain

 

さらに、先斗町の舞妓さんのお名前が壁際にずらりと貼られていました!いかにも京都風情溢れる和菓子屋さんです。

f:id:kyotoburari:20190522062856j:plain

 

先斗町の紋章と言えば、「千鳥」ですよね。その由来は鴨川を千鳥が飛びかっていた、とか酔客の千鳥足という説も(笑)夜になると灯る先斗町の千鳥提灯は、何ともいえない京情緒を醸し出します。

 

駿河屋さんには、そんな可愛いちどり型のお菓子がたくさんありました!可愛すぎて、思わず目が♡先斗町でしか出会えない貴重な和菓子を探して、興味津々で店内を物色です。

 

まず見つけたのがこちら「ぽんとちょうもなか」。ちどり型の可愛い最中です。これこれ、こんなお菓子が欲しかった~!ちょっと通な京土産をお探しの方、これはかなりオススメです。

f:id:kyotoburari:20190522063049j:plain

 

お湯を注ぐとおしるこが出来上がる「雪ちどり」も。アイデアが面白いですよね!パッケージも可愛くて、お土産にあげたら喜ばれそうな一品。

f:id:kyotoburari:20190522225312j:plain

 

さらに、駿河屋さんの看板商品「ひと口わらび」。お店のカウンター前に置かれていて、店員さんに欲しい個数を伝えると包んでくれますよ♪

f:id:kyotoburari:20190522063126j:plain

他にも竹に水羊羹を流し込んだ竹露や、竹筒に栗と羊羹を入れた里志ぐれなどもありました。

 

さぁ気になった和菓子をお家に連れて帰って、お楽しみの実食です!

 

滑らかなこし餡を包んだわらび餅「ひと口わらび」

 

まず早速いただいたのが、駿河屋さん一押しのひと口わらび(1コ226円)。その名の通り、一口サイズのわらび餅です。

 

きな粉が神々しく輝いています!丸くて見るからに美味しそう。私は3個入りを購入しました。

f:id:kyotoburari:20190522224512j:plain

 

ちょっと摘まんで、お皿に移動。びっくりするほど柔らかくて、手で持つと表面が凹んでしまいました(笑)

f:id:kyotoburari:20190522224558j:plain

 

贅沢ですが、思い切って一口でパクリ!

 

あぁ・・幸せ!もっちりとした食感のわらび餅。なんと、わらび餅の内側にはこし餡が入っていました!こし餡をわらび餅で包んだイメージです。ちょっと切ってみると、こんな感じ。断面だけで美味しそう。

f:id:kyotoburari:20190522224649j:plain

 

そして、このこし餡がとっても滑らか!もう感動する滑らかさです。餡の甘さがほんのり広がり、口のなかでゆっくり溶けていきます。そして、最後にわらび餅が溶け、一口わらび劇場の完成です!きな粉の香ばしさも良いアクセントになっていました。

 

わらび餅とこし餡を一緒に楽しめるのが駿河屋さんならではですね!お値段は高めですが、この一瞬の幸せのためにまた買いたいと思わせる魅力ある一品です。

 

ひと口わらびは、通販でも購入可能です♪わらび餅が柔らかいうちに是非。

【京の逸品】ひと口わらびの通販

 

千鳥モチーフが可愛すぎる「ぽんとちょうもなか」&「さくさくちどりサブレ」

 

そして、先斗町の紋章・千鳥をモチーフにした最中も!その名も「ぽんとちょうもなか」千鳥が飛んでる~!ちょこんと付いた足が可愛いです。

f:id:kyotoburari:20190522224833j:plain

一口食べると、まるで空気のように軽やかな食感の皮。サクッと言うよりは、ふわっという感じ!最中種の香ばしい風味がたまりません。

 

なかには、優しい甘さの粒餡が入っていました!丹波大納言を使った上質な小豆。後味も爽やかで何個でも食べられそう(笑)

f:id:kyotoburari:20190522224748j:plain

お抹茶を飲みながら、しっかり味わいたい上質な最中でした!

 

そして、こちらは「さくさくちどり」。袋から取り出すと、パカッと2つに分かれました!最中種の中に、米粉サブレが入っているんですよ~!

f:id:kyotoburari:20190523205650j:plain

 

裏返してみると、ほら!最中種にこんがり焼いたサブレクッキーが入っています!

f:id:kyotoburari:20190523205706j:plain

さくっとしたクッキーに、パリッとした軽やかな最中種。美味しい食感のハーモニーを楽しめる最中サブレです!

 

何より最中種が美味しくて、クッキー以上の存在感。さすが和菓子屋さんです!自分へのご褒美に味わって食べたい一品。また絶対買いたいお気に入りになりました♪

 

色鮮やかで可愛らしい「和三盆ちどり」

 

そして、店内を見渡した時に一番目を惹いたのが「和三盆ちどり」。カラフルで見た目にもすごく可愛い!!先斗町のシンボル・千鳥をモチーフにした和三盆のお菓子です。

f:id:kyotoburari:20190522063159j:plain

口のなかですっと溶けるお干菓子です。5色揃って見ているだけで楽しい!

 

店頭では、こんな感じでパッケージされていました。贈り物仕様になっているので、お土産にも最適ですよね♪

f:id:kyotoburari:20190523064144j:plain

何より箱を開けた時、あまりの可愛さに悶絶しそう!

 

京都のちょっと通なお土産にオススメです♪

 

今回ご紹介した駿河屋さんは、京都らしく千鳥をモチーフにした可愛いお菓子の宝庫でした!もちろんお味も美味しくて大満足。

 

定番の京都土産も良いけど、たまにはこんなお土産も素敵ですよね。ちょっと通な感じのお土産に、プレゼントされた人も喜んでくれるはず!

 

是非大切な人のお土産にいかがでしょうか?もちろん私のように自分へのご褒美にも・・(笑)

 

 

先斗町駿河屋

住所:京都府京都市中京区先斗町三条下ル 

電話:075-221-5210

営業:10:00-18:00(火曜定休日)

【京の逸品】ひと口わらびの通販

http://www.pontocho-surugaya.com/