京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。神社仏閣の楽しみ方もご案内!

【下鴨神社で光琳の梅を愛でる】満開の梅から神社の見どころをご紹介

今日は朝7時に起きて、下鴨神社までお散歩に行ってきました!冬の朝は、空気が澄んでとっても気持ちが良いんです。偶然ですが、境内の梅の花も満開の見頃でした♪

 

今日はそんな下鴨神社の楽しみ方と、梅の世界をご案内します。

 

 

いざ下鴨神社へ!糺の森をのんびり散策

 

下鴨神社は京阪「出町柳駅」から徒歩10分ほど。私は鴨川をお散歩しながら、徒歩で参拝しました!

 

下鴨神社に向かって歩いていると、住宅街に突如現れた赤い鳥居。

賀茂御祖神社(かもみおや)とは下鴨神社の正式名で、今は下鴨神社という名前が浸透し親しまれています。

f:id:kyotoburari:20190217225418j:plain

下鴨神社は1994年に世界遺産にも指定された神社。こちらの鳥居をくぐり、まっすぐ進みます。

 

すると車進入禁止の立て看板を発見。なんと鳥居の形!遊び心があって面白いですよね♪

f:id:kyotoburari:20190218003705j:plain

 

さらに進むと、ようやく糺の森に到着です!糺の森は散策路もあって、川と緑の中を歩いて散策できます。

f:id:kyotoburari:20190217225420j:plain

 

自然の中で深呼吸。パソコンに向かう日々からの束の間の解放(笑)癒される~。

 

糺の森を抜けると、立派な楼門がお出迎え。東西に広がる廻廊が目を惹きます。

f:id:kyotoburari:20190217225417j:plain

ご存じ、葵祭は下鴨神社の例祭。西回廊にある剣の間では、葵祭のときに勅使が剣を解く所とされています。

 

門の中に入ると、舞殿と白い砂利が広がっていました。朝が早かったので、お仕事に向かう巫女さんに出会えましたよ♪

f:id:kyotoburari:20190217225415j:plain

 

そして、右奥にピンクに燃える梅が見えますでしょうか?こちらが今日の主役です!偶然とはいえ、ラッキーでした!

 

尾形光琳「紅白梅図屏風」のモデルになった梅に出会う!

 

境内で一際目を惹く梅の花。今まさに満開でした!

 

見る人を惹き付ける濃いピンク色が美しい梅。枝の伸び方やうねり具合も味わいがあって、すごく素敵。

f:id:kyotoburari:20190217225411j:plain

御手洗川にかかる朱塗りの輪橋と鳥居。そこに梅が加わって、なんともフォトジェニックな1枚!

 

江戸時代の画家・尾形光琳の紅白梅図屏風のモデルになった梅と云われています。それゆえ「光琳の梅」と呼ばれているんです。

 

こちらの角度からも1枚。何枚も撮りたくなる美しさ。朝日がのぼったばかりの時間。鳥居の隙間から光が漏れます。

f:id:kyotoburari:20190217225414j:plain

 

橋を主役に1枚。美しい曲線橋にかかる梅が素晴らしい!

f:id:kyotoburari:20190217225413j:plain

 

それにしても鮮明なピンク色の梅。光琳がこの梅の虜になった理由もわかる気がしました。

f:id:kyotoburari:20190218003736j:plain

桜も良いけど、梅もいいなぁ。

 

2月下旬から3月上旬に見ごろを迎える光琳の梅。春の訪れを感じることができて、幸せな気分になれました♪

 

下鴨神社のご利益&干支の守護神・言社と本殿へ参拝

 

梅を楽しんだ後は、本殿に参拝です。

 

下鴨神社は玉依媛命(たまよりひめのみこと)が御祭神として祀られ、縁結び・安産・育児のご利益があるとされています。

 

日頃の感謝とともに、ありがたく参拝させていただきましょう♪

 

まずは、生まれ干支の守護神を信仰する言社(ことしゃ)こんな感じで、干支ごとにお社が並んでいます。

f:id:kyotoburari:20190217225412j:plain

自分の生まれ年を見つけて参拝しましょう!

 

絵馬も干支ごとに違ったものが置かれていました。干支ごとのお社、ちょっと珍しいですよね。

 

こちらが本殿。2礼2拍手1礼で日頃の感謝をお伝えします。

f:id:kyotoburari:20190217225419j:plain

木造の優しい雰囲気の本殿。本殿や言社がある場所は、周りが壁に囲まれており落ち着いて参拝することができます。

 

また縁結びには下鴨神社にある相生社がお薦めです!

www.kyotowalk-gourmet.com

 

また下鴨神社の参道には、君が代のさざれ石もありました!

f:id:kyotoburari:20190217225421j:plain

厳かな雰囲気で参道に佇ずむさざれ石。なんともごつごつした迫力ある石でした。

 

参拝後は、心もすっきりリフレッシュ

 

今回の下鴨散歩。

 

梅を観賞し、参拝もして、自然の散策路を深呼吸しながら歩く。自然の中でとってもリフレッシュできた気分!

 

なにより光琳の梅は、雰囲気があってすごく美しかったです。冬の寒い時期ではありますが、お花を見て心が温まりました♪

 

散策は人が少ない朝がおすすめ。是非ゆったり下鴨神社散策を楽しんでみてくださいね!

 

こちら、北野天満宮の梅も見ごたえがあってお薦めです。

菅原道真が愛した梅を堪能できますよ♪

www.kyotowalk-gourmet.com

 

下鴨神社

住所:京都市左京区下鴨泉川町59

アクセス:京阪出町柳駅徒歩10分