京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。神社仏閣の楽しみ方もご案内!

【キッチンゴン六角店でピネライス】カツ炒飯カレーを丸ごと味わう京都グルメ!

先日、ランチを食べようと六角通をぶらぶら歩いていると、以前から気になっていた「キッチンゴン 六角店」さんを発見!

 

京都のソウルフードともいえるピネライスが有名な洋食屋さんです。ピネライスって何!?と思った方も多いはず。


今日はそんな京都の気になるグルメをリポートしていきます!

 

  

京都グルメを楽しめる『キッチンゴン』

 

キッチンゴン六角店さんの入口がこちら。

 

店内が透けて見えるドアには、キッチンゴンの可愛いキャラクターが描かれています。その上には「ピネライスのお店」と書かれていました。f:id:kyotoburari:20180922175152j:plain

 

ピネライス!?あまり耳馴染みのない料理名。みなさんはご存じですか?

 

私も恥ずかしながら、ピネライスの正体をあまり知りませんでした。その昔、地元タレントの谷口キヨコさんがTVで紹介していた記憶くらい(笑)

 

言葉の響き的にオムライスのようなものなのかしら? 考えるより食べてみた方が早いでしょう!

 

早速ピネライスを注文してみました♪

 

カツ炒飯カレー!ご馳走ピネライス

 

ピネライスを待つこと数分。店員さんが懐かしい銀皿に乗せてピネライスを運んできてくれました。

 

さぁ、こちらがピネライスです!

 

なんとチャーハンに、ボリューム満点のトンカツが豪快に乗っているではありませんか!さらには、贅沢にもカレーソースがかけられています。

f:id:kyotoburari:20180922175532j:plain

 

なにこれ。想像以上に美味しそう。

 

日本人が愛する料理を一皿にのせまくった一品。まさにご馳走のオーケストラ!ごちゃまぜ感がB級グルメっぽくて食欲をそそります!銀皿なのも昔ながらの洋食を彷彿とさせます。


まずは、トンカツと炒飯、そしてカレーでご馳走ワンスプーンを自分で作ります。そしてパクッと豪快に一口!

 

ん~まい!!カレーは洋食屋さんが丹精込めて作ったコクのある味わいそのもの!塩気のあるチャーハンと絶妙に合います。


さらにピネとは、フランス語で「薄いカツ」という意味だそう。サクッと揚げられたトンカツが一瞬で私を幸福感で包みます。

 

しっかり玉子の入ったチャーハンは、マイルドさもあって良い感じです。

 

一見ごちゃまぜに見えるのに、それぞれが絶妙にマッチしており非常に美味しいです!昭和の時代から続いているような懐かしい味。老若男女みんなが好きな洋食屋さんの味だと思います。

 

しかもお値段も、870円でとても良心的。安いのに、美味しくてお腹いっぱいになれるまさにご馳走プレートでした!

 

 

昔ながらのハヤシライス

 

こちらは、主人が注文した特製ハヤシライス

 

トマトの酸味が効いた昔ながらのハヤシソースは何とも懐かしいお味!福神漬けも美味しくて、ハヤシライスと一緒にポリポリ食べていました。f:id:kyotoburari:20180922175656j:plain

ハヤシライスには、ポタージュもセットで付いてきます♪これもなかなかうまし。

 

店内はカフェのような清潔感ある造り。若いお客さんからファミリーまで、幅広いお客さんがお食事を楽しんでいました。

f:id:kyotoburari:20180922175231j:plain

メニューはピネライスの他にも、エビフライビフテキハンバーグ定食など美味しそうな洋食メニューがたくさんありましたよ♪

 

ちなみに、キッチンゴンさんの本店は西陣にあります。創業が昭和45年の本店には、駐車場も完備されているので車の方はこちらもお勧めです。

 

キッチンゴンさんは、ご馳走を総まとめに味わえたような満足度の高い洋食屋さんでした!またお腹を空かせて立ち寄りたいと思います。

 

ごちそうさまでした~!

 

 

キッチンゴン 六角店
住所:京都府京都市中京区堀之上町129 プラネシア六角高倉 1F

アクセス:阪急烏丸駅徒歩5分
営業:11:00~22:00