京都ぶらり散歩&グルメ手帖

定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。神社仏閣の楽しみ方もご案内!

【AWOMBアウーム烏丸本店で手織り寿司】カラフルで可愛い!自分で作る楽しい手巻き寿司♪

京都特集の雑誌を読んでいると、料理の彩りの美しさに目を奪われたお店がありました。それが手織り寿司で有名な『AWOMB(アウーム)』さん!

 

AWOMBさんは、今京都で最も注目されているお店の1つ。ワンプレートで提供される料理の美しさから、お客さんで連日大盛況のお店なんです♪

 

今日はそんなアウームさんの手織り寿司をいただきに、烏丸本店に行ってきました!

 

 

AWOMBの彩り豊かな『手織り寿司』

 

AWOMB烏丸本店は地下鉄烏丸御池駅から徒歩5分ほど。

いつもお昼は大行列のアウームさん。そこで、並びたくない方に朗報です!お昼は予約できませんが、夜は予約するとお昼と同じメニューをお値段で食べられるんです。

 

メニューは3種類。私は手織り寿司@¥1680を事前予約して、並ばずお邪魔することができました!

*19年6月追記:現在はメニューは2970円の手織り寿司のみのようです!お昼も予約を受け付けています。

ネット予約はこちらから⇒http://www.awomb.com/

 

さぁさぁお待ちかね。手織り寿司の登場です!黄や赤、白、緑と、まるで色彩豊かなパレットのよう!おかずから、薬味までカラフルに盛り付けられています。

f:id:kyotoburari:20180922113601j:plain

 

お魚はサーモンと鯛。野菜はレンコン、かぼちゃ、里芋、玉子焼きなど色々添えられています。

 

薬味は、梅肉、わさび、クリームチーズ、ブルーベリー、胡椒、トウガラシ、胡麻、塩、ニンニクチップ、桜エビ、アーモンドチップ。種類が豊富で、まさに薬味パラダイス!

 

カラフルでお洒落な一皿は、インスタ映えすること間違いなし!彩り鮮やかなプレートに思わず気分もあがります♪

 

野菜・魚・薬味を組み合わせ!自分のセンスが試されます


手織り寿司は、セットされている海苔で巻いていただきます。まずは海苔にご飯をよそって、自分の好きな具材を乗せましょう!

f:id:kyotoburari:20180922114333j:plain

 

自分で具材を組み合わせていくのですが、これが結構一苦労!組み合わせが自由なだけあって、正直非常にセンスを問われます(笑)

 

自由と不自由は表裏一体。ちなみに私は改めてセンスがないことを実感することに!

 

たとえば、里芋とお揚げにアーモンドを振りかけてみたり。食べてみると、やっぱり全然合わない!センスのなさを旦那につっこれながらの食事になりました(笑)

自分でも「この組み合わせって相性いいのかな?」と疑問に感じながら作っているのですが、もう何だかわからなくなってくるのですね。

 

でもそこが面白くて会話が盛り上がるきっかけになるのかも?(笑)

 

鯛に桜えびをトッピング♪上手に出来た美味しそうな1枚

 

こちらは器用な主人作。大葉に鯛を乗せ、桜エビと花びらで華やかに。センスある・・・。

f:id:kyotoburari:20180922113633j:plain

悔しいけど、完敗だ!美的センスのある旦那と不器用な嫁が浮き彫りに(笑)

1つ思った事として、お寿司として巻かずに食べたほうが美味しいものもあります!例えば、かぼちゃとか茄子の煮びたしはそのまま食べた方がいいな〜。当たり前のことに巻いてから気づきました(笑)

 

いつしか全て巻かないといけないと、自分を縛りつけていたんですね。まさに自由が生んだ不自由(笑)

 

女性に喜ばれる手巻き寿司カフェです


アウームさんは、若い女の子に喜ばれそうな可愛いお店でした。


店内もカフェのような造り。座席は背もたれがないので、気軽に行けちゃうお店です。

f:id:kyotoburari:20180922113704j:plain

インスタ映えするヘルシーな手巻き寿司、今まさに流行りそうなお店ですね。

 

最近は木屋町や祗園にも店舗を拡大中との事。可愛い手織り寿司をお目当てに、是非訪れてみて下さいね♪


アウーム烏丸本店
住所:京都府京都市中京区姥柳町189
電話:075-204-5543
営業:12:00-15:00(L.O.)、18:00-20:00(L.O.)

http://www.awomb.com/