京都ぶらり散歩&グルメ手帖

京都の定番からガイドブックに載らない穴場まで、観光名所やグルメを発信中!寺社の見所や四季折々の魅力を京都大好きブロガーの視点でご紹介。MENUで検索すれば、自分らしい旅がきっと見つかるはず♪

【フランソア喫茶室】京都のクラシックが流れるカフェでケーキ♪文豪も通った小粋な喫茶店

お洒落な喫茶店が数多く存在する京都。そんな中でも、異彩を放つのが「フランソア喫茶室」。1934年創業時には、名だたる文豪が集って議論を交わした社交場だったそう。

 

今日は、そんな文化の香り漂う「フランソア喫茶室」でカフェを楽しむことに!クラシック音楽を聴きながら、美味しいケーキをいただいてきましたよ♪

 

 

あの文豪も通った!クラシカルな喫茶店『フランソア喫茶室』

 

この日は、祇園祭真っ只中。八坂神社に参拝した帰り道、笑顔で賑わう四条通を歩いてフランソア喫茶室へ!

 

アーチ状のステンドグラス窓に、ポッと軒先を照らすランプ。まるで洋館のようなお洒落な建物に心躍ります。

f:id:kyotoburari:20210727140356j:plain

1934年創業のフランソア喫茶室。戦時色が強まり言論の自由が制約される中、オーナーの立野正一氏は喫茶店の役割のみならず、反戦や芸術を議論する場としてもフランソア喫茶室を提供していたそう。

 

いつも行列ができているフランソア喫茶室ですが、この日は平日とあってか誰も並んでおらず。これはラッキー!歩き疲れて、すぐにでも休憩したかったんです(笑)

 

ヨーロッパ調の店内は、まさに大人の社交場といった雰囲気!赤いビロードの椅子に、壁にはフェルメールの名画が。

f:id:kyotoburari:20210727150110p:plain

イタリアの豪華客船をイメージしたという室内は、海外に憧れた時代の息吹を今に伝えます。ちなみに「フランソア喫茶室」の名も、フランスの画家フランソア・ミレーから名付けられたそう。

 

素敵なステンドグラスだなぁ。ドーム状の優雅な天井に、洒落た捻じり柱。バロック様式風の店内は、見渡すだけで楽しい!

f:id:kyotoburari:20210727151513j:plain

かつて太宰治といった文豪や、画家の藤田嗣治も通っていたというフランソア喫茶室。ここで熱い議論を交わしていたかと思うと、何だかドキドキしてきますね!

 

私が座った席からの景色。たまには、こんな洒落た喫茶店でのんびりするのも良いなぁ。

f:id:kyotoburari:20210731123648j:plain

黒ワンピースに白襟の店員さんの制服も可愛くて。バイトとしても人気があるそうな。 

 

2003年には喫茶店として初めて、国の登録有形文化財にも指定されたフランソア喫茶室。今はこの歴史ある雰囲気に惹かれ、老若男女問わず様々な人が訪れます。私の隣には、修学旅行で来たと思しき女子高生の姿が!「めっちゃお洒落~」と喜んでいる姿が、とても可愛かったです(笑)

 

珈琲にお酒、スイーツ、軽食も!フランソア喫茶室のメニュー

 

さて、席に着いたらメニューをチェック!

 

珈琲や紅茶をはじめ、ケーキやトーストメニューがずらり。わわ、ウィスキーやブランデーも飲めるんだ!さすが、大人の社交場。

f:id:kyotoburari:20210727144335j:plain

あ、ワインゼリーもある!1600円と少しお高いけれど、ウィスキー・ティーやブランデー・コーヒーも気になるなぁ。お店は22時半までやっているので、夜にホッと一息いただくのも素敵。

 

トーストやサンドイッチもあるので、モーニングや軽めのランチも楽しめそうです。(お店のオープンが10時なので、ブランチ的な使い方も良いかも!)

 

で、私は何を注文したかと言うと「ケーキセット¥1250」。本日のケーキは、外の看板で紹介されていました♪

f:id:kyotoburari:20210727144128j:plain

この日のケーキは、アップルパイにレアチーズケーキ、レモンタルト、洋なしのタルト、チョコレートケーキの5種類

 

京都の喫茶店らしいレモン系スイーツに惹かれつつも、ここは定番「レアチーズケーキ」をチョイス!久々の一人カフェ、のんびり寛ぎながらケーキを待ちます。

 

口溶けなめらかな『レアチーズケーキ』で至福のひと時

 

さぁ、レアチーズケーキとコーヒーがやってきました!

 

涼やかなブルーの皿に盛られたレアチーズケーキ。今にも溶け出しそうな生っぽい質感がたまりません♪

f:id:kyotoburari:20210728143234j:plain

四角くカットされたケーキは、どこかレトロでお店の雰囲気にもマッチ!とろりと垂れるブルーベリーソースも食欲をそそりますねぇ。

 

柔らか~いレアチーズにフォークを入れて、パクリッ。おぉ、なめらかな食感に程良い酸味。これは美味しい!

f:id:kyotoburari:20210728143610j:plain

くどくない甘さで、後味もすっきり良い感じ。ブルーベリーソースで味にアクセントをつけながら楽しみます。 

 

コーヒーカップも、ぽってり丸くて可愛いの!フランソワのロゴが入ったオリジナルです。

f:id:kyotoburari:20210728143549j:plain

レアチーズケーキにコーヒーは合いますね~。店内に流れるクラシック音楽を聴きながら、自分だけの贅沢な時間を過ごすことができました!

 

お土産に♪テイクアウト専門『フランソア洋菓子店』

 

「あ~美味しかった!」と店を出ると、喫茶店の横に「フランソア洋菓子店」なるものが!

f:id:kyotoburari:20210729110829j:plain

実はこちら、フランソア喫茶室のお菓子と珈琲豆のテイクアウト専門店なのだそう。喫茶店のケーキもこちらで買えるので、お家カフェや手土産にも良いですね!

 

ちなみにフランソア喫茶室は子ども(未就学児)の入店はできないとのこと。おぉ、娘をパパに預けてきてよかった~!セーフ、セーーフ!

f:id:kyotoburari:20210729111056j:plain

禁煙なのは、タバコが苦手な私にはありがたかったな。

 

ノスタルジックな雰囲気が魅力のフランソア喫茶室。かつて若者が芸術を語り合った場で、皆さんもコーヒー片手にゆったり過ごしてみませんか? 

 

フランソア喫茶室

住所:京都市下京区西木屋町通四条下ル船頭町184

アクセス:阪急「河原町」駅から徒歩1分

営業:10:00〜22:00 (LO.フード類21:00、ドリンク&ケーキ21:30)

定休日:無休 ※12/31、1/1、1/2は休業

電話:075-351-4042

駐車場:なし