京都ぶらり散歩&グルメ手帖

京都マニアが定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。四季折々の神社仏閣の楽しみ方から美味しい京都グルメまでご案内!

【鍵善良房で味わう吉野葛100%の「くずきり」】八坂神社近く、老舗甘味処で一休憩♪

本日は「鍵善良房」さんへ「くずきり」を食べに行ってきました!

 

残暑がまだまだ続く今日この頃。

つるっとお腹に入る夏らしいものを食べたいなぁと思い立ち、いざ出陣。

鍵善良房さんは、祇園四条通りにあります。

祇園四条駅から徒歩3分ほどで、八坂神社の参道にあるお店です。

 

さて、てくてく歩いてお店に到着しました。
歴史のあるお洒落な暖簾が素敵ですね~。味わいがあります。

f:id:kyotoburari:20180923162810j:plain

お茶目な「ひとつ目小僧」の提灯も♪

このお化け提灯は、高台寺のお化けイベントに合わせた夏限定なんですよ~。

鍵善良房さんは、創業が江戸時代の老舗。
京都の花街・祇園で長く人々に愛されてきた京菓子の伝統ある老舗です。

 

扉をあけると、昔さながらの和の空間で干菓子生菓子が販売されています。

今回目指す喫茶スペースは、その奥にあります。

 

人気のお店なので、いつも人が並ばれていることが多いかも。

私は15分ほど並んでから、テーブル席に座ることができました♪

 

喫茶メニューは、自慢のくずきりから、生菓子、わらびもち、ぜんざい

など、美味しそうな和菓子がずら~り!和菓子パラダイスです。

 

私はお目当ての「くずきり」¥900を注文しました。


鍵善良房さんでは、吉野葛100%を使用されています。

吟味された素材を使って、上質なくずきりを楽しむことができるんです!

 

さぁ、くずきりはこんな重厚なお櫃に入って提供されます。
しっとり手に吸い付くような手触りでいかにも高そう。期待感が高まる!

f:id:kyotoburari:20180923163124j:plain

奥に見えるのは、主人が注文した生菓子です♪これも美味しそう。

不慣れながら、くずきりを箸あげ!

見て下さい、この艶っとした透明感あるくずきりを!

f:id:kyotoburari:20180923163237j:plain

 

このくずきりを、に付けて頂きます。
黒蜜か白蜜かを選べるんですが、私は黒蜜にしました。

 

食べてみると、食感はつるっつる!喉越しがなんとも気持ちがいい!
程よく弾力があり、シンプルな味ながら満足感も感じられます。

 

昔は正直、くずきりの良さをあまりわからなかったんです。

でも大人になった今、ほんのり広がる甘味。これを噛みしめる楽しさ。

昔から食べられる菓子に思いを馳せてみたり。

 

食べながら、幸せを感じることができるまでに成長しました(笑)

気付けばあっという間に完食です!

ふと、下鴨にある「宝泉」さんのわらび餅を思い出しました。
ほんのり甘味を感じる上品さ。それが何だか近いものを感じます。

店内は広々した空間に、テーブル席贅沢に配置されとても寛げますよ。

¥900でこの空間、美味しいくずきりで贅沢気分ならお得です。

祗園エリアにあるので、観光の足休めに美味しい和菓子はいかがですか?


また休憩がてら食べに行きたいな~。


鍵善良房 四条本店
 

住所:京都市東山区祇園町北側264番地

アクセス:京阪「祇園四条駅」7番出口から徒歩3分
電話:075-561-1818
営業時間 9:00~18:00
定休日  月曜日