京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。神社仏閣の楽しみ方もご案内!

【京都醍醐寺】しだれ桜は存在感抜群!早咲き桜で醍醐の花見

今日は春分の日。季節も春めいて、の開花が待ち遠しい時期になりましたね。今回は、京都のお花見名所「醍醐寺(だいごじ)」をご紹介!

 

迫力満点の立派な桜が楽しめる醍醐寺。豊臣秀吉もここの桜を気に入り、春になるとお花見を楽しんだそうですよ♪

 

それでは早速、桜咲く醍醐寺からその魅力をお届けします!

 

 

豊臣秀吉も愛した桜名所『醍醐寺』

 

醍醐寺は、地下鉄醍醐駅から徒歩10分ほど。この日は宇治散策を満喫した後、醍醐寺へと向かいました。宇治からもアクセスしやすいので、平等院観光と合わせて楽しむのもオススメです。

 

さぁ、醍醐寺の入り口に到着です!3月下旬から桜を楽しめる醍醐寺。春を待ちわびた多くの人々の姿が見られました。

f:id:kyotoburari:20180925071949j:plain

醍醐寺の歴史は古く、創建は平安時代874年。空海の孫弟子である聖宝理源大師が准胝観音と如意輪観音を笠取山頂上に迎えたことに始まります。

 

醍醐寺に植えられた桜はシダレザクラからソメイヨシノまで、その数なんと1000本!平安時代から「花の醍醐」として人々の心を潤してきました。

 

豊臣秀吉も醍醐寺の桜に魅了された一人。春になると醍醐寺を訪れ、「醍醐の花見」を楽しんでいたそう。

 

いや~その名に違うことなく、本当に素晴らしい桜を拝むことができました!それでは早速、境内にお邪魔しましょう。

 

満開♪三宝院の太閤しだれ桜に感動 

 

醍醐寺には、三宝院・伽藍・霊宝館の3つのエリアがあります。まずは、桜が見頃を迎えたいう三宝院へ向かうことに!

門をくぐった瞬間、満開のしだれ桜がお出迎え!これでもかというくらい、枝を伸ばしたしだれ桜の美しいことよ。f:id:kyotoburari:20180925072021j:plain

秀吉にちなんで「太閤しだれ桜」とも呼ばれるこちらの桜。お坊さんも一緒に写って、何だか良い感じ!一瞬にして春の世界に包まれます。

 

桜を眺めていると、心もほんわか華やいだ気分に♪

f:id:kyotoburari:20190316171017j:plain

まるで桜の天蓋のように頭上は桜でいっぱい。可愛いピンク色に癒される~。

 

まさに春爛漫。みんなパシャパシャ、写真の撮影大会です。

f:id:kyotoburari:20200324183741j:plain

三宝館の庭園には池もあり、縁側に座ってお庭を眺めることができました。桜の写真に夢中になって、こちらは撮るのを忘れちゃいました・・(笑)

 

ゆったり観賞した後は、霊宝館へと足を運びます。こちらもまた、すごかった~!

 

これぞ醍醐寺!存在感抜群の一本桜

 

私、霊宝館で出会ってしまいました!人生最高の桜に。語るより画力、こちらの桜をご覧ください!

 

左右いっぱいに咲き誇る迫力満点の一本桜。横に10mはあるのかな?こんなに大きな桜、初めて見たからめっちゃ感動!

f:id:kyotoburari:20180925072059j:plain

あまりの美しさに、もう心打たれまくり。そりゃ、秀吉も醍醐で花見をするわと首が縦に折れるほど納得。


境内のあちらこちらから、参拝客の感嘆の声が。本当に今日は来てよかったですよね、思わずしゃべりかけたい気分(笑)

 

霊宝館は庭園になっていて、歩きながら沢山の桜が楽しめます。

f:id:kyotoburari:20200324190422j:plain

どこを見ても桜、桜、桜。まさに桜の楽園です。

 

こんなに近づいて素晴らしい桜を鑑賞できるんですよ~なんて贅沢!

f:id:kyotoburari:20190316172046j:plain

しばし上を見上げて、桜とご対面。いつまでも見ていたくなっちゃいます。

 

ソメイヨシノだって、満開です。ぎっしりぼってり、まさに10分咲き!

f:id:kyotoburari:20200324191853j:plain

緑の苔とのコントラストで、桜の美しさが際立つかのよう。 

 

とにかく桜咲く庭園は感動、感動の嵐でした。春の訪れを目一杯感じられ、大満足のお花見となりました♪

 

醍醐寺の桜の見頃は3月下旬から

 

心までポカポカになれた醍醐寺のお花見。醍醐寺の桜の魅力は、何と言っても一本一本の桜の存在感がすごすぎる!これに尽きるかと思います。

 

中心部からは少し離れますが、桜を見に醍醐寺まで足を運ぶ価値は十分ありですよ~!きっと心に残る桜となることでしょう。


醍醐寺の桜の見頃は、3月下旬からと標準より少し早め。一足早く、春の訪れを感じたい方にもオススメです。(私が訪れた三月末は、しだれ桜など一部の桜が満開でした!)

 

是非、皆さんも醍醐の花見を楽しんでみてくださいね。

 

醍醐寺

住所:京都市伏見区醍醐東大路町22

アクセス:地下鉄醍醐駅から徒歩10分

*観光シーズンは道路が混むので、電車がおすすめです。
 (周辺は駐車場が少ないです)

拝観時間: 9:00~17:00

拝観料:春期・秋期 1500円、通常期1300円

ライトアップ:3月20日から2週間程度