京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。神社仏閣の楽しみ方もご案内!

【哲学の道】桜トンネルは圧巻の美しさ!春の花々に包まれる極楽時間

いよいよ京都でもの見頃が近づいてきましたね!

 

哲学の道(てつがくのみち)は、春になると桜が咲き誇り、頭上が桜トンネルと化すお花見の一大名所。初めて訪れた時には、その美しさに思わず大興奮!

 

今日は、哲学の道の桜の魅力をたっぷりご紹介していきます♪

 

 

哲学の道で満開の桜を愛でる!

 

哲学の道は、疎水沿いに全長2kmにわたって続く小道。春になると、桜が一帯を覆いつくすロマンチックロードへと姿を変えます

 

そんな春の哲学の道が、こちら!どこを見ても、桜、桜、桜!可憐なピンクの桜に包まれる非日常感にうっとり♪

f:id:kyotoburari:20190319072157j:plain

石畳を歩きながら、さらさら流れる疎水にも癒されます。

 

ちなみに、哲学の道という名前の由来をご存知ですか?

 

それは京都大学の哲学者・西田幾太郎が、かつて思考を巡らせながら、この道を歩いたことに因るそう。そこから「哲学の道」という名前になったんですね。確かにこんな自然豊かな場所で静かに散歩できたなら、普段閃かないアイディアも湧き出てきそうです。

 

桜のトンネルはまるで異世界の美しさ

 

哲学の道を歩いていると、まるで桜の天蓋が私達を包んでくれるような至福の時間を堪能することができます。

 

まさに、ピンク色の桜天井!何だか絵本の中にいるような異世界感にドキドキ。

f:id:kyotoburari:20190319072517j:plain

お花見しながら、疎水沿いをお散歩。この時間、贅沢すぎる~!

 

見事な10分咲きのぼってりぎっしりの桜。ずっとここにいたい!そんな気持ちにさせられます。

f:id:kyotoburari:20190319192730j:plain

哲学の道は、桜の種類もとっても豊富。ソメイヨシノはもちろん、ヤマザクラやしだれ桜まで、いろんな種類の桜に出会うことができます。

 

京都に来たら哲学の道を歩くだけで、その年のお花見に満点が付いちゃうこと間違いなしです。

 

椿やレンギョウも咲いてます♪

 

哲学の道の魅力は、桜の他にも沢山の可愛いお花が咲いていること!

 

まずこちら、黄色いお花がレンギョウです。白いユキヤナギも美しいですね~。

f:id:kyotoburari:20190319072403j:plain

暖かい陽気で一気に開花したのかな?桜をバックに、色とりどりのお花が楽しませてくれます。これぞ春爛漫!


椿の花も咲いていました。まさにお花のパラダイス!

f:id:kyotoburari:20190319072651j:plain

私はもう、この素晴らしい景色に大興奮です。


初めてみるチャーミングなお花も発見。調べたら、ミツマタというお花だそう。ぽっと咲いて華やかな存在感があります。

f:id:kyotoburari:20190319072317j:plain

他にもナンテンの木や、さまざまなお花が咲いていていました。

 

春の哲学の道は、まさにお花の楽園。季節の移ろいを肌で感じることができ、本当に癒されます!毎年来ても飽きない魅力がありますね。

 

哲学の道の桜の見頃について

 

哲学の道の桜の見頃は、例年4月上旬頃。その年にも拠りますが、4月1週目に満開を迎えることが多いでしょうか。

 

ただ暖冬傾向だと、3月末が見頃となる年もあるので、随時開花情報をチェックしてみてくださいね♪

 

これから京都へお花見を検討している皆様。哲学の道では、桜をはじめ色んなお花に出会うことができますよ♪是非ゆったり散策してみてくださいね。

 

(ご参考)哲学の道に来たら、蹴上インクラインの桜も必見です!

www.kyotowalk-gourmet.com

 

哲学の道

住所:京都市左京区

アクセス:市バス「銀閣寺道」下車徒歩すぐ

駐車場:近隣にコインパーキングあり

ライトアップ:なし