京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。神社仏閣の楽しみ方もご案内!

【栗阿彌りつあみ】可愛くて美味しい「京のいろどり小箱」に栗菓子!京都土産におすすめ♪

京都にはさまざまなお菓子屋さんがある中で、今回訪れたのは、高台寺近くにある「栗阿彌(りつあみ)」さん!

 

看板商品の栗菓子「栗阿彌」はもちろん、美味しくて人に喜ばれるお土産を買うことができるお店です。

 

私は清水寺へ遊びに行ったの帰りに、寄らせてもらうことに。お店に入るなり素敵なおもてなしを受け、ちょっぴり感動。可愛いお土産も買っちゃいましたよ♪

 

  

昭和2年創業の栗菓匠『栗阿彌』

 

栗阿彌さんは、烏丸御池に本店を構える昭和2年創業「若菜屋(わかなや)」さんの姉妹店

 

栗のお菓子を中心に扱う若菜屋さんですが、若い女性にも和菓子を楽しんでもらおうと、姉妹店として栗阿彌をスタートさせたのだそう!

 

私と栗阿彌さんの出会いは、先日訪れた「カフェ冨月」でのこと。そこで栗阿彌さんの琥珀菓子を食べて、その美味しさに感激!そんなご縁もあって、今回栗阿彌さんに足を運んでみました。

 

(ご参考)Cafe冨月さんを訪れたブログはこちら!

www.kyotowalk-gourmet.com

 

贅沢な試食に感激!栗菓子&お茶で一息

 

今回訪れたのは、清水寺へ向かう道中にある「栗阿彌高台寺店」。祇園四条にある支店の前はよく通り過ぎていたのですが、お店にお邪魔するのは初めてのこと。


明るく清潔感のある店内。贈答品からお土産に良さそうなコンパクトな商品まで、沢山のお菓子が並べられています。

f:id:kyotoburari:20180923165206j:plain

どれを買おうかな~なんて店内をふらふらする私。

 

すると店員さんやってきて、看板商品の栗菓子「栗阿彌」とお茶を出してくれました!え、こんな立派な栗、まるまる1個もいただいていいんですか・・!?

f:id:kyotoburari:20180923165531j:plain

なんて温かいお心遣いなんでしょう(涙)しかも、渋皮付の栗が濃厚でめっちゃ美味しい!蜜漬けされた栗の甘みで、観光の疲れもふっとんだ気がします!

 

本当にご馳走様でした。

 

琥珀に金平糖!カラフルで可愛い『京のいろどり小箱』

 

店頭には栗阿彌をはじめ、巾着入りの金平糖豆菓子羊羹など美味しそうなお菓子がずらり!

 

でも私のお目当ては、祇園のカフェで出会った思い出の「琥珀(こはく)」。外は砂糖でシャリッ、中はゼリーでとろ~りの砂糖菓子。

 

そして、ようやく琥珀との再会を果たすことに!

 

琥珀と出会えたのは、こちらのお菓子セット「京のいろどり小箱¥620」。カラフルで可愛くて、まるで宝石箱のような小箱!見てるだけでワクワクしちゃいます。

f:id:kyotoburari:20180923165429j:plain

お菓子は、上から右回りで、おはじき飴、金平糖、水まんじゅう、琥珀。ポイントになっているスイカの砂糖菓子も、夏らしくて素敵♪

 

日持ちは60日、お値段も620円とお手頃なのでお土産にもぴったり!箱を開けて、わぁっとトキめいてしまう一箱です。

もちろん、お味も上品でとても美味しかったですよ~。私は1日の終わりに、ちょっとずついただきました!日常の中の、ささやかな幸せ時間ですね♪


和菓子屋さんと聞くと少し入りづらい印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、今回訪れた栗阿彌さんは、カジュアルで気軽に入りやすい雰囲気のお店でした。

 

もちろんお味も実力派なので、京都観光のお土産探しにぜひ訪れてみてくださいね!

 

栗阿彌 高台寺店

住所:京都市東山区下河原通高台寺門前下河原町499-1

アクセス:祇園四条駅から徒歩15分

営業:10:00~19:00(年中無休)

電話:075-532-4372

栗阿彌は、京都駅ビル「TheCUBE」1階の若菜屋さんでも購入可能です!