京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。四季折々の神社仏閣の楽しみ方から美味しい京都グルメまでご案内!

【イノダコーヒー本店でタマゴサンドモーニング】京都の朝はイノダで決まり!純喫茶で幸せ気分♪

京都の老舗喫茶店と言えば「イノダコーヒー」でしょう!1940年に創業し、地元民から観光客までが集う京都の代表する喫茶店です。

 

お洒落な赤いオブジェが、イノダコーヒーのトレードマーク。カフェというよりは喫茶店と言いたくなる、素敵な佇まいです。

f:id:kyotoburari:20180920002526j:plain

 

この日はモーニングを食べに、朝から本店に行ってきました!京都の朝を元気にスタートさせてくれるお薦めの喫茶店です。

 

 

イノダコーヒー本店のモーニングはタマゴサンドで決まり♪

 

レトロな雰囲気が素敵な本店は、堺町通三条にあります。京町家風の格子窓と、コーヒー色の可愛いのれんが目印です。

f:id:kyotoburari:20180920002548j:plain

 

店内は純喫茶そのものの雰囲気。ショーケースには昔ながらの美味しそうなケーキがずらり。右下の「ジャンボシュークリーム」が大きいこと!f:id:kyotoburari:20180920002610j:plain

プレートに4つしか入らないサイズ。食べごたえがありそうだわ~。

 

この日の朝は、お気に入りの「タマゴサンド」を注文!京都の老舗喫茶店は、タマゴサンドがメニューにあるのが定番です。

 

たっぷりふわふわ!ボリュームあるタマゴサンドは、見るからに美味しそう!パンよりタマゴのボリュームが多いのも嬉しいポイントです。

f:id:kyotoburari:20180920002632j:plain

「きゅうり」を挟んだ昔ながらのタマゴサンドスタイル。口に運ぶと、甘くてふっくらほろほろなタマゴ広がる~!きゅうりのパリッとした食感もアクセントに。

 

そして、昔ながらの銀皿にタマゴサンドというレトロさが堪りません。眠っていた乙女心をかきたてます(笑)きっと当時からこのスタイルで提供していたんだろうな~。

 

コーヒーは定番「アラビアの真珠」にミルクと砂糖を入れて

 

サンドと一緒に頂くおすすめのコーヒーは「アラビアの真珠

イノダコーヒーでは、ミルクと砂糖が入っているのが基本スタイルです。f:id:kyotoburari:20180920002647j:plain

私は普段コーヒーに砂糖を入れない派。けれどイノダの砂糖&ミルクの絶妙な配合が大好きで、お店に来ると砂糖ミルク入りを堪能してます。

 

「ミルク砂糖を入れていいですか?」と聞いてくれるので、お好みでどうぞ♪

 

アラビアの真珠は、少し酸味が効いたほろ苦い味わい。気分良く、シャキッとした朝を迎えるのにぴったりです♪

 

コーヒーを片手に、美味しいタマゴサンドを食べる。イノダコーヒーでそんな素敵な朝を過ごしてみませんか?

 

イノダコーヒー本店で可愛いインコを発見!

 

店内は落ち着いた昭和モダンな席と、中庭が見渡せる席があります。写真は中庭のお席のオープンテラス。水色のチェックのクロスが可愛い!

f:id:kyotoburari:20180920002709j:plain

 

そしてなんと!イノダ本店では、店の外でインコを飼ってます。ゆらゆらブランコで揺れるお茶目なインコさん。f:id:kyotoburari:20180920002723j:plain

あれ、ちょっとカメラ目線?めっちゃ可愛い~!

 

でもなんで、インコを飼ってるんでしょう??気になって調べたけど真実は不明(笑)誰かご存じの方教えてください。

 

こちらのインコさんは、お店の人気アイドルなんですよ~♪インコさんに癒されて、美味しい朝食に大満足。

 

是非、イノダコーヒーで京都らしい喫茶風景を楽しんでみてくださいね。

 

*ご参考*

昔ながらの円卓カウンター席がある「イノダコーヒー三条店」もお薦めです

三条店のモーニングセットの記事もご参考にどうぞ♪


イノダコーヒー本店

住所:京都府京都市中京区堺町通三条下ル道祐町140

電話:075-221-0507

営業:7:00~20:00