京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。神社仏閣の楽しみ方もご案内!

【京都六角堂】可愛い鳩みくじにお地蔵様!縁結び柳に願掛けしよう♪

今日は京都の街中に佇む六角堂(ろっかくどう)をお散歩してきました♪

 

ゆらりと揺れる柳が印象的な六角堂。鳩を愛する住職さんがいらっしゃることから、境内はまさに鳩だらけ!

 

可愛い鳩おみくじから、鳩絵馬、さらには本物の太っちょ鳩さんやお地蔵様まで、とにかく見どころ満載の面白いお寺でした。

 

今日は、そんな六角堂の楽しみ方を現地からまるっとお届けします!

 

 

いけばな発祥の地『六角堂』

 

六角堂は正式名称を紫雲山頂法寺と云い、聖徳太子が587年に創建したお寺です。華道家元池坊が住職を務め、いけばな発祥の地としても知られています。

 

今も池坊が代々六角堂の住職を務めており、そんな由縁から技芸上達のご利益が授かれるのだそう!先日シャネルが六角堂でイベントを開催していたのも、そういった芸術に縁のあるお寺だからかもしれませんね。

 

六角堂は、四条の飲食店やビルを横目に歩いていると、突如現れる都会のお寺です。

f:id:kyotoburari:20180919235913j:plain

 

中に入ると、迫力のある大きながお出迎え!後でご紹介しますが、こちらは縁結びにゆかりのある伝説の柳なんですよ~。

f:id:kyotoburari:20180919235938j:plain

ちなみに本堂を上から見ると六角形なので、六角堂と呼ばれるそう。

 

本堂に近づくと、沢山の鳩さんに出会いました。え、ちょっと待って?この鳩、大きすぎじゃないですか・・!?普通の鳩の2倍はあります(笑)

f:id:kyotoburari:20180919235958j:plain

奥の鳩なんて、体が重いのかペシャンッと潰れて石畳に座っています。住職さんが鳩好きなこともあり、きっと六角堂で大切に扱われているんだろうなぁ。それにしても、衝撃的にでかいです(笑)

 

社務所の扉にはこんなメッセージも発見!開けているとテクテク入って来ちゃうんだろうなぁ。

f:id:kyotoburari:20191010180814j:plain

確かに部屋のなかで飛んだら一大事!扉はちゃんと閉めましょう♪

 

縁結びのご利益あり♪六角堂の願掛け柳

 

さて、先ほど少しお話しましたが六角堂には縁結びや恋愛成就のご利益があるんです♪そう、恋する女子がこぞって集まる恋寺でもあるんですよ~!

 

さかのぼること平安時代。嵯峨天皇は、自分の妃となる女性を探していました。すると、ある日の夜、夢に如意輪観音が現れ「六角堂の柳の下をみよ」というお告げがあったのだそう。

f:id:kyotoburari:20180919235938j:plain

それを信じて六角堂の柳に行くと、なんとそこには絶世の美女が・・!その女性を妃に迎えた事から、「六角堂の柳に願をかけると良縁に恵まれる」とされ良縁玉の輿のご利益があると言い伝えられているんです!

 

また柳の枝をよく見ると、枝先におみくじが結ばれていますよね?これは2本の柳の枝を1つにしておみくじを結ぶと縁結びのご利益があるとされているからなんです。

 

是非、伝説の柳に恋の願掛けをした後は、優しくおみくじを結んでみてくださいね♪

 

可愛い鳩絵馬&鳩みくじ

 

さらに境内を散策していると、「鳩絵馬」を発見!

 

キュートな鳩さんと六角堂のシンボルである柳が描かれた可愛い絵馬です。柳にはおみくじが結ばれていますね♪

f:id:kyotoburari:20180910081748j:plain

絵馬好きなもので、色んなお寺に行く度に可愛い絵馬はないかと見てしまいます(笑)

 

さらに、評判の鳩みくじは売店にありました!愛らしいお顔の鳩さんが胸キュンの可愛さ!ちょこんと足をかけた枝を、おみくじで表現した何とも可愛いおみくじです。

f:id:kyotoburari:20180910081853j:plain

持ち帰って部屋に飾りたくなること間違いなし!目にするたびに、旅の楽しい思い出も蘇りそうですね♪

 

私はテレビ台の横に置いてみようかな?って部屋にどんどんこんな小物が増殖中(笑) 

 

本殿に参拝!願いが叶うハト祈願

 

さぁ、売店を出て、本殿に参拝です。立派なお堂ですねぇ。

f:id:kyotoburari:20180920000200j:plain

ご覧の通り、よく見るとお堂近くにも鳩さんが集まっています(笑)

 

本堂に目をやると、鳩のマスコットがすらり!うぎゃっ、ものすごいこっちを見ています。ドキドキする怖いくらいの熱視線。実はこれ、願い事を書いた紙を鳩に入れて奉納するハト祈願と呼ばれるもの。

f:id:kyotoburari:20180920000221j:plain

紅白の鳩の置物には一願成就と書かれ、奉納するとお願いごとが叶うとされています。

 

なぜ願いを叶えてくれるかと言うと、六角堂の本尊である如意輪観世音菩薩様が、願いを叶える「宝珠(如意宝珠)」と魔を打ち砕く「輪宝(法輪)」をお持ちだから。昔から願いが叶うと強く信仰されてきたんですね。

 

ハト祈願は社務所で販売されているので、是非お願い事を書いて境内に奉納させていただきましょう!

 

あ、お賽銭箱の上にも鳩さんを発見!自由を謳歌中です。近づいてもさすがの貫禄、まったく逃げません。

f:id:kyotoburari:20180910082133j:plain

ここの鳩さんはとっても人懐っこいです。私の目の前で、参拝者の手元のスマホにも止まってました(笑)手乗り鳩?いや、スマホ鳩?!

 

普段見る鳩は、近づいたら一定の距離を取って離れていきますが、この子達はグイグイこちらに近づいてきますよ~。

 

鳩は幸せのシンボルなので、これだけ沢山出会えるのも喜ばしいことなのかもしれませんね(笑) 

 

笑顔と桜咲く!十六羅漢のお地蔵様

 

境内には、「十六羅漢」と呼ばれるお地蔵様がいらっしゃいました。にこにこした優しいお顔が見ているだけで癒されます。f:id:kyotoburari:20180920000333j:plain

 

いつも笑顔でいれば、良い事がありますよ」という教えなんですって。なんと素晴らしい教訓!まさに人生のあらゆる局面に通じるのかも!?

 

春になると、しだれ桜が咲いてこんなに華やかになるんですよ~!お地蔵様もなんだか嬉しそうですよね♪

f:id:kyotoburari:20190317211730j:plain

可愛くてとても絵になります!桜の時期は絶対に見ておきたいお花見スポットです。

 

六角堂は癒しに出会えるお寺です

 

六角堂はぽっちゃり鳩さんとの出会いや、可愛い鳩アイテム、お地蔵様までワクワクがたくさん!参拝するだけで、にっこり笑顔になれる素敵なお寺でした。

 

四条の繁華街からも近く、アクセスしやすいので是非気軽に訪れてみてくださいね。

 

(ご参考)京都の縁結びスポットをまとめました!

www.kyotowalk-gourmet.com

 

紫雲山頂法寺(六角堂)

住所:京都府京都市中京区六角町東洞院西入堂之前248

アクセス:地下鉄/烏丸御池駅から徒歩3分

拝観時間:6:00~16:50(閉門17:00)

駐車場:なし

http://www.ikenobo.jp/rokkakudo/