京都ぶらり散歩&グルメ手帖

京都マニアが定番からガイドブックに載らない「京都の歩き方&グルメ」を発信するブログ。四季折々の神社仏閣の楽しみ方から美味しい京都グルメまでご案内!

【四条で愛されたパティスリー「オ・グルニエドール」幕を閉じる】閉店前に最後の訪問です!

京都で愛されるパティスリーと言えば、グルニエドール。

シェフがお店を5月に閉店するとのことで、
「あー最後に食べとけばよかった!」なんて思わないように行ってきました。

11時オープンだから、10時40分位に到着。
そしたら、すっっごい行列!
軽く店前から道路に向かって20mくらい伸びております。

こりゃ~最後にグルニエを食べたい!というお客さん達の思いを感じました。
ライバルじゃない、みんな同士だ!!中に入ると人、人、人。

f:id:kyotoburari:20180920073515j:plain


しかもみんな、イートイン&お土産両方って人が多い多い。
もちろん、私もだけどね(←太るぞ笑)

1時間ほど並んで、ようやく着席でございます。

最後といったらこれでしょう。看板商品のピラミッド!
コンコンっとチョコを叩いて、中の濃厚な生チョコと一緒に・・

f:id:kyotoburari:20180920073348j:plain


薄くてビターなガラスのような表面のチョコと、中の濃厚なチョコムース。
底にはスポンジとピスタチオ?ナッツ?やっぱり美味しいねぇ。

紅茶を頼んだ時のポットについてくる
三角チェックの可愛い帽子。これも最後か~なんてしんみり。

で、旦那は日向畑という柑橘フルーツケーキ。
甘酸っぱい日向夏クリームチーズがマッチ。こういうセンス絶妙です!

f:id:kyotoburari:20180920073403j:plain


グルニエドールはいつも行列で、でも素敵なマダムが接客されてて。
モンブランにドはまりしたり。
クリスマスケーキを買いに車を走らせたのも懐かしい・・

ほんっとうにお世話になりました。
ありがとうございます。

そして、こちらの跡地は息子さん夫婦がパティスリーを開店されるそうです。
注目度は高そうですが、負けずに応援したいですね。