京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。神社仏閣の楽しみ方もご案内!

【祗園日NITIで天然氷を使った宇治抹茶かき氷】夜はバーも楽しめる!花見小路のお洒落カフェ

暑い夏に食べたくなるのが、かき氷!今日は祇園にある人気店『祇園日NITI』さんへ、かき氷を食べに行ってきました。

 

町屋でいただく冷たい宇治抹茶かき氷は絶品!心も体も癒してくれるお味でした♪

 

 

花見小路にある町家カフェ『祇園 日』

 

祇園日は、花見小路を少しなかに入ったところにあるお洒落な町家カフェ。のれんの”氷”が夏を感じさせて風流です。

f:id:kyotoburari:20180923203438j:plain


実は夏以外にも、年中かき氷を食べることができるこちらのお店。

 

氷の名産地として名高い栃木県日光市で作られる天然手作り氷を使っているこだわりようなんです!冬には氷の切り出しに出かけられるんですよ〜。

内観は落ち着いた雰囲気。ソファー席でゆったりもできます。

f:id:kyotoburari:20180923203501j:plain


こちらのカウンター奥でかき氷を作っていらっしゃいます。

f:id:kyotoburari:20180923203526j:plain

 

それでは、私も早速かき氷をいただきましょう!

 

こんもりふわっふわ!宇治抹茶かき氷

 

かき氷の種類は「季節のかき氷」と定番の「宇治抹茶かき氷」。8月の季節氷は、いちじくメロンココナッツパイナップルでした。

 

ここでも定番を頼んでしまう私。抹茶宇治金時を注文!

かき氷がやってきてびっくり!ボール並に大きなかき氷です!崩れないように、そぉーっとすくいます。

f:id:kyotoburari:20180923203652j:plain


う~ん、ふわふわな食感!口の中ですぅ~と滑らかに溶ける。ガリッガリじゃなくて、ふわっふわ。

しかもキーンとなる冷たさがないから、食べやすいです。下のほうには濃厚なババロアが入っていて、これがまた美味しい!さすが1200円のかき氷です(笑)

 

混雑時に配布される整理券


日さんでは、混んでいる場合「何時から何時までに来てください」という整理券を渡されます。


私が訪れたときは、1時間後くらいに戻ってきてねというメモでした!

 

人気のカフェなんですね~。夏は特に大人気!少し早めに訪れて、待ってる間に祇園の街を散策してもいいですね♪

 

夜はしっとり♪素敵なバーを楽しめます!

 

祇園日さんは、夜になるとお洒落なバーに早変わり!

 

カクテルからウィスキー、ブランデーまでゆったりと楽しむことができます。フードもカルパッチョやパスタ、ピザなどイタリアン中心にいただけるようです。

 

祇園でお洒落な夜を楽しんでみるのも良いですね♪

 

※19.4.23追記

現在はカフェはお休みで、夜のバーのみの営業とのこと。かき氷復活してほしいな~。


おまけ。お店を出ると可愛い猫ちゃんが夕涼み。可愛い!べっぴんさんですね。

f:id:kyotoburari:20180923203721j:plain



祇園NITI
住所:京都府京都市東山区祇園町南側-5708
時間:11:00~18:00(L.O.17:30)
電話:075-525-7128