京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。四季折々の神社仏閣の楽しみ方から美味しい京都グルメまでご案内!

【京都のおすすめ散歩コース】蹴上インクラインから南禅寺編

紅葉の人混みも一段落した12月。

 

久しぶりに南禅寺周辺を歩いてみたいなぁと思い立ち、蹴上インクラインから南禅寺をお散歩してきました!

 

 

蹴上駅に到着!ノスタルジックな「ねじりまんぽトンネル」

 

南禅寺は東西線「蹴上駅」から徒歩10分ほど。とても静かな場所にあり、南禅寺以外にも見所が多いエリアなのです。

 

丸一日どこかお出かけしたいな~という時にお薦めの散歩道です♪

蹴上駅出ると、まず目に入るのがこちらのトンネル。「ねじりまんぽ」と呼ばれる歩行者用のトンネルです。

f:id:kyotoburari:20180927062332j:plain

赤レンガがノスタルジックな雰囲気を醸し出して、すごく素敵!トンネル上には「雄観奇想」と書かれています。


この上に、あの有名な蹴上インクラインがあります。インクラインとは、船が行き来する線路のこと。荷物の重みに耐えられるよう、レンガが螺旋状に組んで作られています。

 

線路の上を歩きたい「蹴上インクライン」

 

蹴上インクラインは、582mもある世界最長の傾斜鉄道跡。今も少し残る線路の上を歩くことができるんです!

 

さぁ、早速蹴上インクラインにあがってみましょう!線路の上を歩くっていう特別感もあって、ちょっと興奮(笑)紅葉したモミジも残っていて、得した気分です♪

f:id:kyotoburari:20180927062406j:plain

奥まで続くとっても長い線路。写真スポットとしても人気があります。

 

インクラインでは、春は桜が咲き誇りまさに桜の大海原となります♪

www.kyotowalk-gourmet.com

 

高さ22mもある三門を有する「南禅寺」

 

続いては、先ほどのトンネルをくぐり、南禅寺を目指します。

 

南禅寺までの道中には、お寺があったり京都らしい景観が楽しめます。

f:id:kyotoburari:20180927062436j:plain

道の脇には、水がさらさらと流れていたり歩くだけで楽しい気分に!


道で見つけた椿。ちょうど見ごろの時期で、綺麗に咲いていました。季節ごとに色んな植物に会えるのも、街歩きの面白さです。

f:id:kyotoburari:20180927062501j:plain



さぁ、歩いていたら目的の南禅寺に到着です。


境内に入ると、目に飛び込んできた大きな南禅寺三門。その高さは、なんと22メートル!重要文化財にも指定される迫力ある山門です。

f:id:kyotoburari:20180927062533j:plain

近くで写真を撮ろうとすると、大きくて枠に入りきりません!この位、ちょっと離れて撮るのがお薦めです。

 

春には桜、秋には紅葉と色んな表情が楽しめます。


参道の脇には、12月の始めだったこともあり「散もみじ」が楽しめました。そして、苔の間からまだ小さな松が生えてきていました!

f:id:kyotoburari:20180927062623j:plain

周りの大きな松の種が落ちて、育ってきたのかな?小さい松は、なんだか愛らしくて可愛いです。

 

続いて、南禅寺の水路閣から法然院に向けて歩いてきました。よければ、こちらもご覧ください♪

≪続く≫南禅寺水路閣から法然院へ

www.kyotowalk-gourmet.com

 

南禅寺

住所:京都府京都市左京区 南禅寺福地町

アクセス:東西線「蹴上駅」徒歩10分