京都ぶらり散歩&グルメ手帖

京都マニアが定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。四季折々の神社仏閣の楽しみ方から美味しい京都グルメまでご案内!

【永観堂の紅葉は別格の美しさ】秋が待ちきれない!色とりどりの紅葉写真をご紹介

少しずつ涼しくなり、秋の足音が聞こえる今日この頃。

そう、紅葉が待ち遠しい季節になってきましたね!

 

今日は、はやる気持ちを抑えながら

紅葉の名所永観堂を訪れたときの写真を振り返ります。

 

永観堂は「もみじの永観堂」と云われる京都屈指の紅葉の名所。

入口に到着すると、そこにはもう紅葉のトンネルが広がっていました!

色鮮やかで、美しい紅葉の波にのみこまれそう。

f:id:kyotoburari:20180919215744j:plain(紅葉が美しかった2014.11.22撮影)

 

永観堂は約3000本ものモミジが植えられています。

もう、見渡せばモミジ、モミジ、モミジ。見応え抜群ですよ~!

 

永観堂は池を中心に歩いて楽しめる「池泉回遊式庭園

池には大きな橋がかかり、そこに燃えるような赤い紅葉が彩りをそえます。

f:id:kyotoburari:20180919220151j:plain

そこらじゅうから、人々の感嘆の声が聞こえてきます。

それくらい迫力があって、美しいのです!


庭園を散策していると、可愛いお地蔵様を発見。

黄色と赤のモミジのキラキラした天井の下で、手を合わせるお地蔵様。

f:id:kyotoburari:20180919220222j:plain

なんて可愛いんでしょう!足元には、「智恵」と「慈悲」と書かれています。

モミジがお星様にも見えて、なんともフォトジェニックな1枚。


色づいた葉は、見ているだけで心が躍る自然の美しさ。
黄色、赤、緑と色鮮やかなこと!す~っと心が癒されていくのを感じます。

f:id:kyotoburari:20180919220256j:plain

日本の四季の素晴らしさを感じずにはいられません。

イチョウの葉が落ちて、黄色の絨毯。

そう、モミジだけじゃない!イチョウだってあるんです。

f:id:kyotoburari:20180919220501j:plain

イチョウの黄色って、モミジに負けないくらい美しいですよね。

苔と紅葉のコラボレーション!色彩のパレットです。

言葉なんて無用ですね。「ずっと眺めていたい!」そう思った風景です。f:id:kyotoburari:20180919220536j:plain

とってもお気に入りの写真です。

 

あらためて、四季のある日本って素晴らしいと感じました。

こういう風景に出会うと、日本人でよかった~と心から思います(笑)

 

やっぱり永観堂の紅葉は別格ですね!

拝観料は600円と少しお高めですが、それを上回る感動を味わえますよ。

 

ただものすご~い人です。混みます。

混雑を避けたい方は、朝早く行かれるのをお薦めします。

アクセスは、蹴上駅から徒歩15分ほど。

手前に南禅寺があるので、南禅寺に立ち寄ってから行くのもいいですね。

 

11月は庭園をライトアップする夜間拝観も楽しめますよ♪

永観堂は一度は訪れてみたい紅葉の名所です。

 

禅林寺 永観堂

住所:京都市左京区永観堂町48(蹴上駅徒歩15分)

ホームページ http://www.eikando.or.jp/

拝観時間:午前9時~午後5時