京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。神社仏閣の楽しみ方もご案内!

【山元麺蔵のごぼう天&卵とじうどん】鰹出汁香る!京都岡崎の行列うどん店

京都は岡崎エリア。山元麺蔵さんは、平安神宮や南禅寺を観光した時のランチや夜ご飯にお勧めのうどん専門店です。

 

濃厚な鰹出汁の効いたうどんは連日行列ができるほどの大人気!今日はそんな山元麺蔵の美味しい一杯をいただいてきましたよ~!

 

 

行列のできるうどん専門店『山元麺蔵』

 

山元麺蔵さんは、地下鉄東山駅から徒歩11分。岡崎公園のすぐ横にあり、濃厚な鰹出汁が自慢の人気うどん店です。

 

瓦屋根に簾と渋い外観が素敵!予約ができないので、いつも大行列・・!噂によると1、2時間待ちなんてよくあるらしい。

f:id:kyotoburari:20180919224613j:plain

並ぶのは大変だから、山元麺蔵さんに行ける機会はないだろうと思ってたのです。

 

しかし!この日、17時頃に店の前を通ると、過去最高に行列が短い・・・!

思わず、店員さんに「どれくらい待ちますか?」と聞いたところ、15分位だとの事。1時間待ちが当たり前のお店で、これは奇跡!まだ空腹ピークではないけど、このチャンスを逃すわけにはいかず、急遽予定を変更しうどんを食べることにしました!

 

ねらい目は、早めの夕方だ!

*その後、整理券制度ができたため行列はかなり緩和されたそうです!整理券配布時間は固定ではなく、行列ができ始めたら配るスタイルとの事。

 

濃厚鰹出汁!ふわっふわ『たまごとじうどん』

 

ほんの少し並んだ後、早速店内に案内されました。カウンター席がメインのお店なので、目の前で作る様子を眺められて楽しい!


私はたまごとじうどん、主人はごぼう天うどんを注文。

 

たまごとじって、体に優しそうでつい頼んじゃいます。9月下旬の少し肌寒い時期、温かいおうどんが恋しくなります。

 

こちら私の「たまごとじうどん」。ふわっふわのタマゴが表面を占拠しています。美味しそ~♪

f:id:kyotoburari:20180919224704j:plain

まずは、一口出汁をすすります。おおっ、がっつりと鰹出汁が効いている。

 

薄味なんて言われる関西出汁ですが、山元麺蔵さんの出汁はかなり濃い目。うどんにしっかりとお出汁が絡んで美味しい!行列に若いお客さんが多く並んでいた理由がわかります。

 

ふんわりとじられたタマゴはマイルドで、お腹に優しいお味。鰹出汁とタマゴは、やっぱり合う!最高コラボだと再確認しました(笑)

 

カレー味で食す!人気の『ごぼう天うどん』

 

こちらが「ごぼう天うどん」。あっつあつのシンプルなうどんの横には、たっぷりのごぼう天。

f:id:kyotoburari:20180919224633j:plain

人気のごぼう天は、ササガキになっていました。こちらのごぼう天は、うどんに入れても良し!そのまま味わって食べても良しです。お好みで楽しみましょう!

 

実は、ごぼう天の横にはカレー塩が添えられていました!そう、カレー味でごぼう天を食べるのが山元麺造流!

 

カレー塩を付けて食べてみると、鰹で癒された口の中がピリッとカレー風味に変化し、結構いけます。味の変化を楽しむための箸休めにも良い感じです!

 

山元麺蔵は温かい接客も魅力

 

山元麺蔵さんの素晴らしい所は、温かい接客

 

旦那のうどんが先にきて「おいしそ~」と眺めてたら、店員さんが「お待たせして、すみません」って声をかけてくれたり。

うどんの量が多くて、食べるのに時間がかかっていた私。すると、運び係のお母さんが「量多いでしょ?残しても大丈夫だから無理しないで」と言ってくれたり。(もちろん全部食べました!)

食べに来た人の心を温かくしてくれる接客が、さらにお客さんを呼ぶのでしょう。

 

食事をしたのだけど、大切なことを学んだ気分。こんな素敵なお店なので、また近くに来たら寄ってみたいな。

ちなみに、横は老舗の岡北さん(卵とじうどんが有名)があります。京都らしいうどんを楽しみたい方は、岡北さんのうどんもおすすめですよ♪

 


山元麺蔵
住所:京都府京都市左京区岡崎南御所町34

アクセス:地下鉄東山駅徒歩11分
営業時間: 

月・火・金・土・日・祝11:00~18:00
水11:00~14:30