京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。神社仏閣の楽しみ方もご案内!

【長楽館のアフタヌーンティーで優雅な休日】薔薇紅茶は究極の癒し!

とある真夏の週末。長年憧れていた長楽館さんのアフタヌーンティーに行ってきました♪

 

「何段にも積まれたあの豪華なツリーを見たい」と張り切って、2週間前に予約。

*アフタヌーンティーは2名から予約できるので、予約がお薦め!時間は2部制(12時スタートと15時スタート)です。

 

私はランチも兼ねて、12時からの部でおじゃましました!今日は、長楽館さんのお洒落で優雅なアフタヌーンティーの世界をご紹介します。

 

 

豪華絢爛な迎賓館『長楽館』

 

長楽館さんは京阪祇園四条駅から徒歩10分。円山公園や八坂神社の近くにあります。

  

石造りの洋館がとっても素敵!扉を開けると、笑顔が素敵なスタッフさんがカフェまで案内してくれました。

f:id:kyotoburari:20180920000520j:plain

暑いなか結構な距離を歩いたので、到着する頃にはもう汗だくです(笑)

 

長楽館さんは、明治42年に実業家の村井吉兵衛が建てた迎賓館。国内外からそうそうたる人物を迎え入れ、おもてなしの場として利用されてきた社交場です。なんと、あの伊藤博文も長楽館を訪れたことがあるそう。

 

そんな館内は、シャンデリアに大理石柱と何とも贅沢な佇まい。こんな空間に立っていると、どこかの令嬢にでも生まれ変わった気分を味わえます(笑)

f:id:kyotoburari:20180920000551j:plain

素敵な迎賓館の雰囲気を堪能しながら、アフタヌーンティーをいただけるカフェへ。お部屋に入ると、さらなる別世界が広がっていました!

 

白壁に煌びやかなシャンデリア、そして高い天井から優雅に垂れ下がるカーテン。貴族の家にありそうな猫足テーブルに洒落た椅子。まさにこれぞ非日常!

f:id:kyotoburari:20180920000618j:plain

こちらのロココ様式のお部屋は、かつて応接室として使われていた「迎賓の間」。アフタヌーンティーを利用する人だけが入ることのできる夢の空間です。

 

ドレスコードは特にありませんが、お洒落をした女性が沢山いらっしゃいました。確かにいつもより素敵に装いたくなりますよね♪

 

ただ私、この素敵な空間に緊張してしまい失態を・・静かな空気の中、着席時に「ゴンっ」と机に脚をぶつけ、すごい音が・・。恥ずかしい、やはり庶民は隠し切れません(笑)

 

長楽館の贅沢なアフタヌーンティー

 

さて、気を取り直して。お待ちかねのアフタヌーンティーの到着です!

 

三段の英国式アフタヌーンティースタンドには、彩り美しい食事が並べられていました。なんだか素敵すぎて、セレブにでもなった気分♪

f:id:kyotoburari:20180920000650j:plain

この積み重なったツリーにずっと憧れていたんです!一皿ずつ写真を撮ったので解説しますね。

 

一番上のお皿はスイーツが中心。メロンやラズベリー、チェリーが盛られ、夏らしくさっぱりと味わえるプレートです。ケーキも2種類もあって、パクリと食べられるサイズ♪

f:id:kyotoburari:20180920000719j:plain

奥の赤いゼリーはシソのジュレ。シソを使ったジュレって珍しいですよね?工夫が感じられるのも食べていて楽しいですよね♪

 

2段目はプレーンとクランベリーの2種類のスコーン。クロテッドクリームor木苺ソースを付けていただきます。

f:id:kyotoburari:20180920000751j:plain

しっとりとしたスコーンが香ばしく、ほんのり甘いクリームとも相性抜群!英国らしく、紅茶と一緒にゆっくりと味わいます。

 

3段目はサンドイッチやキッシュのお食事系。目にも美味しい彩り豊かな一皿です。主人はお腹が膨れるものを食べられて、喜んでました(笑) 

f:id:kyotoburari:20180920000821j:plain

どれもお洒落で綺麗ですよね。お味ももちろん美味しかったです!

 

そして、忘れてはならないのが長楽館さんのドリンクメニュー!これがもう、スペシャル感満載で、想像以上に良かったです。

 

へレンドで飲む至福の薔薇紅茶♪

 

長楽館さんでは、贅沢なドリンクを味わえるのも楽しみの1つ。

 

こちらがドリンクメニュー。定番のダージリンはもちろん、薔薇の紅茶から白桃のフルーツティーまで。普段お目にかからないラインアップに大興奮! 

f:id:kyotoburari:20180920000839j:plain

 

まず私は白桃ジャスミンティー、主人はコーヒーを注文しました。

 

すると、コーヒーが銀食器のセットで優雅に運ばれてきたんです!お洒落すぎる~あまりの素敵さで卒倒しそうでした。さすが長楽館さん、贅沢だなぁ。 

f:id:kyotoburari:20180920000858j:plain

白桃ジャスミンティーも、ほのかに桃が香ってとても美味しかったですよ。

 

ドリンクは飲み終わると、おかわりすることができます。もちろん、別のフレーバーでも大丈夫!いろいろ飲んでみたいので、すごく嬉しいサービスですよね。

 

お言葉に甘えて、次は「ウィーンのバラ」を注文。これが、ほんのりバラの香りがして美味しかった~!バラの香りは心まで優雅な気分にしてくれるんだなと思いました!なにより長楽館の雰囲気にもぴったりです。

 

ポットもこんなに可愛いんですよ~!蓋のつまみの部分が薔薇になっています。 

f:id:kyotoburari:20180920000922j:plain

実はこちらは、ヘレンドの「ウィーンのバラ」というポットだそう。紅茶の名前に合わせて出してくれていたんですね!もう素敵すぎてクラクラ・・・

 

ネットで調べたらウン万円なんて出てきて、、、紅茶を注ぐ手が震えました。こんな調べものをするあたり、また庶民丸出しでございます(笑)

 

レトロで素敵な調度品

 

本当に何もかも素敵な長楽館さん。当時の調度品である時計もインテリアとして飾られていました。豪華ですよね~!

f:id:kyotoburari:20180920000949j:plain

豪華絢爛な装飾のあまり、よく見ると文字盤がすごく小さいです(笑)

 

コースターもレトロで可愛いんです!長楽館を建てた人が煙草王であったことから、当時の煙草のパッケージがプリントされています。

f:id:kyotoburari:20180920001015j:plain

デザインが素敵だったので、記念にお家に持って帰りました♪

 

最後のデザートは、グレープフルーツシャーベット!夏らしく爽やかに、甘酸っぱさが口に広がります。 

f:id:kyotoburari:20180920001036j:plain

 

お店に来た時は暑さにやられてましたが、長楽館さんで過ごすなかで暑さも吹き飛んでしまいました。

 

食事はもちろんですが「長楽館さんの美味しい紅茶をまた飲みに訪れたい!」そう思うくらい、紅茶の美味しさには感動しました!

 

アフタヌーンティーは電話予約が必須です。こちらの一休では、長楽館のイタリアンの予約ができるのでご参考まで。

長楽館予約

 

またあの優雅な空間で時間を過ごしたいなぁ。素敵なひとときをありがとうございました♪

 

長楽館  

住所:京都府京都市東山区八坂鳥居前東入ル円山町604 長楽館  

営業時間:12:00-18:00  

電話:075-561-0001