京都ぶらり散歩&グルメ手帖

京都マニアが定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。四季折々の神社仏閣の楽しみ方から美味しい京都グルメまでご案内!

【秋の京都お薦め散歩コース】南禅寺水路閣から法然院へ

さて第一弾では、蹴上インクラインから南禅寺をお散歩してきました!

こちらの記事をご参考ください♪

www.kyotowalk-gourmet.com

 

今回はその続き。

南禅寺水路閣から法然院をぶらり散歩していきましょう!

 

南禅寺の山門から少し歩くと、レンガ造りの「水路閣」の登場です。
赤レンガながら、廃墟を彷彿とさせる歴史ある佇まいに目が釘付けに!

f:id:kyotoburari:20180922190536j:plain

重厚感のある水路閣は、絶対に訪れたい場所のひとつ。


こちらの水路閣は、琵琶湖の水を京都市内に引く琵琶湖疏水を通すため
明治23年に作られました。
*疎水:他の水源地から水を引く目的で造られた運河や用水路の事


でも、なぜ水路閣南禅寺の敷地内に作られたのでしょう。

ちょっと疑問に思いませんか?


実は建設当初、水路は山の中に通す計画でした。
しかし、ここで問題発生!

 

なんと山の中には、天皇家の分骨場があることが判明したのです。
そんな理由から、建設地が急遽変更となり南禅寺の敷地となったんですね。


でも今となっては、インスタ映えする写真が撮れると人気の写真スポット!

お薦めの写真スポットがこちらです。
窓からひょこっと顔を覗かせると、素敵な写真が撮れますよ♪

f:id:kyotoburari:20180922190820j:plain

奥行きを感じさせる、まるで絵画のような美しさ!

のんびり眺めてると、誰かの顔が出てきてちょっとびっくりしてみたり(笑)

是非思い出に残る1枚を撮影してみてくださいね♪

南禅寺を堪能し、哲学の道を通って次に向かったのが法然院
ここ、大好きなんです!広くて長い階段を登っていきます。

f:id:kyotoburari:20180922190931j:plain


すると、茅葺の風情ある門がお出迎え。

こんな景色を見て、心が落ち着くのも日本人ならではですね。

f:id:kyotoburari:20180922191004j:plain

まるで日本昔ばなしに出てきそうな風景。


門をくぐると、白い盛り砂が美しいお庭が広がります。
日常の喧噪から離れ、古に誘われたような気分に浸ります。

f:id:kyotoburari:20180922191034j:plain

奥まったところにあるので、人が少ないのも嬉しい。

静謐な空間で、自分だけの京都時間を堪能しましょう!

 

白い盛り砂は、白砂壇(びゃくさだん)と呼ばれ

砂は流れる水を表現し、この間を通ると心身を清められるとされています。

 

白砂には季節に合わせた砂絵が描かれています。

この日は水流を表現する曲線が美しく描かれていましたよ~。

これも楽しみポイントのひとつですね。

 

ご参考までに、秋の紅葉時期に訪れた法然院の記事。

白砂には秋らしく「モミジ」が描かれていました!

www.kyotowalk-gourmet.com

 

南禅寺から法然院は、京都らしい風景を堪能できるお薦めの場所です。

これからの涼しい季節、のんびりと京都を散歩してみてくださいね♪

 

法然院

住所:京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30番地

拝観時間:午前6時から午後4時まで

拝観料:無料