京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。四季折々の神社仏閣の楽しみ方から美味しい京都グルメまでご案内!

【ブションの豪快「牛ロースステーキ」ランチ】京都で本場さながらのフレンチを!

ずっと「ランチに行ってみたいな~」と思っていたお店があります。それが寺町通のフレンチレストラン「ブション」さん。

 

そして先週ようやくその願いが叶いました!今日はブションの美味しいランチをご紹介します♪

 

 

 

フレンチレストラン「ブション」について

 

お店は東西線「京都市役所駅」から徒歩4分ほど。四条の繁華街から少し離れているので、訪れる機会がなかったのです。


ブションさんは、本場フランスさながら雰囲気が味わえるとの評判のお店!リーズナブルに、美味しいフレンチランチを頂けるらしいんです。

お店は歴史のある歩くのも楽しい通り、寺町通りにあります。一保堂本店さんがある通りですね。

f:id:kyotoburari:20180920234607j:plain

お店の表記がすべてフランス語。お洒落な雰囲気を感じる佇まいです。

 

お昼時だったので、店内は満席。少し店頭で待たせてもらいました。待っている間、店員さんがお水を入れてくださいました。そんな優しさも嬉しいですね♪

 

さ~て、空腹もピークを迎えたころに着席です。

 

ランチは牛肩ロースステーキから魚のポワレまで!

 

ランチは2種類からチョイス!それがコチラ。

・メイン+サラダ+パンのランチ¥1340

・上のセットにデザートが付いたランチ¥1540

 

そして、メインは4種類からお好みでチョイスできます。

・牛肩ロースステーキ、メートルドテルバター、ポテトフライ添え

・ 柔らかく煮込んだ牛肉の人参添え

・ 本日の肉料理

・ 本日の魚料理


私は、美味しいと噂の「牛肩ロースステーキ(牛ハラミのグリル)」を注文。がっつりステーキと、ボリューミーなポテトフライ!

f:id:kyotoburari:20180920234622j:plain

ステーキを一口。おぉぉぉ、美味しい!


アメリカンビーフのような硬いお肉を想像してたけどハラミだけあって柔らかくて、口の中でホロホロします。

 

濃い目の味付けとバターの甘じょっぽさが堪らずマッチしています。

ポテトも「あー太っちゃう、こんなに食べたら・・・」なんていって完食。いい揚げ加減なんだわ、これが。高カロリーのものっておいしいですね(笑)

旦那は「鯛のポワレ
彩り鮮やかで、目に美味しい一皿がサーブされました。

f:id:kyotoburari:20180920234634j:plain

皮がパリっとしてて、身はフワっ。これも美味しいぞ。


メインのほかにも、サラダとパンがつきます。パンはおかわり自由な感じでしたよ~。

 

本場フランスのレストランに来た雰囲気が味わえます。

 

テーブルクロスは赤いチェック柄。フランス旅行で訪れたレストランもチェッククロスのレストランが多く、本場の雰囲気にとても似ていました。

日本在住外国人客も多く、お店の方と仲良くお話しされていたのが印象的。本場さながらの雰囲気を再現されているお店です。

お値段も1300円位お手頃価格が嬉しい!気軽に美味しいフレンチを食べに、日常でふらっと訪れたいお店です。

 


ブション
住所:京都府京都市中京区寺町通二条榎木町71-1 グランデヴェラ 1F

アクセス:東西線「京都市役所駅」から徒歩4分
電話:075-211-5220

営業:ランチ11:30~14:30
   ディナー17:30~21:30
   カフェフェ11:30~23:00