京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。神社仏閣の楽しみ方もご案内!

【花見小路のお茶屋カフェ「Cafe冨月」】和菓子と抹茶で寛ぐ祇園の隠れ家

「祗園に来たら、京都らしいカフェで美味しいスイーツを食べたい!」そんな願いを叶えてくれるのがCafe 冨月(かふぇふうげつ)さん。

 

元お茶屋の建物を利用したカフェで、美味しいお抹茶やスイーツを味わえるんです!普段垣間見えない世界にちょっとドキドキ。

 

今日はそんな冨月さんに行ってきましたよ♪

 

 

Cafe冨月とは?

 

冨月さんは、祇園の顔・花見小路を少し入ったところに佇むカフェ。元お茶屋を利用し、魅惑の大人世界をちらりと覗ける面白いお店です。

夜は会員制バーと敷居が高めですが、カフェタイムはお抹茶や和菓子、抹茶ケーキをいただけるそう!

 

私は花見小路をお散歩していたところ偶然発見しちゃいました。花街のカフェに少し緊張しましたが、お邪魔することに。


お店に入ると、カウンター席とテーブル席が並びます。大人の社交場といった落ち着いた空間が広がります。

f:id:kyotoburari:20180923163911j:plain

夜は舞妓さんが訪れるのでしょうか?舞妓さん達の名前が書かれた団扇が壁に飾られています。なんだか京都って感じですよね♪

 

さぁ、一息ついたらスイーツタイムのはじまりはじまり〜!

 

お茶屋でいただく「生菓子&抹茶のスイーツセット」

 

まず、主人が注文した「本日の生菓子とお抹茶のセット¥1000」
涼やかで綺麗な色の夏の和菓子。綺麗なお花にうっとり!一口食べると、ほんのりと優しい甘さが口に広がります。

 f:id:kyotoburari:20180923164028j:plain

和菓子は近所の老舗から取り寄せたものを出しているそう。聞いてみると、この日の和菓子は鍵善良房さん、琥珀は栗阿彌さんのもの。

 

近所の付き合いのある和菓子屋さんから取り寄せるとか、京都っぽくて素敵(笑)

この琥珀、外がカリッと砂糖菓子で、中がとろっとゼリー状。すごく美味しかったので、帰りに栗阿彌さんで買って帰っちゃいました♪

和菓子を買うのなんて、いつぶりだろう。和菓子を楽しむきっかけになるような素敵な出会いがてきました。

 

福だるまを添えた抹茶ミルク

 

私が頂いたのは抹茶ミルク。色味がもう美味しそう!しかもお茶屋さんで飲んでると思うと、より美味しい(笑)しかも一緒についてくるお菓子が可愛い♪

f:id:kyotoburari:20180923164048j:plain

この可愛いだるまさんは、船はしやさんの福だるま。これも地元のお取り寄せですね。さり気なく飾られたコンペイトウも彩りも可愛くて、乙女心をくすぐります。

 

花見小路で立ち寄りたいお茶屋カフェ

 

カフェ冨月さんは、一瞬入るのに緊張しますが店員さんもとっても気さく!思い切って扉を開けてみましょう。

 

和菓子のほかにも、抹茶ケーキも楽しめるみたいですよ♪


夜は一見さんお断りのお店なので、お昼がチャンスです!どんなお店なのかな〜と覗いてみてくださいね。

祇園にしてはお値段もお手軽ですし、おすすめです。

 

 

Cafe 冨月

住所:京都市東山区祇園町南側570-8

アクセス:祇園四条駅から徒歩10分

https://gionfu-getsu.jimdo.com/