京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。神社仏閣の楽しみ方もご案内!

【龍安寺の石庭&つくばい】見どころ満載!吾唯知足の御朱印も♪

「京都の禅寺で美しい石庭を眺めながら、静かに過ごしてみたい。」

 

そんな思いから、世界遺産でもある龍安寺(りょうあんじ)を訪れることに。深い意味を秘めた石庭から吾唯知足の蹲踞(つくばい)まで、心に迫る見どころが満載の龍安寺。

 

今日は、そんな龍安寺の参拝前に知っておきたい楽しみ方をレポートします!

 

 

世界遺産・龍安寺の歴史

 

龍安寺は、室町時代の有力者である細川勝元が1450年に創建した禅寺。大徳寺家の山荘を譲り受け、妙心寺の義天和尚を開山としました。

 

応仁の乱など2度の火災で焼失した後、見事に再興。1975年には、エリザベス2世が龍安寺を訪れその石庭を称賛したことから、世界的にも有名となったお寺です。1994年には京都の文化財として、世界遺産に登録されています。

 

簡単な歴史を学んだところで、早速龍安寺に参拝しましょう!

 

見る者に解釈を委ねる謎多き『石庭』

 

龍安寺と言えば、日本を代表する枯山水庭園である石庭(方丈庭園)が有名ですよね。

 

幅25m・奥行き10mの石庭には、大小15個の石が東から5・2・3・2・3と配置されています。

f:id:kyotoburari:20190611065806j:plain

「白砂は川の流れや海の波を表現しているのかな?」「石は海に浮かぶ島なのかも!」色んな想像をしながら石庭を眺めます。静かに流れる時間が、何とも心地良い♪

 

こちらは、ゴツゴツとした一番大きな石。島というより、切り立った山のようにも見えます。

f:id:kyotoburari:20190611071726j:plain

いろんな思いを巡らせながら、果たしてお庭の正しい解釈は何だろうと気になりますよね?

 

実は龍安寺の石庭は、解釈から誰がいつ造ったのかまで一切不明なのだそう!つまり、庭を鑑賞する私達にすべての解釈がゆだねられているんです。

 

もちろん、その謎を解こうといくつかの解釈もあって。例えば、有名な解釈では石を虎と捉え、石庭を『虎の子渡しの庭』と呼ぶことも。中国の古書『癸辛雜識』にある4匹の虎が川を渡る姿を描写したという解釈に因るものだそう。ただこれも推測でしかないため、本当の答えは見た人の心の中にだけあるのかもしれません。

 

お庭が横長なので、全部1枚におさめるのは至難の業!パノラマでも撮影してみました。

f:id:kyotoburari:20190611065932j:plain

縁側に座って、のんびり庭園鑑賞。なんとも謎多き石庭ですが、そんな自由さも龍安寺の魅力なんですよね。皆さんも石庭を眺めながら、自分だけの解釈を楽しんでみてくださいね。

 

さらに龍安寺の石庭は、どの場所から眺めても必ず石が1つ隠れて見えない仕組みになっていることをご存じですか?続いては、そんな石庭の謎に迫りたいと思います!

 

1つだけ石が見えない!?石庭が教える深い意味

 

全部で15個ある龍安寺の石。この石が、どの角度から見ても14個しか見えない配置になっています。

 

その理由を調べてみると、東洋では15は完全を表す数字なのだそう。人間は不完全な存在なので、あえて14個しか見えぬように設計しているらしいです。その見えない1つの石は、「心眼(心の目)」で見なさいという教えが込められているんですね。

 

その教えを掘り下げると、「自分をしっかり見つめ、足りないものと向き合いながら、今ある自分に感謝する心を持ちましょう」という禅寺の考えに通じていきます。

 

なんて哲学的で、深い意味が込められたお庭なんでしょう!そんな由縁を知ると、一味違った石庭の楽しみ方ができますよね。

 

しかし、実はこんな噂も。方丈(写真)の室内からだと、15個すべての石を眺めることができるらしい・・。

f:id:kyotoburari:20190611205258j:plain

確かめてみたいけど、中には入るのはNG!自分の目で見るのは、夢のまた夢なのかも。

 

でも1つだけ見えないことに深みを感じるので、このままで良いのかもしれません♪

 

仏教の真髄!吾唯知足の『つくばい』

 

龍安寺を訪れる目的の1つに、蹲踞(つくばい)を挙げる方も多いのではないでしょうか?

