京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。神社仏閣の楽しみ方もご案内!

【かさぎ屋で宇治抹茶かき氷】京都二年坂の甘味処でほっこり♪

今回は清水寺観光の道中、二年坂にある『かさぎ屋』さんをご紹介!

 

京都らしさ溢れる町屋で、美味しい京スイーツをいただけるオススメの甘味処です。今日は暑い夏に一度は食べたい宇治抹茶かき氷をいただいてきましたよ〜。

 

 

竹久夢二も通った甘味処『かさぎ屋』

 

この日は、八坂神社で祇園祭のお稚児さんのイベントを楽しんだ後、清水寺方面へ向かいました。

 

せっかくなので二年坂をお散歩です。夏真っ盛りの炎天下で、そりゃもう暑い暑い!

 

「冷たいものが食べたい!」とお店を探して発見したのがかさぎ屋さんです。

かさぎ屋さんは大正3年(1914年)創業の甘味処。なんと画家、竹久夢二も通ったという老舗てす。 

 

場所は高台寺と清水寺の中間でしょうか。遠くでは工事をしていましたが、二年坂の風景を一枚パチリ♪

f:id:kyotoburari:20180919230414j:plain

石畳の小路が京風情が感じられ、お気に入りの景色です。観光客にも人気の写真スポットですね。

 

かさぎ屋さんは、普通に歩いていたら見落としてしまいそう。これがまた、隠れ家感があって、ワクワクします!

f:id:kyotoburari:20180919230718j:plain

味のある暖簾をくぐり、ちょっとドキドキしながら木の引き戸を引きます。


店内は、和の風情漂う素敵な雰囲気。小さな木造の店内は、町屋の雰囲気そのもの。ほっこり京都気分を味わえます。

f:id:kyotoburari:20180919230740j:plain

さぁ、席に着いたらかさぎ屋自慢の甘味を選びましょう!

 

夏に食べたい!宇治抹茶かき氷

 

この日は夏らしく「宇治氷」を注文!宇治抹茶シロップのかき氷です。

それがこちら。こんもり盛られた氷を見るだけで、暑さが吹き飛びます!一口食べると「かき氷ってこんなに美味しかったの!?」としみじみする美味しさ!

f:id:kyotoburari:20180919230759j:plain

やっぱり暑い日に食べる「かき氷」は格別ですね!涼しくなりました本当に。

かき氷の奥に写っている急須も、渋くて素敵じゃないですか?取っ手が木の弦で編まれていて、町屋の雰囲気とマッチしてます。冷たいかき氷のあとは、温かいお茶でほっと一息です。

 

冬には温かいぜんざいも楽しめます


夏はかき氷といったひんやりスイーツを味わえますが、寒い冬には体を温めてくれるメニューも充実しています。


なかでも最高級の丹波の大納言小豆を使った三色萩乃餅ぜんざいは大人気!こちらもまた涼しくなってきたら食べてみたいな~。

 

かさぎ屋さんは、清水寺道中にありながら意外と空いている穴場です。私が訪れたときも、お客さんは二組ほどでした。

 

喧騒から離れてゆったり寛げるので、清水寺散策の際に是非訪れてみてくたさいね♪

 


かさぎ屋
 住所:京都府京都市東山区桝屋町349
 営業:11:00~18:00
 電話:075-561-9562