京都ぶらり散歩&グルメ手帖

京都マニアが定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。四季折々の神社仏閣の楽しみ方から美味しい京都グルメまでご案内!

【二条城の修復された「唐門」を堪能】色彩豊かな唐門の美に心奪われる

先日NHKの「プロフェッショナルの流儀」を見ていたら
色褪せた「二条城の唐門」を、当時の色に修復する職人さんを特集をしていました。

歴史と対話しながら、当時の色を復元していく姿に感銘を受け
「どうしても見たい!」と思い二条城に行ってきました!

こちらが入口。
さすが世界遺産、朝9時位なのにたくさんの人。

f:id:kyotoburari:20180920223457j:plain


中にはいると、すぐにありました!見たかった唐門。
立派な門に、彩りが鮮やかな装飾が施されています。

まさに見入ってしまうとはこの事。ほんとうに綺麗!

 

f:id:kyotoburari:20180920223534j:plain

角度を変えて下から。金、青、赤、緑。美しい配色に惹きつけられます。

f:id:kyotoburari:20180920225200j:plain



拡大して見てみましょう!


牡丹に唐獅子。こんなに綺麗な青ってあるんだ・・

f:id:kyotoburari:20180920223639j:plain


牡丹に蝶。蝶が花に止まる様子が可愛らしい。

f:id:kyotoburari:20180920223710j:plain


亀に乗る仙人。空に飛んで行きそう。どれも縁起が良さそう。

f:id:kyotoburari:20180920223832j:plain


どれも繊細な美しい色で塗られています。
一つの箇所でも少しずつトーンが違って、ずっと見ていても飽きません。

まだ修復されていない他の場所の門がこちら。
どれだけ美しく修復されたのか、分かります。

f:id:kyotoburari:20180920223907j:plain


またこの門のすごいところは、表と裏が違ったデザインになっているところ。
職人の技術に感服するばかりです。

こちらが二の丸庭園。
小堀遠州の代表作として挙げられることも多い桃山様式の池泉回遊式庭園です。

f:id:kyotoburari:20180920223948j:plain

池泉回遊式庭園とは、池を中心にその周りを歩いて鑑賞する庭園のこと。

この日は4月頭だったのでお花が開花したころ。
鳥が花をついばむ姿がとても可愛い。

f:id:kyotoburari:20180920224032j:plain


今も昔もすごい職人さんがいたんだなぁ、
と感動した週末でした。
ちなみに二条城は20年かけて、これから修復していくそうです。

唐門、一件の価値ありです!

 

**メモ**

離宮二条城

住所:京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
電話:075-841-0096

公開:8:45 ~ 16:00(閉門17:00)年末年始は休み 

駐車場:120台可能。入庫から120分まで/1,000円

http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/nijojo/index.html