京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。神社仏閣の楽しみ方もご案内!

【大豊神社】珍しい狛ねずみに鼠おみくじ!子年の参拝で招福祈願!

「京都の大豊神社(おおとよじんじゃ)には、全国でも珍しい狛ねずみがいるらしい!」

 

そんな話を聞いて、岡崎神社の狛うさぎや護王神社の狛猪など、面白い狛○○が大好きな私は早速行ってみることに。すると発見しました、可愛い狛ねずみ!

 

2020年オリンピックイヤーは子年(ねずみどし)。子年の初詣は、狛ねずみのいる大豊神社に行くのも縁起が良いというもの。今日は大豊神社の見どころを一挙ご紹介します。

 

 

大豊神社の歴史

 

大豊神社は、哲学の道を東に一本入った場所にあります。

 

南禅寺にも程近く、周辺観光も楽しみながら参拝できちゃう嬉しい立地。

f:id:kyotoburari:20191221123902j:plainこの趣ある石畳をひたすら真っ直ぐ進んだ先にあります。

 

さぁ、大豊神社に到着しました!木々が生い茂った自然豊かな雰囲気。

f:id:kyotoburari:20191221130533j:plain

大豊神社は、平安時代初期(887年)に宇多天皇の病気平癒祈願のために創建された神社。そのことにちなみ、御祭神には医薬の祖である少彦名命(すくなひこなのみこと)が祀られています。

 

こちらが本殿。春には美しい花を咲かせるしだれ桜も!

f:id:kyotoburari:20191222083955j:plain

本殿には、少彦名命の他にも応神天皇(勝運の神)と菅原道真(学問の神)が祀られています。境内は人も少なくて、とっても静か。自分だけの静謐なの時間が流れています。

 

あれ、でも本殿には狛ねずみさんはいない模様。果てしてどこにいるのでしょうか?

 

珍しい!水玉と巻物を持つ『狛ねずみ』

 

境内を散策していると、ついに狛ねずみさんを発見!狛ねずみさんがいたのは、本殿に向かって右にある末社「大国社(だいこくしゃ)」。

 

鳥居越しにわずかに見えるお姿。。

f:id:kyotoburari:20191221131037j:plain

鳥居の前で一礼し、中に入ります。

 

そこで出会った狛ねずみさんがこちら!巻物を携えたキュートな格好がたまらなく可愛い~。

f:id:kyotoburari:20191221131143j:plain

ニッと突き出た前歯も愛嬌たっぷり!巻物は学問を意味しており、学業成就のご利益があるのだそう。

 

もう一方の狛ねずみさんは、丸い水玉(酒器)を持っていました!大事そうに抱える姿がキュンッときます。

f:id:kyotoburari:20191221131258j:plain

こちらは縁結びや子授け、無病息災にご利益があるんですよ~。

 

カメラ目線のアングルで1枚!か、可愛い~。「何?」って話しかけられているみたい。

f:id:kyotoburari:20191221131230j:plain

長く伸びたしっぽもネズミさんらしい特徴です。

 

でもなぜ、狛犬ではなく狛ねずみなんでしょう?それは大国社の御祭神・大国主命(おおくにぬしのみこと) の神使いが「ねずみ」だから

 

古事記によると、かつて大国主命が火攻めにあった際、ねずみが現れて、洞窟に大国主命をかくまって助けたのだそう。そんなエピソードもあって、こんなユニークな狛ねずみさんが誕生したんですね。

 

普段はあまり混雑しない大国社ですが、子年の初詣には行列ができるほどの大人気!確かに縁起がよくて、良い1年になりそうですもんね。

 

皆さんも2020年の子年、是非参拝してみてはいかがでしょうか?

 

狛鳶に狛猿も!まさに動物パラダイス

 

本殿の左奥に歩いていくと、火難除の愛宕社、鬼門除けの日吉社が鎮座していました。

f:id:kyotoburari:20191221131639j:plain

こちらの狛犬?もこれまたユニークでして。

 

まずは愛宕社の狛鳶(とび)!鋭い嘴が印象的。鷲かと思ったら鳶なんですね。

f:id:kyotoburari:20191221131433j:plain

鳥系の狛○○を初めて見たから、びっくり!これは貴重です。

 

さらにお隣には、狛猿も!左手に扇を持ち、微笑んでいるようにも見えるお猿さん。

f:id:kyotoburari:20191221131358j:plain

でもよ~く見ると、ちょっと表情が怖いような(笑)少し薄暗い場所にあるので、明るい時間帯に訪問するのがオススメです。

 

それにしても、1つの神社でこれだけ様々な狛○○シリーズに出会えるなんて、何だか得した気分(笑)

 

他にも商売繁昌の稲荷社など、境内散策をのんびり楽しみました♪

 

可愛い狛ねずみおみくじ&絵馬

 

参拝後、社務所を訪れると可愛いおみくじを発見!

 

それがこちらの狛ねずみおみくじ。カラフルなネズミのお人形がたっくさん!

f:id:kyotoburari:20191222104856j:plain

お人形さんの中に、おみくじが隠れています。思わずどれにしようか迷っちゃう可愛さ♪お部屋のインテリアにもなってくれそうです。

 

絵馬ももちろん、狛ねずみ。

f:id:kyotoburari:20191221130940j:plain

巻物と哲学の道の相乗効果で、さらなる学力アップのご利益が授かれそう!

 

とにもかくにも狛ネズミがアイドルの大豊神社です。

 

種類豊富な御朱印

 

さらに、大豊神社の御朱印もご紹介!

 

大豊神社の御朱印は、大国社のねずみ御朱印や、病気平癒の御朱印と種類も豊富。

f:id:kyotoburari:20191221130810j:plain

朝8時でまだ社務所も閉まっていたので、窓越しに眺めます。

 

ねずみの御朱印欲しかったな~(笑)

 

大豊神社は可愛い狛ねずみはもちろん、ユニークな狛〇〇に沢山出会える面白い神社でした!2020年は子年ということで、皆さんも是非参拝に訪れてみてくださいね♪

 

(ご参考)大豊神社を訪れたら、歩いて10分の「南禅寺」にも足を運んでみませんか?

www.kyotowalk-gourmet.com

 

大豊神社

住所:京都府京都市左京区鹿ケ谷宮ノ前町1

アクセス:市バス「東天王町」徒歩10分、市バス「宮ノ前町」徒歩5分

駐車場:無料駐車場あり(約5台)