京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。神社仏閣の楽しみ方もご案内!

【常寂光寺の紅葉】赤モミジに染まる多宝塔絶景!竹林や苔も楽しむ♪

皆さんは嵐山にある常寂光寺(じょうじゃっこうじ)をご存知ですか?

 

常寂光寺は小倉山の中腹にあることから、見張らしも楽しめる嵐山随一の紅葉スポット!秋のこの時期には、紅葉が境内を彩り、爽やかな竹林や苔を楽しむことができます。

 

今日はそんな風光明媚な常寂光寺の秋の魅力をたっぶりお届けします♪

 

 

常寂光寺の歴史

 

常寂光寺は嵐山のシンボルである竹林ロードから歩いて5分。山奥にひっそりと佇む静かなお寺です。

 

入口に見えるのが、江戸時代に作り変えられたという山門。閉門しても格子の間から参道を見渡せる開放的な造りになっています。

f:id:kyotoburari:20181124080433j:plain

常寂光寺は、慶長年間(1596〜1614)に日蓮宗大本山本圀寺(ほんこくじ)の日禎(にっしん)により創建されたお寺。

 

豊臣秀吉による千僧供養の命令に背いた日禎が、本圀寺を出て小倉山に隠遁所を造ったのがその始まりです。

 

その後、大名である小早川秀秋公の助けもあり、伏見桃山城客殿を移築し本堂を造営。 仁王門は、元和2年(1616)に大本山本圀寺客殿の南門を移築、1620年には多宝塔が建立されました。

 

それから現在までの400年間、常寂光寺は代々の住職に守られ続け、四季折々の表情で私達を楽しませてくれています。

 

仁王門を染める鮮やかな紅葉

 

常寂光寺の境内に足を踏み入れると、さっそく色彩に溢れた世界が広がっていました!

 

赤や黄色に色づいた紅葉がキラキラと輝き、まるで天から降り注いでくるかのよう!いやはや、自然が生み出す色彩がこんなに豊かだなんて感動です。

f:id:kyotoburari:20181124075349j:plain

静かな山荘にふらりと迷いこんだような感覚。常寂光寺のこんなひっそり感も個人的には大好き。楓の木が生い茂っているので、夏には青モミジも楽しむことができそうです。

 

常寂光寺は、小倉山にあるため境内はゆるやかな坂になっています。

 

階段をのぼって、仁王門を上から撮ってみました。木々に覆われて少し見づらいですが、日本風情ある茅葺き屋根がとっても素敵!

f:id:kyotoburari:20181124080951j:plain

足元には、苔の上を散りモミジが美しく彩っていました。紅葉は、落葉した後もこうやって楽しめるのが魅力ですね。

 

境内の写真をご覧いただくと、常寂光寺は随分と開放感のあるお寺だと思いませんか?

 

実は常寂光寺は、塀のないお寺としても有名で、小倉山の開放感を存分に楽しむことができます。是非、この自然との一体感を感じてみてくださいね。

 

美しい竹林と苔の世界

 

常寂光寺の境内には、竹林があるのをご存知ですか?

 

圓光寺や地蔵院などのように、常寂光寺も紅葉と合わせて竹林を楽しめる一石二鳥のお寺なんです。

 

背の高い竹が太陽光に輝き、天まで伸びています。そこに紅葉した楓が覆いかぶさって、めっちゃ綺麗!

f:id:kyotoburari:20181124081153j:plain

まさに竹とモミジのコラボレーション!木漏れ日も眩しい~。

 

竹林ではモコモコしたに出会うこともできました。ふかふかして気持ち良さそう!

f:id:kyotoburari:20190917074450j:plain

苔ファンにはこちらも見逃せないところ。梅雨時期には、雨の恵みでさらに輝きを増しそうです。

 

池に舞い落ちたモミジも発見!

 

まるでお星さまが水面に浮かんでいるようで情緒があります。これは、池モミジと勝手に名付けちゃいましょう!

f:id:kyotoburari:20181124081852j:plain

境内を歩いていると、いろんな紅葉の楽しみ方を発見できちゃいますね。

 

紅葉を愛でることで、鈍っていた感性が少し目を覚ましてくれた気がします(笑)

 

真っ赤なモミジに包まれる多宝塔

 

常寂光寺は、山の上にある展望台まで登ることかできます。結構な階段数でしたが、せっかく来たので気合いを入れて上りました!

 

そこから見た景色がこちら。紅葉越しに見下ろす多宝塔の美しいこと!燃えるような赤モミジに思わず目を奪われます。

f:id:kyotoburari:20181124082041j:plain

平安時代から嵯峨野エリアは、皇族や貴族が離宮や山荘をかまえる景勝地でした。この常寂光寺の境内にも、百人一首の撰者・藤原定家の山荘があったそう。

 

確かに風光明媚な小倉山の景色を見れば、歌も詠めるというもの。何だか妙に納得してしまいました!

 

常寂光寺は情緒ある紅葉が楽しめる!

 

展望台から降りて、本堂に戻ると「クロベエおいで!」とお堂の中から声が聞こえました。

 

傍を見ると、可愛らしい黒猫ちゃんの姿が。お寺の飼い猫なのかな?人懐っこそうで可愛かった~。

 

嵐山を走り抜ける人力車。紅葉シーズンはお兄さん達もフル稼働ですね!

f:id:kyotoburari:20181124082546j:plain

山を登った後だったので、心の中で「乗せて~」と叫んでしまいました(笑)

 

常寂光寺は、その名の由来「常寂光土に遊ぶような風情がある」の通り、情緒があって素晴らしいお寺でした。

 

また四季折々の常寂光寺の表情を楽しみに、季節を変えて訪れてみたいと思います♪

 

常寂光寺

住所:京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3

アクセス:JR嵯峨野山陰線「嵯峨嵐山」から徒歩15分、京福電鉄「嵐山」から徒歩20分
電話番号:075-861-0435
拝観料:400円
拝観時間:9:00~17:00(16:30受付終了)