京都ぶらり散歩&グルメ手帖

京都マニアが定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。四季折々の神社仏閣の楽しみ方から美味しい京都グルメまでご案内!

【市原平兵衛商店のすす竹を使った「みやこばし」】祖父の米寿祝に夫婦箸を贈る

実は、祖父が米寿を迎えるので
色んな贈り物を考えた末、お箸を見に「市原平兵衛商店」へ出掛けました。

夫婦箸としてプレゼントできれば、祖父母とも喜んでくれるかも!と思ったわけです。
お箸には橋渡しという意味もあり、とても縁起が良いそう。

市原平兵衛商店さんは江戸時代創業で、箸一筋の京都の老舗です。

f:id:kyotoburari:20180924004155j:plain


 店内には、た~くさんのお箸が並びます。約400種類ほどあるそう。
手に取って、自分に合う箸を探すのも楽しい♪

f:id:kyotoburari:20180924004252j:plain


お箸を選んでいると、貝殻模様が素敵な塗り箸を発見!
店主の奥様に米寿のお祝いだと伝え、塗箸はどうでしょうと相談。

どうやら塗箸は滑りやすく、お年寄りには少々使いにくいのだそう。
ほぅ、確かにその通り!さすがお箸のプロの意見は参考になります。

そこで、薦められたのが、「みやこばし」です。
それぞれ表情が違うお箸たち。味があります。

f:id:kyotoburari:20180924004319j:plain


みやこばしは、昔の家屋の天井裏に使用されていた「すす竹」を使ったお箸。


囲炉裏やかまどの煙で煽られ、150年程の年月が経っているので
丈夫で反りにくく、長く愛用できるのだそう!

ほうほう、長持ちするうえ、限りがある資源で貴重な竹なんですね。

はじめは見た目が地味だし、贈り物にはどうだろうと思ったのですが
説明を聞き、手に取ることで、みやこばしの虜に。

 

よ~し、米寿祝の品は「みやこばし」に決まりだ!

 

そうと決まれば、たくさんあるお箸の中から贈り物を選びます。

じっくり時間をかけて、祖父は長めサイズで色の濃いものを。

祖母は短めサイズで色の薄い箸をチョイス!


お店の方にお願いし、「夫婦箸」として桐の箱に入れて頂きました。

f:id:kyotoburari:20180924004020j:plain


また箸先は、このように食べやすいように一本一本削られています
手に取って使ってみると、箸先がピタッとあってとても使いやすい!

f:id:kyotoburari:20180924003518j:plain

軽くて、しっとりと手になじむ感じ、本当に気持ちいい。
まるで箸と一心同体であるといった心地よさ。魚の骨も楽々とれそう

 

みやこ箸は、楽天市場でも購入できるようになりました。

お祝いなど、大切な人へのプレゼントにお薦めですよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

みやこ箸・市原平兵衛商店
価格:4752円(税込、送料別) (2018/10/26時点)


 

 

また、お店の方から「菜箸」を主婦の私に薦められました。
食材を掴みやすい上、握りやすい八角形の断面の優れモノ
お値段が4000円程なので、料理の腕をもっと上げたら手にしてみたい(笑)


後日、祖父にプレゼントした際に衝撃の事実が発覚!
なんと祖父は若い時に自分で購入した市原平兵衛さんのお箸を
今まで50年間も使い続けていたのです

それがこちら。新しいお箸と比較。上が50年使い続けた、みやこばし。
だいぶ色あせて削れてしまっているが、祖父の食事を支え続けてくれた大切な箸。

f:id:kyotoburari:20180924003853j:plain


なんで、新しい箸を買わずに、みやこばし50年も同じ箸を使ってるの?
と聞いたら、答えはとてもシンプル。

すごく使いやすいから、他のものは使えない。
京都まで買いに行こうとおもっていたところだった。

孫の私が良いタイミングでプレゼントできたので、すごく喜んでもらえました。
ここまで喜んでもらえると、贈った私も嬉しい!

京都ブランドの高級な箸を、と意気込んでいましたが
本物の老舗であることを、祖父を通じても知ることができました

ひとに長く愛され、生活を豊かにする道具をつくる。
それが京都のほんものの老舗なのですね。

いつか自分もみやこばしを使ってみたいな。
少し値段は高くとも、十分に価値のある道具だと思う。

 

**メモ**
市原平兵衛商店
住所:京都市下京区堺町通四条下ル小石町118-1

行き方:地下鉄「四条」駅から徒歩5分
営業時間:平日10:00~18:30 日・祝11:00~18:00
電話:075-341-3831