 

つくばいとは、茶室前に置かれる手や口を清める手水鉢のこと。実は、龍安寺の蹲踞はちょっと変わっているんです。

 

中央の水穴を「口(くち)」の漢字に見立て、周囲の4文字「五」「隹」「矢」「疋」と合わせて『吾唯知足(ワレタダタルコトヲシル)』と読める仕掛けになっています。

f:id:kyotoburari:20190612062642j:plain

これは釈迦の説く「知足(ちそく)のものは貧しといえども富めり、不知足のものは富めりといえども貧し」という「知足」の心を具現化した、まさに仏教の真髄を突いたもの!

 

つまり、手に入れられないものに対して不満を抱くのではなく、今ある現状に感謝し満足できる人は、常に満ち足りていて心が平穏であるという意味。

 

人間は暮らしていると、「あれが足りないこれが欲しい」とつい欲が出てきてしまうもの。そんな時、この釈迦の言葉「自分は今でも十分幸せじゃないの!」と思えると、心が少し穏やかになれるのかな、なんて思いました。

 

深い意味を秘めた龍安寺の「つくばい」。仏教の教えのありがたみを改めて感じたヒトトキでした。

 

ちなみに龍安寺のつくばいは、水戸黄門こと徳川光圀公から寄進されてものだそう。龍安寺に来たら、必ず足を運んでみてくださいね!

 

千利休や秀吉が愛した『侘助椿』

 

また、つくばいのすぐ横には日本最古と言われる椿の木が植えられていました。

 

秀吉や千利休も愛でたという椿。2月だったので花は見れませんでしたが、最古と思えないほど青々と元気な木でした。

f:id:kyotoburari:20190612062752j:plain

この椿は、侘助という人が朝鮮から持ち帰ったことから『侘助椿(わびすけつばき)』と呼ばれているそう。なんてチャーミングなお名前なんでしょう。

 

3月上旬から4月上旬にかけて花が咲くので、もしタイミングが合えば椿の花も楽しんでみてくださいね!

 

春は桜、秋は紅葉を楽しめる『鏡容池』

 

龍安寺では、衣笠山を借景とした池泉回遊式庭園も楽しめます。

 

まるで鏡のように木々を映し出す池面。そんな理由から、この池は鏡容池(きょうようち)と呼ばれているんですよ~。

f:id:kyotoburari:20190612211930j:plain

境内の半分を占める鏡容池。夏には水面にピンクや黄色の睡蓮が咲き、華やかな景色が広がります。

 

平安時代には、お公卿さんが池に船を浮かべて遊んだそう!当時は石庭よりも池が有名で、おしどりの名所だったらしいです。

f:id:kyotoburari:20190612211858j:plain

池の周囲には桜や楓が植えられ、春には桜秋には紅葉が楽しめるのもの魅力です。

 

石庭のイメージが強い龍安寺ですが、こんな素敵な庭園もあることに驚き。季節の移ろいを感じに、のんびり散策を楽しみたいですね。

 

吾唯知足のスタンプが嬉しい御朱印 

 

そして龍安寺を満喫した後は、参拝の証に御朱印をいただきました!

 

太く逞しい筆使いで「石庭」と書かれています。f:id:kyotoburari:20190610212142j:plain

左上にはあの名言「吾唯知足」のスタンプも!これは嬉しいです。 

 

龍安寺は、人生で大切なことを教えてくれる深い意味を秘めたお寺でした。時間に余裕を持って、龍安寺の世界観をじっくり堪能するのがお勧めですよ♪

 

私も自分と向き合いたい時や、ちょっと疲れた時にまた龍安寺を訪れたいなと思いました。

 

龍安寺の周辺には、御室桜で有名な仁和寺や金閣寺があります。もし時間があれば、こちらも合わせて参拝されてみてくださいね。 

 

龍安寺

住所:京都市右京区龍安寺御陵下町13

アクセス:京福電車「竜安寺」から徒歩約7分/市バス・JRバス「竜安寺」から徒歩約1分

拝観時間:3/1-11/30 8:00- 17:00、12/1-2月末日 8:30- 16:30

拝観料:大人・高校生500円、小・中学生300円

駐車場:あり(参拝者は1時間無料)

http://www.ryoanji.jp/smph/