京都ぶらり散歩&グルメ手帖

京都マニアが定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。四季折々の神社仏閣の楽しみ方から美味しい京都グルメまでご案内!

【長楽館のアフタヌーンティーで優雅な休日♪】薔薇紅茶は究極の心の癒やし

とある真夏の休日。

憧れの「長楽館」のアフタヌーンティーに行ってきました♪

 

「あの何段にも積まれたあのツリーを見たい」 と張り切って、2週間前に予約!

アフタヌーンティーは2名から予約できるので、予約がお薦めです。

ちなみに、時間は2部制(12時からと15時から)になっています。

 

お店に到着すると、石造りの素敵な洋館がお出迎え。

暑い中、結構歩いたので汗だくです。 

f:id:kyotoburari:20180920000520j:plain

 

扉を開けると、スタッフの方がカフェまで案内してくれました。

館内は、シャンデリアに大理石の柱と贅沢な洋館の佇まい。

どこかの令嬢にでも生まれ変わった気分♪(コラコラ)

f:id:kyotoburari:20180920000551j:plain

 

雰囲気を堪能しながら、カフェに到着です。お部屋に入ると、そりゃもう別世界!

煌びやかなシャンデリアに重厚な絨毯。

そして、貴族のお家にありそうなテーブルや椅子。 

f:id:kyotoburari:20180920000618j:plain

 

こちらのお部屋は、実業家の村井吉兵衛が迎賓館として造ったもの。

煙草の事業で大成功を収め、明治時代に「煙草王」と呼ばれたそう。

かつての内閣総理大臣伊藤博文」もこちらに招かれ、時間を過ごしたんですって。

 

明治時代の社交の場に使われていた部屋にいると思うとワクワクします!

ドレスコードは特にないみたいですが、お洒落をした女性もたくさん。

そんな気分になりますよね♪

 

ただ私、この素敵な空間に緊張してしまい失態を・・

静かな空気の中、着席時に「ゴンっ」と机に脚をぶつけ、すごい音が・・

恥ずかしい、やはり庶民が隠し切れず!!

 

さて、気を取り直して。

お待ちかねのアフタヌーンティーがやってきました。 これこれこのツリー!

思い描いていたアフタヌーンティーです。 

f:id:kyotoburari:20180920000650j:plain

一枚ずつ写真を撮ったので解説を。

 

一番上のお皿はスイーツたち。 夏らしくさっぱりと♪

フルーツを使ったラインナップです。

f:id:kyotoburari:20180920000719j:plain

奥の赤いゼリーはシソのジュレ。爽やかに口に広がって美味しかったです!

さくらんぼやメロンとちょっと贅沢なフルーツなのも嬉しいですね。 

 

2段目はスコーン。プレーンとクランベリーの2種。

クロテッドクリームor木苺ソースを付けて頂きます。

しっとりしたスコーンと、ほんのり甘いクリームが合います。 

f:id:kyotoburari:20180920000751j:plain

 

 3段目はサンドイッチやキッシュのお食事系。目にも美味しい 彩りの美しさ!

主人はお腹が膨れるものが食べられて喜んでました(笑) 

f:id:kyotoburari:20180920000821j:plain

 

そして、こちらのドリンクメニューの紅茶&コーヒー。

これがもう、想像以上に良かったです!

 

右側がドリンクメニュー。 「薔薇紅茶」から「白桃」のフルーツティーまで。

普段お目にかからないラインアップに大興奮! 

f:id:kyotoburari:20180920000839j:plain

 

まずは「白桃ジャスミンティー」と主人は「コーヒー」を注文。

銀食器のセットで出てきたとき、あまりの幸せで卒倒しそうでした。

コーヒーも銀のポットでサーブされます。贅沢だなぁ。 

f:id:kyotoburari:20180920000858j:plain

 

飲み終わると、また別フレバーの飲み物を頂くことができるんですって。

なんと嬉しいサービス!!

 

お言葉に甘えて、次は「ウィーンのバラ」を注文。

これが、ほんのりバラの香りがして美味しかった~。

バラの香りって心を優雅な気分にしてくれるって本当だなと思いました!

なにより長楽館の雰囲気がぴったり。

 

ポットもこんなに可愛いんですよ~! 蓋のつまみの部分が薔薇になっています。 

f:id:kyotoburari:20180920000922j:plain

 

ヘレンドの「ウィーンのバラ」というポットだそう。

紅茶の名前と一緒!もう素敵すぎてクラクラ・・・

 

ネットで調べたらウン万円なんて出てきて、、、紅茶を注ぐ手が震えました。

こんな調べものをするあたり、また庶民丸出しでございます(笑)

 

本当に何もかも素敵で。

当時の調度品の時計からコースターまで。女心をくすぐります!

f:id:kyotoburari:20180920000949j:plain

f:id:kyotoburari:20180920001015j:plain

 

 

最後はグレープフルーツのシャーベット。

夏らしく爽やかに。甘酸っぱさが口に広がります。 

f:id:kyotoburari:20180920001036j:plain

 

お店に来たときは、暑さにやられてましたが

長楽館で過ごすうちに、とってもリラックスできました。

 

食事ももちろんですが、ここの紅茶をまた頂きに訪れたい!

何にも代えがたいご褒美タイムになりました。

 

アフタヌーンティーは電話予約が必須です。

こちらの一休では、長楽館のイタリアンの予約ができるのでご参考まで。

長楽館予約

 

またあの空間を味わいたいなぁ。

素敵な時間をありがとうございました!

 

**メモ**

長楽館  

住所:京都府京都市東山区八坂鳥居前東入ル円山町604 長楽館  

営業時間:12:00-18:00  

電話:075-561-0001