京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。四季折々の神社仏閣の楽しみ方から美味しい京都グルメまでご案内!

【麺屋猪一本店】ミシュラン獲得ラーメンの白と黒を食べ比べ!

今、京都で一番美味しいラーメンと評判のお店。それが河原町にある麺屋猪一さんです。

 

なんとミシュラン ビブグルマン京都に選ばれたお店!先日祇園祭に行った帰りに、ふと立ち寄ってみることにしました。

 

 

ミシュラン獲得ラーメン『麺屋猪一』

 

猪一さんは、河原町駅から徒歩15分ほどの場所にあります。

 

実はこちらの「猪一」、豚や鶏といった動物系脂を一切使用していません。そして、麺も北海道産小麦を使うというコダワリ派。

 

ラーメンは、支那そば・鶏そば・和牛そばの3種類。それぞれスープの色が白・黒を選んで、計6種類!白が塩味、黒が醤油味とのこと。

 

和牛出汁って初めて聞くから気になる・・

 

でも初めて来たので、定番から攻めてみよう!支那そばの白と黒を、旦那とそれぞれ注文してみました。

 

濃厚鰹出汁が香る『支那そば黒(醤油味)』

 

こちらが「支那そば黒」

スープはツヤっとしていて、脂が一切浮いてません!透き通った美しいスープ。煮タマゴとチャーシュー、のり、白ネギがトッピングされています。

f:id:kyotoburari:20181108023406j:plain

動物系を使わないスープってどんな味なんだろう。レンゲでスープをすくって、一口いただきます。すると、ふわっと口に濃厚な鰹出汁が広がる広がる!

 

濃い出汁の旨みと、自然と口の中に広がる甘味。良い出汁って砂糖とか入れてないのに、ふわっと甘かったりしますよね。まさにそれ!ラーメンでこういう甘味を感じるのは、初めての経験です。

 

イメージとしては、少しうどん出汁っぽい。でもしっかり中華らしさもある。新風を吹き込むような京都らしいお味のラーメンです。

 

テーブルにはとろろ昆布も常備されていました。ラーメンの後半に加えて、より旨みを深めることができます。

f:id:kyotoburari:20181108023623j:plain

体にも良さそうです!

 

コク旨の黄金スープ『支那そば白(塩味)』

 

こちらは主人が注文した、塩味の「支那そば白

チャーシューがでかい!見た目がやっぱり、美味しそう。

f:id:kyotoburari:20181108023428j:plain

こちらは黒よりも、あっさりした味わいです。コクがあって、深い塩の旨みが感じられる一杯

 

一口食べたら、スープまで飲み干したくなる美味しさです!

 

テーブルには京都で有名な「原了郭」の七味が置かれていました。味の変化にちょっとふりかけてみるのも良いですね♪京都の味覚も味わえて一石二鳥です。

 

健康志向派にもお勧めです!

 

猪一さんは、優しいすっきりとしたスープやとろろ昆布など、ラーメンを食べているのに「太る」という感覚が少ないラーメン屋さんでした!

 

実は私、この日は夜ご飯を食べたあと、夜9時頃に訪問したんです。

 

それでも豚骨ラーメンのようなこってり感がないので、気持ちよくラーメンを楽しむ事ができました!(ラーメン食べる前に飲んでる時点で、デブ街道まっしぐら?)

 

ダイエット中の方や、健康志向の方もお薦めですよ!ドリンクメニューには飲むサラダなるグリーンスムージーもありました。

 

是非河原町にお立ち寄りの際は、寄られてみてくださいね♪

 

 

支那そば 麺屋 猪一
住所:京都府京都市下京区恵比須之町528 エビステラス 1F

アクセス:阪急京都線河原町駅から徒歩約10分
営業:
月〜土 昼11:30~14:00 夜17:30~22:00
日   昼11:30~14:00 夜17:30~21:00
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合、翌火曜日休み)